2013年11月30日

人物の減らしかた

削る方法論のひとつに、人物を減らす、というのがある。

複雑で分量の多くなった脚本は、削ることでシンプルになり、
分かりやすくなり、ぎちぎちに固められたものが緩くなって、
見る者の想像の余地のある話へと生まれ変わる。
上手くやれば。

シーンを切ったり、台詞を切ったり、設定を削るのはよくある。
人物を減らすのは、それらの中でも特に難しい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

人間対人間2

そもそもコンフリクトが人間対人間にならないのは、
抽象的な設定で物語世界を考えているからである。

小説や論文は、それでも構わない。
小説の地の文は抽象をそのまま扱える。
「彼は偏見と闘った」と書くことが可能だが、
映画ではこうはいかない。「偏見」を具体化しなければならない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間対人間

セカイ系が何故生まれるのか。
それは、人間対人間という、コンフリクトになっていないからだ。
劇という物語形式は、人間と人間の対立を描く。
これが、人間対セカイになってしまうものをセカイ系と言う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月28日

増えたアイデアの減らしかた

赤に青を足して、紫にならないうちに黄色を足し、緑を足し、
まだら模様の、ひとことでは言えない塊になることは、
練っているときにはよくある。
複雑すぎてもう少しシンプルなほうが、と言われたりする。
それなりに気に入ったアイデアばかりなので、
どれを削るのも嫌だったりする。

アイデアが多いか適切な標準量かは、
その話を体験するうえで、わかっていなくてはならないことが、
どれだけあるかを書き出してみるとよい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月27日

体で書く

本は足で書く。よく言われることだ。
これは取材するために、色々回れという意味だ。
(今でこそネットが図書館通い分を楽にしたが、
現場へ赴く取材の必要は同じである)

これと似せれば、脚本は体で書く、と言える。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月25日

アイデアを足すことにまつわる不具合(赤と青の粘土)

今新作を練っていて、ああ練るときに良くあることだなあ、
と思ったのでメモ。

それまでのアイデアに、新しくアイデアを足すと良くなることがある。
あるものを引いたり足したりして、ベストのアイデアの組を考える、
それが練ることだ、といってもよい。

で、何かを足すと不具合が出る。
その話。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

構成とは、リズムのことだ

思考実験的に、
「ダンスの振り付け」を考えてみよう。
曲は90秒で、6人のチーム。
6人は高い実力と身体能力をもち、しかも均等であり、
100のムーヴ(動きのワザみたいなの)が出来るとする。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月23日

みどころは、何?

この作品のコンセプトは何か?と考えると、
ついつい、高尚なことを抽象的に書きたくなってしまう。
オリジナリティあふれることをアピールしたくて、
へんてこで高度なものを書きたくなってしまう。

そういう迷路にはまったら、
「一番のみどころは何?」と自分に問おう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵コンテの勉強のしかた

(脚本論かどうか微妙だけど、とりあえず脚本論カテゴリに入れときます)

オススメの勉強法は、
既にある映画やドラマのDVDを一時停止しながら、
コンテ化することだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

仮面ライダー響鬼を、よく出来たかも知れないアイデア

今更なのですが、「仮面ライダー響鬼」を初見で見ています。
(今、三鬼そろって共鳴させて、響鬼紅になったあたり)
今書いている話の参考資料なので、いわゆる前半29話で鑑賞は終わるでしょう。
今更なのですが、ネットの感想なぞを拾い読みしたりしています。
ついついプロ根性というか、こうすれば面白かったのに、
というアイデアが浮かんでしまいます。
話の構造からいじるのは大胆すぎるので、ワンアイデアだけ。

彼らの音撃なる必殺技に、曲がある、というアイデア。

太鼓ドンドコランダムうち、ラッパのパプー、ギター掻き鳴らしではなく、
一曲きちんと奏でたとき、音撃が完成、という考え方。
これだと共闘に意味が出る。ドラム、菅、弦のバンドで曲を奏でるのだ。
(ていうか、初共闘でOP曲の演奏セッションやってくれたらアツイのに、
と期待した…がみっつの楽器の乱れうちという騒音だった…)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 作品置き場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

理系的な力と文系的な力

脚本を書く上で、ふたつの力が必要だと思う。
素人さんは、文章だから、文系的な力だけで書いていると思うだろう。
否である。
理系的な力も、必要だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

ストーリーは、脚本に書いていない

逆説的に言ってみる。
脚本に書いてあるのは、柱と台詞とト書きしかない。
そこに、ストーリーは直接書かれていない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

設定、台詞、絵

物語の設定を考えるだけでは、脚本を書いたと言えない。
プロットや矛盾なき行動の連鎖を完成させても、
脚本を書いたと言えない。

その先にある、台詞や絵づくりを書いて、
はじめて脚本は脚本になる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

それ変じゃね?に気づこう

色々とプロットや台詞を練っていると、
とりあえずこうしようと思っていたことに、
穴が見つかることがある。

大抵は、こういう場面が描きたいから、
そうなるように仕向けた、というご都合のことが多い。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

説明ではなく、芝居で見せる

設定を組んでいると、面白い、独自の設定をおもいつく。
話の主設定となったり、小さな設定だったりする。

殆どの「設定」は、芝居でカバー出来る。
理想の脚本は、説明台詞のないホンだ。
説明台詞を減らすには、芝居を使う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

男と女の違いを考える

よくテーマになる話題だが、
これは作家としても、自分なりに考えておくべきテーマである。
女が書けない男作家はよくいる。北野武は有名だ。
高橋留美子は、コメディ的な男とリアルな女を書く達人だ。
逆に女子高生に、何で私の気持ちがここまで書いてあるの?
と言わしめたマッキーはゲイだったりした。
彼は女の気持ちは書けるが、男の気持ちは書けていない。

男と女は何が違うのか、を自分なりに分析してみるのは、
人間を深く考えるネタのひとつだ。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スプレッドは、時間が進まない

スプレッドとは、ハリウッドの脚本用語のひとつだ。
トランプのカードを広げることをスプレッドという。
ある状況を見せておいて、
考えうる選択肢のリスト、有り得るシチュエーション、
容疑者とアリバイを並べる、などのことだ。

簡単な例を、CMで解説しよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

イマイチ筆の乗りが悪いとき2

前記事で悩んでいたことの、突破口をさっき見つけたので、
その方法論をふたつほど記録しておく。
困ったときのヒントとして。

ひとつは、動機表をつくったら頭からストーリーをトレースすること。
もうひとつは、忘れる為の儀式を決めること。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

イマイチ筆の乗りが悪いとき

対処法はいくつかあるが、
すべての人物の動機をチェックするとよい。
大抵、曖昧なまま登場させてしまった人物がいる筈だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイトル、序盤、全体

直前の記事、全部を見直して、
「型と実戦」にすべきだと思ったが、
このプロセスは面白いぞ、と思い、これについて書いてみる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

演武と実戦

僕は格闘技、武術オタクでもあるが、
武道の型と実戦の話は、脚本に似ていると思ったので、その話。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

No guts, No story.

僕の座右の銘のひとつだ。
初めてハリウッドにいったとき、土産屋の絵ハガキに書いてあった言葉。
崖から、向こうの崖に自転車で飛んで移ろうと、
男が猛烈に自転車をこいでいるイラストだった。

ストーリーとは何か、と迷うときに、この絵ハガキを今でも見る。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

上手いログラインの書き方

ログラインとは、ワンラインとも呼ばれ、
話の内容を一行で書いたものである。
ハリウッドは英語だから一行を原則とするが、
日本語は二行ぐらいでもいい。日本語の文章は英語ほど明快に書けないから。

あらすじを書くのではない。
話のコンセプトを書く。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

演出と脚本の関係

自分で監督する前提の人と、脚本オンリーの人は、
脚本の「書き方」が、若干異なるかもしれない。
今日はそんな話。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

出落ちは何故起こるか

出落ちとは、その人物やアイテムが、
登場した(出た)瞬間が一番テンションがあがり、
その後下がることだ。
出たときはよかったんだがなあ、と語り草にされる。

出落ちは、始まりと終わりの話で言えば、
終わりを考えていないから起こる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストーリーの生まれかた

矛盾も含み、雑多で方向性もない現実のお喋りの中から、
ストーリーは立ち上がる。
それはいつか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

同じ話を何度か清書すること

プロットを練る時の、おすすめ方法。
ペラ一枚ぐらいにおさまるように、文章でなく箇条書きでプロットを書く。
○○がある、こうする、この理由で○○が、などだ。思いついた台詞は横に書いてもよい。

これをいったん書いたら、次の日に、また一から白紙に書いてみるとよい。
同じ話を、数度書くのだ。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

話をまとめるテクニック

とくに、30分ものぐらいの小さな話を書くときのコツをひとつ。

プロットや人物を煮詰めて、我々の感情が増幅するような話を考えて、
小道具やアクションなど、映画的な要素でうまく何かを象徴し、
そのあたりの構造がおおむね決まってきたら、
「タイトルを考える」とよい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台詞のみっつの機能

現実の会話は置いといて、
物語の台詞の機能には、次のみっつがある。
1 ものごとを説明する台詞(説明台詞、設定台詞)
2 その人のキャラクターや強い感情を表す台詞
3 話を進行する台詞(決定、拒否、宣言など)

あなたの脚本の中で、これらの役割を果たしている部分に、
123を赤青黄としてアンダーラインを引いてみよ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月07日

リアルな台詞の書き方(お喋り女子高生のエクササイズ)

試しに、「女子高生のお喋り15分」を書いてみたまえ。
(もしあなたが女性なら、男子高生同士にせよ)
シチュエーションが必要なら、
喫茶店に来たところからはじめて、席を決め、注文をし、注文したものがきて、
どちらかがトイレにいくまでのお喋り、
としてみよう。
現実の15分はあっという間だが、そのたった15分を、あなたはリアルに
(いかにもありそうに、嘘臭くなく)書けるか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする