2013年12月09日

上手(かみて)と下手(しもて)

日本の舞台演劇の用語だが、
歌舞伎と関係の深い映画業界、そこから派生した映像業界の用語。
上手とは画面(舞台)右側、
下手とは画面左側を言う。

伝統的に、
上手側は支配者側、
下手側は挑戦者側、
を意味することは、知っておいたほうがよい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

板付き、途中登場

シーンが始まったとき、最初からその場にいることを
板付き(舞台の板に張り付いているの意味)という。

人物の登場を、板付きにするか、途中登場にするかは、
ひとつのテクニックになる。



続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする