2013年12月14日

脚本の四段階

四稿に実際ならないかも知れないが、
脚本には、四つの段階の稿があると思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上手いログラインの書き方2

なんか、前のログラインの記事は特に人気のようで、
脚本を書く人がログラインをちょいちょい検索してる事が伺える。

上手いログラインは、ストーリー全体を予測させる、という話。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下手な脚本の添削

先日、後輩の書いたショートフィルムの脚本を、添削する機会があった。
ストーリー、場面、テーマは問題なく面白いが、
ト書きや台詞がそれにしては良くなかったので、何を表現したかったのか聞きながら、
添削することにした。

そこで分かったこと。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジタルは人を幸せにしない:デジタル撮影が嫌い

脚本論ではないけれど、フィルム撮影とデジタル撮影の違いの話。

僕らの世代にとって、映画とはフィルムのことである。
フィルムで撮影し、フィルムで編集し、フィルムで上映するのが映画だ。
デジタルカメラの発達で、フィルム撮影がごっそり減った。
日本映画を支えてきたフジフィルムの映画用フィルムが、
生産中止になったのは、我々業界人にとってショックなニュースだ。
(アメリカのコダックのフィルムしか、現在はない。
フジフィルムは、日本人の肌や日本の風景の色に特化した色が出やすいと言われていた。
日本映画特有の湿っぽさは、このフィルムのせいとも言えるが)

僕は、デジタル撮影が嫌いだ。
僕は監督なので、人間を撮るとか、物語を撮ることに、
デジタル撮影はよくないという話をしたい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:46| Comment(7) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妙なこだわりの捨て方

極論すれば、全く別の新作を、もう一個つくるとよい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする