2013年12月19日

アンサンブルのつくりかた

ある要素を組み合わせて並べると、
それぞれ単独ではなかった、意味や流れが生ずることがある。
これをモンタージュとかアンサンブルとか呼ぶ。
モンタージュは時間軸の編集技法だが、
アンサンブルは空間方向や意味のことでも使える広い言葉だ。

群像劇の組み合わせ方、バラバラのカットを並べて一連にする、
名も無き役者の個性をバラバラにしながらも、
ひとつのまとまり感をつくる集団のオーディション
(風魔の19人、ダスキン50周年CMの12ダンサー、クレラップの家族など、
僕はわりと得意)、
サブプロット(サブテーマ)の組み合わせ、合わせなどに使う考え方だ。




続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする