2014年01月15日

テレビっ子という雑談。

僕が中二の1984年、金曜のテレビはあつかった、という昔話。

5:00 Zガンダム 5:30 電撃戦隊チェンジマン
6:00 - 7:00(ニュースかテレビ大阪か。たいていここで風呂に入ってた)
7:00 ドラえもん 7:30 宇宙刑事シャイダー
8:00 新日本プロレス(タイガーマスク全盛期)
9:00 金曜ロードショー 〜11:00
と、5:00 - 11:00の5、6時間はテレビの前にいた。
高校ごろは、さらに、探偵ナイトスクープ→
新野新と遥洋子の人生相談番組(タイトルわすれた)→エンドレスナイト、と、
朝4:00まで、12時間ぐらいテレビを見ていた。

最近の中高生は、そこまでテレビをみんな見てないだろう。
そこまで面白いテレビを、みんな見てないだろう。
だったら、おれがつくるまでだ。テレビや映画やCMのみなさん、がんばりましょう。
posted by おおおかとしひこ at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脚本、一部公開。

コメントにリクエストしてくれた方がいたので、
そういう需要もあるのか、とアップしておきます。
著作権の関係で、1、2、12、13話は公開できそうです。
が、12話は当時スケジュール的にぱんぱんで、手書き納品したので、
文字打ち原稿が手元に残っていません。
手元にあった、1、2、13話の原稿を、公開。
脚本第一話.pdf
脚本第二話.pdf
脚本第13話.pdf

以下、解説。
続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説の映画化に起こる問題

「ブレード・ランナー」といえば、僕の生涯のベスト10に入る傑作である。
(リドリー・スコットは、これと「エイリアン」という
マスターピースを二本もモノにした傑物である)

先日、「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の話になり、
未読だったので読んでみた。
両者の構造の差異がすさまじく、小説の映画化って何だろう、
と改めて思った次第である。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メジャーな話とマイナーな話

世界には二種類の歌しかない。
モテる奴の歌と、モテない奴の歌だ。

という言い方を借りるなら、
世界には二種類の話しかない。
メジャーな話と、マイナーな話だ。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする