2014年01月25日

プロの素人であれ

テレビの仕事をしてる人は、
言われなくても無意識にしていることだと思う。
それは、みんなはどう思うか?という感覚の維持だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画形式の物語は、狭い

前項の議論の続き。
映画形式の物語は、小説やルポに比べ、
表現できる物語の種類が狭いのではないか、という話。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

深い話はどうやって書くか

何故話には、浅いと深いがあるのだろうか。
何故殆どの話は安直で浅くなり、
一握りの話が、人生の深淵にたどり着くのだろうか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

編集とは、音に絵を合わせること

僕はCM業界では、編集はかなり上手いほうだと思う。
(普段から自分で編集する。エディターとして2004年ACC編集賞)

その極意をひとつ。
編集は、絵をつなぐものではない。
音の流れをつくるものだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする