2014年05月14日

大岡俊彦の脚本論インデックス2014.1月-5/14

★★★★★★★★★ 人気記事まとめ ★★★★★★★★★

☆脚本添削スペシャル「ねじまき侍」:応募脚本を俺理論で生まれ変わらせる、スーパー実戦編。
   企画内容
   (1)まず脚本形式にする (2)そこに潜む病を自覚する (3)テーマについて考える
   (4)タイトルとテーマから、プロットへ
   (5)サブプロット (6)別の可能性はあるか? (7)キャラ立ち
   (8)完成脚本 (9)解説 (10)作品の立ち位置
   (11)おまけ:細かい分析 (12)おまけ:資料


☆ペプシ「桃太郎」:
   そもそもの前提:クリエイティブの反対
   最初の批判:ダメなCMを、名指しで否定してみる
   文句を言うぐらいなら、自分でつくってみる:ペプシ「桃太郎」の映画化には、何が必要か
   コメントに答えて:ツカミと感情移入は違う
   コメントに答えて:CMの志
   コメントに答えて:桃太郎続論
   抽象的にまとめてみた:主人公とテーマとクライマックス

  エピソード1:武蔵のバージョン
   ペプシ「桃太郎」エピソード1、これ正気?
   桃太郎Ep.1続論:脇役とサブプロット
   桃太郎批評続き:中身のなさは、タイトルに現れる

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芝居の声

昨日友人の舞台俳優と話してて知ったこと。
声を出すとき、全身をアンプにする。
(ここまでは知ってた。オペラのベルカント唱法は頭蓋骨から出す意識らしい。
姿勢のよさが発声に絡むことも。経験的に、姿勢は声のテンションに大事だ。
アフレコ時、立ってマイクに言うときと、芝居の体勢で言うときでは、
全く違う)
ここからが知らなかったこと。
体を正面に向けたまま、
前だけに声を出したり、
後ろに主に声を出したり、
左半身右半身から、声を出したり出来るそうだ。

全身をアンプにすることが出来るのなら、
意識でそれを統御しているということだろうか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする