2014年06月18日

一人称と三人称の違いが分かる、好例

映画「好きって言いなよ。」の「特別映像」というのがある。
ググってください。

予告編の一種だが、音トラックが主題歌だけで、
セリフやSEに当たる部分は、全部漫画の吹き出しと書き文字が乗っていることで表現されている。

「マンガと映像の融合」といえば聞こえはいいが、
実はこれは、三人称表現と一人称表現についての差異に、大いなる示唆を与えてくれる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知的体力2

知的体力の低い人は、
思考をコントロール出来ない。
逆に言うと、プロは思考や発想を意図的な方向へ導く。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見た目だけで本質が伴っていない例

僕がデザイナーとしては好きな人で、
監督として大嫌いな人に、雨宮慶太という人がいる。

僕は特撮専門誌「宇宙船」の読者でもあったから、
「巨獣特捜ジャスピオン」以前から氏のデザインのファンだ。
(宇宙刑事を雨宮が継ぐ!と興奮したが、出来は…)
鴉も見たし、帝都も見たし、タオの月も見たし、
ハカイダーもミカヅキも牙狼も見ている。
先日ゴウライガンの第一話を某所特撮バーで見て、
結局氏の才能は見た目のデザインであり、物語にはないことを、
改めて確信した。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「塔の上のラプンツェル」は下手な邦題だ

アナ関連で、見れていなかったラプンツェルを見たときに思ったこと。

僕は、邦題を「魔法の髪のラプンツェル」とすべきだと思う。
タイトルには何が必要か、という話。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする