2014年07月05日

5分のシナリオを書こう

400字詰め原稿用紙5枚の分量だ。2000文字である。
シナリオには改行やスペースが多いから、実質2000文字より大分少ない。
手書きでもいいし、
ワード(1ページ20文字40行設定をしたファイルで、2ページ半)でもいい。
シナリオの形式は厳密でなくて、見よう見まねで構わない。

登場人物は、基本は二人だ。
コンフリクト(もめごと)があり、それを解決するのがお話だからだ。
慣れたら三人、四人と増やしていい。
ワンシーンで5人も6人もスポットが当たる場面はそうそうない。
それは、「人が一度に認識できる人数」は2、3人だからだ。
一人の登場人物は、基本的にやめた方がいい。
ナレーション(本人の呟き)を被せない限り、
その人が何を考えているか、深く描けない。
(サイレントで出来る範囲で凄く面白いのを書くチャレンジもあり得る)

それらの登場人物についての、5分の話を書こう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする