2014年07月15日

物語とは、状況の変化である2

図式的に考えてみよう。

A4の紙いっぱいにでも、横使いで次の図を描いてみよう。
○ → ○
□   □
(ずれていたらすいません。
丸の下に四角があるものがふたつ、それらが矢印でつながれていればOK)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

物語とは、状況の変化である

何度か書いているが、
とある状態が、何か(偶然、誰かの意志、行動)によって、
別の状態へ移行することが物語である。

その最も極端な状態を考える。
ネガティブな状態(-100)からポジティブな状態(+100)へ
変化するパターンだ。
「死んだ人が生き返る」みたいなパターンだ。
漫画ではよくあるが、実写にはない。
それは何故だろう。リアリティーだ。
変化に、リアリティーが必要なのだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする