2014年07月23日

なぜあなたのストーリーには客観性がないのか

メインプロットしか見てないから。

そこに登場する人物全員が、矛盾のない行動をとっているかチェックしたか?
全ての登場人物の目線から、ストーリーを一から見てみよう。
不自然や矛盾があったり、主人公のストーリーにあわせて何故か行動していないか。
それを、ご都合主義というのだ。

ほとんどの客観性のないストーリーは、
「メインプロットや自分の目から見たらおかしくないのだが、
他の人物から見ておかしい」ことに、気づいてないことなのだ。

客観性とは、単一の視点でないことをいう。
すべての登場人物、すべての同時代的観客、
すべての国の観客、すべての歴史的文脈から、
作品を見ていられるだろうか。
posted by おおおかとしひこ at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

殆どの映画は、このテンプレを埋めればつくれる

A「故あって、Bを殺すことになりました。」
B「故あって、Aを殺すことになりました。」
AとBの決闘がクライマックスとなる映画は、
この「故あって」をクライマックスまでうまくつくればつくれる。

AとBは個人でもよい(原始的)し、
チームや組織(近代的)でもよい。
「殺しあう」ことを最も過激として、
それを「ルールに乗っ取った戦い」にするバリエーションも存在する。

決闘は、「自分が死ぬリスク」が重要だ。
「自分が死ぬリスクよりも、相手を殺すことが上回る」ことの、
故を描ききれれば、それがストーリーである。
「死ぬ」は物理的でも、抽象的でもいい。
(たとえば名誉や、社会的生命を賭けてもいい)

このクライマックスに向けて、AとBの、「故あって」を
実に上手くつくることが、映画のストーリーを考えることだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

企画書は、わくわくするように書こう

脚本から離れて、企画書を書くこともプロにはよくある。

僕は脚本の内容を、正しい実像で書くことが企画書だと思っていた。
だが、「企画書は脚本の予告編である」と考えたほうが、
いい企画書が書けると思った。(嘘はつかないでね)
「では本編を見せてください」という気持ちにさせることが、
企画書の役割だからだ。

正しい全体像をとらえること。
その一部を隠すことで、全体を想像させるような表現をとること。
(それがわくわくということだ)

その二つの作業が企画書には必要だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする