2014年07月30日

興味深い統計結果

マホロバについて書いたせいで、過去最高のアクセスでした。
シーサーブログランキング189位に躍り出す異常ぶり。
(普段は5000位ぐらい) ありがたやです。

さて、アクセス解析を丹念にすると、面白い結果が出るのです。
「人は脚本なんかに興味あるのか?」という話。
以下、脚本論側からの興味深さ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マホロバ記事まとめ

マホロバ関連でいらっしゃる人用に、まとめつくっときますね。

第一声   > 「マホロバ」いってきたよ。 
脚本的批評 > 「マホロバ」を観よう(脚本論としての批評)
役者論   > 村井という役者。
脚本論的批評> 最後の暗転の意味(最後にマホロバ批評こみ)
反響    > 異常アクセス(笑)
リライトできるか> 登場人物を減らすこと(マホロバを改良してみる)

風魔カテゴリもどうぞ。 > 実写版「風魔の小次郎」 カテゴリ
風魔ファンならこれだけは読んどけ。> 実写版「風魔の小次郎」監督メモ


あとは9割以上が映画脚本論です。
実際に書く人に向けて書いてます。
脚本志望の人や、ラノベ、漫画家志望の人が読んでる模様。
(複雑な話なので、ケータイやスマホよりPC推奨)
シド・フィールド、ブレイク・シュナイダーぐらいは基礎教養。
トップ記事から、色々辿れるようにしてあります。
記事内検索機能があるので、気になった言葉で検索すると関連が出てくるかも。
ちなみにちょいちょい風魔をネタに解説してます。
posted by おおおかとしひこ at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すごい気になる

うちに来てくれたツイッター勢の人達を辿っていくと、
風小次b○t(一応伏せ字)がちょいちょい呟いててニヤニヤさせられるのですが、
台詞が若干間違っていて、くやしいです。
どこに訴えてよいのやら。

ていうか一応公式サイドのおれが、やいやい言うと角がたつので、
笑って黙認できるように台詞ぐらいちゃんとしてやってくれ。
間違って伝わるのが、一番かなしい。

n次利用云々より、仕事がぬるいことに納得いかない。
(完全引用を避けるテクニックだったらすいませぬ。
色々ややこしいことがありそうなら、見なかったことにしてこの記事は消すかも)
posted by おおおかとしひこ at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脚本を書くモチベーション

何故あなたは書くのだろう。
完成させてどうしたいのだろう。
完成形を流してどうしたいのだろう。

人は色々なものを動機に書く。
ぼくは、最終的には、
その面白さや感動を、みんなと分かち合いたいからだ、
と思いたい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リライトの下手な人

嘘の上塗りを重ねてしまう。

ちょっと直して、それに更に足して直して、
それを成立させる為にまた上塗りして。
それが上塗りしていることがばれるから、
一回全部上塗りしなおして。

その嘘は大抵ばれる。
上塗りして、大抵ややこしくなっているからだ。
前の4手じゃんけんでいえば、
ムーの上にミャーとポーを足していくようなものだ。

リライトの上手な人は、
少なくとも足した分を引く。ムーを足したらチョキを削る。
あるいは、ただ引いてみせて構造をシンプルにし、
最初からそうであったように書き直す。

嘘に嘘を重ねると、ごてごてのメイクと同じになる。
今そうなってるな、と感じたら、
メイクを全部落としてすっぴんに戻り、
もう一度やり直したほうが結果的にいいものになる。
posted by おおおかとしひこ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする