2014年09月05日

メアリースーが何故現れるか(続々論)

メアリースー現象を、俳句で例えてみよう。
CMを例に考える。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メアリースーが何故現れるか(続論)

作者が純粋に一人で、作品が出来上がる小説や漫画では、
(編集者が介在するので厳密には一人ではないが、
建前上は一人で無から有をつくったとされる創作物語)
メアリースーは100%作者の責任である。
大人が楽しむべきものに、
子供の未熟を知らずに紛れ込ませている、
無知と無自覚によるものだ。

ここまではいい。人生をちゃんと生きてから、創作に戻ればいい。
創作はある種の箱庭療法だから、精神疾患にもちょうどいい。
(療法記録に世間的意味があるかというと、まずない。
従って、ちゃんとしたものでない限り発表するべきではない)

僕らが出会う問題は、
複数の意図が絡んでいる場合の物語創作である。
いわゆる、商業作品(CM、ドラマ、映画。アニメは専門外なのでここでは想定しない)
にメアリースーが出現しやすくなっている。

こちらの方が根深い。
CMの例で解説するのが最も分かりやすい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モチーフとテーマ:俳句の例

物書きたるもの、俳句のひとつやふたつ詠めて当然だ。
我々は俳句専門ではないが、
俳句史に残る出来ではない、言葉をあやつる遊び程度には、
俳句は詠めて当然である。

若手を集めて大岡塾なるものを開いている。
若手のありがちなこと。
テーマを思いついた時点で、モチーフの工夫に至らないこと。

今回の課題である俳句から、いくつかの例を。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

メアリースーが何故現れるか(本論)

この議論の前提は、前の記事、前の前の記事を参考に。

メアリースーとは、二次創作におけるオリジナルキャラで、
それが大抵痛い事になる、ということを揶揄したキャラだ。


もともと二次創作などのファン創作的な範囲での話だが、
僕は、一次創作、つまりオリジナルにも現れると思う。

なぜなら、それは「作家としての未熟」が原因だからである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サービスは人を堕落させる(メアリースーが何故生まれるか)

あらゆるサービスは、
手を抜きたい願望を叶える。

サービスが機械によるものだろうが、人の手によるものだろうが。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

メアリースーテスト

という有名なテストがあるのを知った。
小説家志望の人達用のものだが、
物語創作として脚本家は見とくとよい。

中二病テストといってもいい。
自分を書いてはいけない、とよく戒めるが、
それ以上の痛々しさだ。

何故こうなってしまうかは、深い心理学が必要な気がするし、
そこを深く考える気はしない。
ただ。今の下らないCMや下らないドラマや映画は、
多分にこの病の人達が成立に関わっている気がする。
もう少し言葉になったら、また書く。
posted by おおおかとしひこ at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

吊り橋効果

有名な心理学の話。
危険をともにクリアすると、連帯感が生まれる。

男女に使えば好意や恋へ、
同性に使えば仲間意識や友情へ、
普通の関係を進めさせることができる。

できる、のは勿論劇中で、の話だが。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする