2014年10月20日

だらだら書いて、なんかでごまかす

執筆中、ついこれをやっていないか。
なんかでごまかして、何か書いた気になっていないか。

大抵それはばれている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中盤は、サブプロットの数で調整出来る

ある話をつくるとき、
一幕と三幕は固定である。
問題の発生と解決法、テーマなどは、
その話に固有のものであり、早々変えられないものである。
(変えたら、別の話になる)

ところが、二幕は自由度が高い。
その長さを、サブプロットの多さでコントロール出来るのだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

序盤を書き直す

序盤は空気をつくりながら、次に必要なことを仕込む、
難しいパートだ。
にも関わらず、最初から書くときは、そこから書かなきゃいけないのも難しい。
(クライマックスを先に書くというメソッドも以前書いた)

経験則として、
最初から書きはじめて、なんだか上手くいかず止まってしまうときは、
もう一度白紙に序盤を改めて書き始めるとよい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする