2014年10月21日

ワンカットは本当に緊張感があるのか

ワンカット撮影が本当に緊張感があるのは、
緊張感があるように台本が書かれているときだけだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたは何に困っているか

何に困っているか、言葉に出来れば、
解決の半分まで来てるという話。
(ちょっと宗教っぽい?)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動機が分かることと感情移入すること3

冒頭部分の感情移入で言えば、
「save the catの法則」(ブレイクシュナイダー)がある。
子猫を助けるような、主人公を好きになるようなことをさせろ、
という法則だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動機が分かることと感情移入すること2

動機が分かり、感情移入する過程において、
注意すべきは「自分を書いてはいけない」という、
例の戒めである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動機が分かることと感情移入すること

動機がわからないのは最低だ。
どの時点で一時停止しても、
「さてこの人物の動機は何でしょう(何がしたい、またはしたくないのでしょう)」
という問いを出したとき、誰もが答えられるように、
動機は常に明らかでならねばならない。
(ただし物語が立ち上がる前の最序盤と、「謎の動機」で引っ張る例外を除く)

しかし、「分かっている」ことは最低限必要なことであり、
本当に必要なことは「それに感情移入していること」だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする