2015年01月02日

パンフォーカスについて知るべきこと

たまにパンフォーカスでうちのブログに迷って来る人がいるので、
お年玉がわりに解説してあげよう。

パンフォーカス: 写真用語。フレーム内の全てにピントが合っていること。
受光面での錯乱円よりも、画素の一個のほうが大きければ原理上ボケない。
ワイドレンズほど、絞りが大きいほど(光量があるほど)、受光面が小さいほど、
シャッタースピードが短いほど、パンフォーカスになりやすい。

逆に、長玉、浅い絞り、暗い場所、高画質の広い受光面、緩いシャッターで、
パンフォーカスの実現をするには、それ以外の要素での工夫が必要。
殆どはレンズで決まり、あとはこちらのコントロールで表現する。
レンズの被写界深度表を見れば、パンフォーカスの条件は大体わかるはず。

一番パンフォーカスなのは、多分監視カメラだ。
どの距離でも犯人の顔にピントが合いたいからね。
あとケータイカメラでは、
広くうつりたいワイドレンズと受光面の小ささによって、
殆どがパンフォーカスになる。
これは、引き尻やフォーカス合わせを考えなくてよい素人用で、
携帯性重視ともマッチしている、「写ルンです」以来の発想。
芸人のヘルメットに取りつけてリアクションを撮るようの、
CCDカメラも、小さくて受光面が小さくワイドレンズなので、
ほぼパンフォーカスだ。

また、報道用レンズでは、シビアにピント合わせをしなくていいように、
殆どのレンズはf5.6以上しかない。
(従ってレンズとしては暗い。フラッシュを炊くのはその為)

何故そうなるかは、写真の勉強をしろ。頑張れ未来のカメラマン。


そして、何故パンフォーカスが良いのか、表現内容と吟味して考えよう。
写ってないと不安だからパンフォーカスにするなんてのは、愚の骨頂だ。
表現とは何かを捨てて、残すものを選ぶこと。そのためにフォーカスがある。
全部を残すのは、優柔不断以外にどんな表現意図があるかを考えよう。
posted by おおおかとしひこ at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それがどうやって解決するのか?

そもそもそれを決めていないのに、
書き始めてはいけない。

書いてる途中に思いつけばいいや、
とか、今思いついた冒頭の凄い部分を書き留めたいから、
という理由で書き始めたものは、
確実に挫折する。
主人公が陥った「一体これをどうやって解決すればいいんだ?」という、
観客が「一体これがどうやって解決するんだ?」という状況を、
作者も「一体これをどうやって解決させればいいんだ?」と、
思ってしまっているからだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

メディアの違い

スタンドバイミーさんの質問に答えて。

各メディアの違いというと、
映画、ドラマ、CMの映像メディアでの違いなのか、
映像、漫画、演劇、小説の違いなのか、
不明ですが、まずは後者として議論してみます。

以下ですます調は面倒なので、である調で。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015新春のご挨拶

いつもうちのブログを熱心に読んでくれてる皆様、
たまたま通りすがりにいらっしゃった皆様、
ありがとうございます。

どこまで続くか分かりませんが、脚本の秘密を、
解明できたぶんは書いていこうと思います。
それが創作者の助けになり、
あるいは脚本的批評の種になるといいなあと思います。

2014は、思いきって小説を書き始め、公開してみました。
2015は、全55話を完結させたいと思っています。

来年の二周年スペシャルではまた添削スペシャルをやるかもです。


さて、私事ですが、年末の無理がたたり、インフルエンザで寝込み中です。
関西に帰ることなく、唸っております。頭いてえ。
年明けの更新はゆっくりになるので、
バックナンバーでもお楽しみ下さい。
2014のインデックスもつくんなきゃなあ。
posted by おおおかとしひこ at 01:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする