2015年02月28日

テーマとはなにか8:テーマがない話はあり得るか

物語とは、外形的には、
問題とその解決でしかない。

そこにテーマなどなくてもいいのではないか。
面白いエンターテイメントでよいのではないか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テーマとはなにか7:あなたは何を書くべきなのか?

テーマは自分で見つけるものだ。

それは突き放しすぎか。
実は、テーマはあなたの中のどこかにあるのだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

テーマとはなにか6:原作つき映画は何故失敗するのか

大成功の実写「風魔の小次郎」。
半成功の実写「いけちゃんとぼく」。
(一幕失敗、二幕三幕成功、宣伝惨敗)

そして、塁塁たる失敗作の死体の群れ。
もう数える気にもならない。
僕の大好きな作品が、どれだけダメにされたことか。
俺なら救えた、という悔しさだけが残る。
ガッチャマンだけは許さない。
デビルマンもキャシャーンも許さない。あと(以下略)


何故原作つきの実写化は上手くいかないのか?
前回までの議論を見てきた諸君には見当がつくだろう。
「テーマを挟んだ、物語とキャッチコピーの関係のようなもの」
に、なっていないからである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テーマとはなにか5:テーマとキャッチコピー

映画「いけちゃんとぼく」の、
キャッチコピーはどうあるべきか。
これを考えることは、テーマとはなにかを考えることだ。

(今のところ)ベストと思われるコピーを、
先日書いてみた。


 わたしね、きみが大人になる日を見にきたの。


とてもいいコピーだと思う。
優しいいけちゃんの声で再生されるし、
ネタバレを回避しながら、テーマの芯の所を突いている、
しかも、見たあとの人にも刺さるからだ。

(未見の方、重大なネタバレにつき以下は見てからどうぞ)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テーマとはなにか4:テーマはテーゼの形をしている

書く前に仮のテーマを決めてはじめるとカオスに陥りにくい。
そして最後まで書いたとき、それを越える、
あなたの無意識の中から本当のテーマが現れる。

書く前にテーマを決めろ、という格言は、
半分は本当だし、半分は嘘だ。
書いてみないと本当の所はわからない、という書き手の実感も、
半分は本当だし、半分は嘘だ。
何か勘のようなもので、あなたはこれを書きたいと思っている。

最後まで書いたときの本当のテーマを、以下テーマに統一しよう。


問題の解決後に結果的にあらわれた、
間接的に表現されるテーマは、どのような形をしているのだろう。

テーマはテーゼの形をしている、と言ってみよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テーマとはなにか3:本当のテーマ

仮のテーマを設定することによって、
プロットや執筆は、秩序を保つことができる。
簡単にはカオスに陥らないようになる。

ログラインを書くこと、
プロットを最後までつくってから執筆をはじめること、
ボードをつくること、色々な一覧表や地図をつくることなどは、
カオスに陥らないための方法であり、
それは全て仮のテーマに従うようにするとよい。


ところが、実際に執筆をはじめると、
不思議なことが起こるのである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

テーマとはなにか2:テーマは先か

初心者向けの多くの物語の指南書には、
「テーマを決めてから書こう」というのが良くある。

僕はこれは間違いだと思う。

正確には、半分はあっているが、
半分は間違いだと思う。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テーマとはなにか1:テーマは主張か

今回からしばらくテーマについて書いてみます。
今までと被る内容もあるけど、まとめとして必要なので勘弁してください。
でははじまりはじまり。


あなたには、言いたい主張があるから、
それを物語にするのだろうか。
それは間違いだ。

主張をテーマにすることは、
物語とは、違うことをすることだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

売れることと面白いことの相関関係

これがどれくらいあると考えるか?だと思うのだ。

僕は、一番売れて、一番人々が見るものは、
一番面白いから、だと信じたい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PRの闇

僕は、PR会社の存在が、
正確に言うと「PR会社に頼ること」が、
ドラマや映画の質を下げたと思っている。

業界の構造の話。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自由な発想を得るために

ちゃんと風呂に入ること。

これかなり大事。シャワーじゃダメよ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

リアルを求めること

どうして我々は、リアリティーを求めるのだろう。
作り物臭いものを嫌うのだろう。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

準備:執筆:リライト

どれくらいの比率で、一本のお話が出来るのだろう。

僕は最近、
準備7:執筆1:リライト2
ぐらいのバランスで書いている感触がある。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガワは、流行がある

所詮、ガワはファッションだ。
流行がある。

逆に言うと、ガワだけで流行になりうる。
また、どんなに流行ったガワでも、
そのうち古くなる。

古くなったときに残るのは、中身の色褪せなさだ。

見た目のファッションは、だから、
中身が出来たあとに、最後に被せるとよい。
中身のほうが作るのに時間がかかるからだ。

たとえば、うんこ実写ガッチャマンのスーツデザインは、
一ヶ月もあれば完成試作品がつくれそうだが、
脚本は一ヶ月では完成しないだろう。
スーツからつくると、
脚本がそれに合わせなければならず、
中身がぶれぶれになる。

逆だ。
脚本、すなわち、
事件と解決の面白さ、キャラクターのリアリティー、
プロットの奇想天外さ、モチーフとテーマの面白さ、
誰もが感じる感情移入などを作ってから、
それに合わせた最高のファッションという服を着ればいい。
発表時期が変わりそうなら、
また別の服に着替えればいい。

ファッションは使い捨てである。
そして人は、まずファッションを見てから、中身を見るかどうか決める。
ファッションがチートに過ぎなければ、
二度と信用されないだろう。
posted by おおおかとしひこ at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

面と向かって対面する

面と向かって対面することって、
普通の生活である?

なかなかないと思う。
僕は大学の時喫茶店に好きな子を呼び出して告白したことあるけど、
そんな緊張感ある、面と向かった対面はもう嫌だ。
(ちなみに駄目だった)
今の子たちは告白も別れもラインだったりするだろう。
面と向かって対面して、しかも成功することは、
人生に何回かしかない大イベントかも知れない。
(例:就職面接、会社を辞めるとき、別れ話をするとき)

にも関わらず、脚本の中に、
安易に「対面して話す」なんてシーンをばんばん書いてやしないかい?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【天狗予報】第六集、遅れます

週末に間に合わせようと思ったのですが、
現在ラストの30話を書きはじめたところです。
全てのリライトも含んでギリ間に合うかも知れませんが、
今回は全部を一度リライトする(特に第一集)という、
大事業も同時にやる必要があります。

それは、30話が全55話(予定)の、ミッドポイントになるからです。
特にオープニング(第一話)と関係することが起こるため、
ここはきちんとリライトしたいのです。
あ、お話が変わったり、伏線を仕込み直すということではないのです。
基本設定のイコンの問題です。

楽しみにしてらっしゃる方、しばしご辛抱を。
posted by おおおかとしひこ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

技術の見方

目立つところを研究するな。目立たないところに注目しろ。

何故目立たないところに「引っかかることなく」、
目立つところに集中できたのか。そのからくりを見よう。


うまい名台詞を目立たせるための、目立たない台詞を見よう。
どんでん返しを目立たせるための、それまでの地味な展開を見よう。
すごい芝居を目立たせるための、目立たない地味な芝居を見よう。

何故それらは目立たずに、スルッと身体に入ってしまっていたのか?
何故ただ目立つものだけが残るようになっていたのか?
そこに技術が使われているからだ。
引っかからせるのなんて簡単だ。
引っかからずにスルッと入るところに、ほんとうの技術があるのだ。


料理の味と同じだ。
金箔を振るのは技術ではない。
気づいたら口の中でなくなっている、
なんの引っかかりもない美味い出汁のようなものこそが、
ほんとうに鍛錬の必要な、ほんとうの技術だ。

あなたはそれを、何の抵抗もなくスルッと入るようなものを、
作れるようにならなければならない。
上手い伏線とかね。
posted by おおおかとしひこ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

構成とは何か

ちょっと最近応用的な話が多いので、基本に戻ってみる。

構成ってなに?
ストーリーとかプロットとかと、また違うもの?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エチュード4

我々脚本家にとって、
2.の意味のエチュードは、意味があるだろうか。

おおありだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画と小説の違い:小説は、思考が漏れる

小説にあって映画にない強力な武器は、地の文である。
小説では、これによって思考を漏らすことができる。
映画では、思考を漏らすことが出来ない。

思考を漏らす例。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スペシャルワールドの地図をかけ

これは先日開発したテクニック。

第二幕の構想をするときに、使える。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

エチュード3

ごめんなさい。色々調べたら、エチュードに関して誤解があったようです。

特に日本の演劇界では、二種類のエチュードが混乱して使われているようです。
1. 即興で物語をつくっていくこと。スジナシ的な。
2. 台本に書かれていない、そのキャラクターの場面(例:昼休み)を、
そのキャラクターになりきったまま、アドリブで会話を進めること。

役者にとっては、2.が重要だと思います。役への理解がすすむからです。
僕は、役者にも脚本家的な能力が必要だと思う考えなので、1.も否定しません。
2.はとくに、役者の初心者に有効な手段だと思います。

ということで、僕にとって、白紙に向かって話を書いていくことは、
2.をやりながら1.を同時進行させることです。

僕が昔書いた「喫茶店のメソッド」
(話の進行に詰まったとき、登場人物「全員」を架空の喫茶店に集めておしゃべりさせると、
次の展開へのヒントが出るかも知れないメソッド)
は、2.をやりながら1.への糸口をつかむやり方ですね。
posted by おおおかとしひこ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勢いとか、流れって何だろう

脚本を書く上で、一番の大敵のひとつはこれだ。
書いてるうちに、勢いがなくなっていくのだ。
流れていた筈の話が、急に止まってしまい、
さっきまで面白かったのが、急に詰まらなくなる。

書けなくなってしまう五秒前だ。
何とかそれでも書き続けようとしても、
一度停滞した流れは、二度と再起動しない。
こうして疲弊して、話が止まり、挫折がやってくる。

そして思うのだ。
流れとか勢いって何だろうと。

僕は最近、これを「観客のアドレナリン」だと思うようになった。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「アーム・ジョー」における三幕構造と序破急構造

傑作「アーム・ジョー」は全7Pだ。
よく見てみると、そこに三幕構造と序破急構造を見ることが出来る。

冒頭とラストのブックエンドがそれぞれ1Pずつ、
中のアーム・ジョーの挿話が5P。
まずは、アーム・ジョーの挿話の三幕構造を分析しよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「アーム・ジョー」という傑作

今更ですが、はじめて見た。最高。
ぐぐれば出てくる。

これもブックエンド、中に本編挿話、
という、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
と同じ構造なのに、
彼我の圧倒的な差はなんだろう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なにい!?忍者の日だと!?

不覚。知らなかったよ。
みんな、2/22は忍者の日。にんにん。
って、にんにん言うのはハットリだけやないかい。

ついでに調べました。10/9は天狗の日。
英語の入らない駄洒落がよかったです…
posted by おおおかとしひこ at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

つかみの失敗

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
の敗因はなんだったんだろう、
と思っていたら、
「最も出来のいい冒頭のシーン」だと言うことに気づいた。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エチュード2

脚本を書いていて、
調子に乗ると自動書記状態になることがある。

ある、というより、この状態を作り出すことが、
執筆という行為だ。

この時のテクニックを少し書いておく。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」を酷評してみる

ちょっと見なきゃいけないことになり、遅ればせながら見てみた。

あの映画をいいと言う人は、
映画の何を見てるのだろうか?

僕は2点(100点満点)程度だと思うのだが。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全員揃ったら、終わり?

みんなが揃ったら、We're gonna have a hearty party tonight だし、
役者が揃ったらいっちょ派手な花火を打ち上げようかだし、
全員が揃うことは、
クライマックス直前を意味する。

すなわち第二ターニングポイントだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする