2015年02月22日

エチュード

アドリブで劇をすること。

アドリブはその時々の点のニュアンスが強いが、
エチュードは、その連続でひとつの話をつくる、
ぐらいのニュアンス。

落ちまで落ちる、きちんとした話まで至ることは稀だと思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

また変なアルゴリズムに攻撃されてる?

今度は各記事にスマホからコメントつけようとしては逃げる、
アクセスが相次いでる。
なんだこりゃ。
変な業者のIDはブロックしてるので、
今度はスマホから?
シーサーブログのみなさん、警戒を。
posted by おおおかとしひこ at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名詞でストーリーを捉えるな

ストーリーとは、動的な動きのことである。
それを名詞で理解しようとすると、
その動的な本質を見失ってしまう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

調べものの三パターン

脚本を書くときに調べものは必須だ。
自分の中だけのものを書いてもいいけれど、
そのうち自分の中だけでは限界が来る。

来てないのは、たいして量を書いていない証拠なので、
まず全部をワークアウトしきることをオススメする。
プロット100本というスパルタは、
そのための訓練でもある。

さて、自分に足りない何かを調べもので補うとして、
僕は三パターンぐらいあるような気がしている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脚本家にとっての「コンセプト」

ということで、いつもの脚本論に戻ります。

「コンセプト」の誤用、
物語への誤認が収まり、俺の思想が浸透するまで待つ?
そんな時間はない。
現実を変えていかなければならない。

コンセプトなんてバカな単語を誤用し、
それに気づかないバカを、バカと罵るのでなく、
馬に念仏を聞かせるのでもなく、
にこにこして利用することを考えよう。

相手に分かりやすい「コンセプト」を投げてあげるのだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆算でつくる映像制作9(捕捉):コンセプト

ここで僕は、アイデアという言葉を、
一般的に言われる使い方より、
狭い意味で使っていることに注意されたい。

商品開発などに使われる、
アイデアやコンセプトとは、違う意味で使っている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

逆算、逆算できず。

すいません、逆算マニュアル、せっかく書いたのに、
最後のものが一番上にくるブログ形式では、
順になってやがる。(泣

ということで、書いた順、つまり、一番下の1から読んでくださいね。
posted by おおおかとしひこ at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆算でつくる映像制作8:アイデア

最初に、なにが必要なのか。

アイデアだ。

「それは、どのように世間に受け入れられるか」
に関することが。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆算でつくる映像制作7:脚本

ようやく脚本にたどりついた。

日本のCMでは、絵コンテベースで仕事をするため、
以下絵コンテに読み替えてもらいたい。
ちなみに、絵コンテはハリウッドでもつくることがあるが、
これは合成カットや、複雑な撮影をする時などの、
各部署の打ち合わせ用の用途が殆どだ。

日本のCMは、お客がふつうの企業の人だから、分りやすいように、
というサービスでもあるのだ。


絵コンテだろうが、脚本だろうが、形式はなんでもいい。
脚本とは、何を狙うのか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆算でつくる映像制作6:撮影準備

アメリカでは、
撮影までをプリプロダクション、撮影後の編集をポストプロダクションと呼び、
制作体勢を二分することが多い。
前者は現場をまわすこと、後者はハコの中でじっくりとやることと、
仕事の質が違うからだ。

日本では一括した制作体勢だ。そのほうが理想だとは思う。
ハリウッドは大型化したのだろう。


撮影準備とは、何をすることだろう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆算でつくる映像制作5:撮影

素人でも、映像は、計画し、撮影し、編集することは知っている。
もっと素人でも、撮影するのは知ってるだろう。

ということで撮影だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆算でつくる映像制作4:仮編集

フル画質のことは本編集で。フル音質のことはMAで。
そのことを見越した、仮画質、仮音質で、
一本を頭から尻までの、一次元のものに組み上げることを、
仮編集という。

「仮」は、画質の仮(3倍から20倍圧縮)、
音質の仮(音質やバランスを整えていない、MA前の音)、
の意味であるが、
実際には「編集の確定」をすることである。

「仮編集」という名前から、よく緊張感のない誤解を受ける。
これは「編集」である。「本」編集は「本画質の合成作業」だ。

僕は、撮影後のポストプロダクションを、
編集/合成/MAと名付け直した方がよいと思っている。
(仮編集/本編集/MAとか、オフライン編集/オンライン編集/MAでは、
名が体を表していないように思う)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆算でつくる映像制作3:本編集

音の事をちゃんとやる前に、絵の事を仕上げてしまう。
その最終段階を、本編集という。

実は、我々は、この瞬間まで、
絵をフル画質で見ることは出来ない。
それまでの仕事は、全て簡易的な画質でやっていて
(ものによるけど3倍圧縮から20倍圧縮程度)、
本編集室に入ることで、
はじめて絵の全貌をいじることになる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆算でつくる映像制作2:MA(ダビング)

MAはCM系で使われ、ダビングは映画系で使われる呼び方。
(恐らくだけど、使われるマシンの名前が元になってる)

完成の直前の作業は、MAだ。以下MA表記とする。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆算でつくる映像制作1:完成

昔、余りにも素人が多いのに怒って、
映像制作マニュアルを書こうとした事がある。

しかし、企画から完成まで書くような普通の書き方では、
我々つくる人間の感覚と逆だ。
我々つくる人間は、上がりから逆算でつくるものである。

そこで、素人でも分かるような、
「完成からはじまり、企画に終わる」ような、
逆算のマニュアルを書こうとしたことがある。
その時は時間がなかったのだが、今なら書けるかも。

ということで、第一章「完成」。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成長とは螺旋である

ちょっと前まで最終回的なことを書いていたのに、
また一から脚本を書くようなことを書きはじめている気がする。
周回が繰り返されるのか。

違う。二周目の景色は一周目と違う。
三周目四周目もだ。
ゲームならそれ以上変化がないから終わりだ。
しかし現実は変化する。

何周もするうちに、現実もあなたも変化していく。
ぐるぐる回りながら進むことを、螺旋という。
たとえばブックエンドテクニック
(冒頭とラストを同じシーンにしておき、
一周し終えたようにして、両者の変化を成長の証として見せる)
などは、典型的な螺旋である。

主人公もあなたも俺も、螺旋を描きながら成長していくのだ。
まず一周。そして二周。
そうやって、実力は少しずつ上がって行くのである。

日本柔術の八光流や、大東流は、
初伝中伝奥伝の技が全部同じだが、
使い方などの深みが違ってくる技の体系を持っているらしい。
つまり、螺旋を経験させるシステムになっているのだと。


螺旋を持つ人工物は、ねじである。
「ねじる力」は、そのへんのことを言おうとしている。
多分本編には出てこないけど。
posted by おおおかとしひこ at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それを強い絵で示せ

強い絵とか、弱い絵という言葉がある。

強い絵とは、インパクトがあり、
強烈な印象を残し、忘れられないビジュアルになるものだ。

逆に弱い絵とは、平凡で、どこにでもあって、
覚えるまでもない、見たことすら忘れる絵のことである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたはどこにいるか

お話をつくるとき、あなたはどこにいるか。
お話を書くとき、あなたはどこにいるか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月19日

なにも起こらないのは、物語ではない

何か起こること。まずはそれだけを考えよう。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんなのみつけた(小ネタ)

ひまな人、誰かこれの風魔版つくって。(笑)
ドラマ版ではここまで素材がないよなあ…
NANIISeiya[1].jpg

posted by おおおかとしひこ at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知らない人に説明してみよう

話がややこしくなってきたり、
途中でわからなくなってくることは、
よくある。
ていうか、それが殆どだ。
執筆中は、それをいかにラストに向けて秩序を作っていくか、
という苦闘をするものだ。

しかし、それは大抵迷路に入り込む。
その脱出法のひとつ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ログラインが先か、プロットが先か

前の記事でログラインだ!
とか言っておいて、手のひらを返すように。

完璧なログラインなんて、
実はなかなかつくれない。
既に出来ているものからつくることは出来るが、
まだ出来ていないもののログラインをつくることは、
本当に難しい。
「save the catの法則」には、ログラインからつくる、
なんてことが書いてあるけど、現実には難しいだろうな、と思う。

特に初心者にはだ。



続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脚本づくりの二つのフェイズ

アマチュアの時は想像もつかないだろうが、
実際の脚本には、ふたつのフェイズがある。
出来るだけ全体をイメージしておくとよい。

それは、
一人で書いて完成させるフェイズと、
制作時、現場の要求に合わせてリライトするフェイズである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

クリエイティブとはどういうことか

僕は、ルーチンでないこと、だと思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俺の取り分orz

前記事で、
「風魔の小次郎」DVD全巻購入の俺の印税を計算して、
138円、という額にまじ凹み。
ええー。もうちょっと評価されていいんじゃねえの。

あなたが18000円払って、僕には138円しか届かない。
風魔の全巻と、缶コーヒーの引き換えかあ。

1万人買うかな。それでも138万円で、これを年収にするのはキツイよね。
10万人買ってないよね。地上波高視聴率で8万枚とかだもんね。
市野さんは脚本クレジットないから、半分くらいだろう。
ちなみに役者は0円だ。
(僕も市野さんも役者もスタッフも、最初にギャラは貰ったけど、
それが微々たるものであることは、画面を見れば分かるよね)

えーっと、誰が持っていくんだい?
不良在庫の倉庫代?

それでも評価の声を届けるのは、購入しかないのかなあ。
posted by おおおかとしひこ at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

良いストーリーってなんだ

そんな検索ワードで来た人がいた。
なんと本質的で難しい問いであろう。

僕は、
「人々を、世界を良い方向へ変えるもの」が、
良いストーリーだと思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

次に何が起こるか、分かっていないと書けない

シーンを書くとき。
このシーンで最終的に何が起こるか、
分かっていないと書けない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視点の転換

うちの若手を集めて、大岡塾なる企画塾を開催している。
うちはCMをつくる会社なので、CMの企画を主に教えている。
毎回課題の商品を出し、その企画を書いてきて講評する流れだ。

毎回偉そうにしてるのは詰まらないので、
僕もプレーヤーとして一本出すことにしている。

「公園」を商品とする課題でのことである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三幕のうち、どれかしか面白くないとしたら

三幕構成は、勿論、一幕、二幕、三幕の、
どれもが面白いことが面白い映画の条件だ。

しかし、現実的には、
全部面白い名作を、必ずしも作れる訳ではない。
一幕が面白いが、他は面白くない、
二幕が面白いが、他は面白くない、
三幕が面白いが、他は面白くない、
どれが一番ましだろう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正義の味方に動機はあるか?

ない。
正義の味方の動機は、ボランティアである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする