2015年05月31日

【雑談】日本語タイピングのはなし

左中指の突き指はまだ完治していないので、
なるべくキーボードから遠ざかっている。

で、日本語のタイピングのスピードってどれくらいなんだろう
と調べてみた。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショートコント「地獄会議」

地獄をモチーフにすると面白いよね、
という雑談から思いついたショートコント。

お話はこうやって出来上がる、という記録。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガワのはなし

さて、僕はずっとペプシ桃太郎をこきおろしているのだが、
実は十年ぐらい前に、全く同じ構造を持つCMがあったことを、
突然思い出した。

NTT東日本「ガッチャマン」だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何に夢中になるのか?

今、観客の関心が集中し、
夢中になっているものを、焦点という。

夢中になっているものとは、
どんなものであるべきか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

「狼少年」さらに続き:AをDする

ログラインよりも更に最短な形式、
「Aな主人公が、Dする」を推奨した。

この形で解析してみよう。
もとのアイデアが、
「狼に育てられた少年が、獣医になる」であり、
この形式になっていないからだ。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「狼少年」解説の続き

おそらく初心者が、
「狼に育てられた少年が、獣医になる」話を書け、
と言われたら、
つい次のような話を書いてしまうだろう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一行からあらすじを作る例:「狼少年」

後輩たちが60秒の企画に挑戦している。
15秒と違い、
一行の面白い話が書けたとしても、
小話として面白い話にはならない。

「狼に育てられた少年が、のちに獣医になる」
という面白そうな一行(ログラインではない)を
思いついたのだが、その先どうしていいか分からないという後輩に、
ふむと考えたら、面白い話が出来てしまった。

みなさんも60秒におさまりそうなものを、考えてみるといい。
この先に僕の考えた話を書く。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

魔法の呪文「おもしろい」

この呪文はいつでも使える。

書く前、書いてる途中、書き終えたあと、
リライトを考えてるとき。リライト中、リライトし終えたあと、
二回目のリライトを考えてるとき…

いつでも、ふと我に返り、
「この話はおもしろい」と唱えてみる。
そうすると悪魔が召喚される。
「どこがおもしろいんだ?」と。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本語をどれだけ知っているか

時々読み込むサイト、読者猿さんのところから引用。
自分がどれだけ日本語を知ってるかという話。
http://readingmonkey.blog45.fc2.com/blog-entry-600.html

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全体は、部分の集合ではない

部分を集めれば全体が出来る。
これは科学の基礎的考え方だ。
パーツを組み合わせて作るメカ、建築、ロボット、
手術、オブジェクト指向プログラミング、プラモデルなどは、
この考え方を基礎に発展している。

しかし、物語だけは違うと思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何故実写化は、うまくいかないのか2

ドラマデスノートのキャスティングと設定が発表された。
月が平凡な大学生に改変?
Lがお菓子食わない普通の天才?
ニアが女?(まあそこはいい。それよりもニア編やるの?メロは?)

何故このような改変をするのか。
天才が故に世界を粛清できると信じた歪んだ男と、
天才を理解できるもう一人の天才(異端児)の、
二人の対決が大きな軸の物語を、
何故このような改変をするのか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

Aな主人公が、Dする話

大岡式ログラインではない、新しい骨格の捉え方を思いついた。
今までで一番短く骨格を示せるかも知れない。

「Aな主人公が、Dする話」と書く形式。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

何故実写化は、うまくいかないのか

前記事のつづき。
何度も書いてきた話題ではあるけど。

プロデューサーサイドと、脚本監督サイドの不一致が、
最大の原因だと考えられる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モチーフから書くとき

前記事のつづき。

モチーフから書くときのほうが、
テーマから書くときより実は難しい。

なのに初心者はモチーフから思いつこうとするから、
上手くいかない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テーマから書くとき

テーマをつくろう。
その逆の状態の日常をつくろう。
その日常を打破して、
テーマの状態になる話をつくろう。

たったこれだけだ。
あとは中盤を厚くすればOK。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

「逆」のドリル

逆は、面白い物語にはつきものだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中長編へのステップは、バディムービー?

という仮説を立ててみる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それは変化しているか?

ストーリーとは、変化のことである。
どんな瞬間も変化の途中であり、
変化していない部分は、
ストーリーの中では「停滞」「退屈」に該当する。

(現実に停滞や退屈があったとしても、ストーリーの中ではそれは上手いこと省略される。
編集というのはそれをやる為の基本だ。ワンカット技法は、どこかで退屈が生まれる。
ワンカットじゃなくても、退屈なストーリーは死ぬほどあるけどね)


それは、変化しつつあるか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストーリーとシナリオの違い

「ストーリーは思いつくのに」というキーワード検索で
ここにたどり着いた人がいるようで、
興味深いので考えてみよう。

ストーリーそのものと、シナリオは、
厳密には違うものだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

シンプルなのが面白いのか、複雑なのが面白いのか

コンセプトがシンプルで面白く、
内容が複雑で豊かなのが面白い、と思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脚本論のたどり方

過去記事を10ずつ表示して、
下に見ていってる方が結構いるみたい。

「はじめに」→インデックス→気になる記事名
→ドラッグしてコピー
→検索窓(PC版もスマホ版も、このページ内にこのブログ内で検索する窓があります)
でペースト→記事検索

が楽かもよ!
あるいは、◯年◯月を上手く使って!
(平均1日2本書いてることが発覚)

なんせ1600記事だ。10ずつ表示しても、160階層あるぜ?



だれか本に纏めて…
あるいは出版社の皆さん、本出しませんか(笑)
一ヶ月集中出来れば纏められると思うんだけどね…
posted by おおおかとしひこ at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初期衝動の増幅

思いついた!書きたい!という初期衝動は、
とても大事だ。
この思いの大きさがあればあるほど、
冷静のブレーキを越えて、執筆を完遂させられる。

その思いを、執筆前に増幅しておけばおくほど、
途中で挫折する確率は減る。

その具体的なやり方。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

序盤でキャラを立てる方法

脚本添削スペシャル「ねじまき侍」でもやって見せたことだけど、
口癖を作ってみるとよい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

とかくストーリーの面白さはとらえにくい

素人さんに聞いてみよう。
とある特定の、映画とかドラマとか漫画とかの、
何が面白い?と。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寄り道

二幕がストレートに行きすぎるときは、
寄り道をさせよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

必ず最後まで書く方法

前の記事を一般化してまとめておこう。

お話を最後まで挫折せずに書くにはどうすればいいですか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何故途中で挫折するのか

ほんとにこれは良くあることだ。
僕なりの対処法はいくつも書いてきた。
そもそもの原因は何だろうとふと考えて、
思い当たった。

そもそも人には書けないブレーキがついてるのだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

部分と全体

前記事のつづき。

部分の起伏と、全体の起伏がある。

部分の起伏を見るには、その部分を読んでみれば把握出来る。
全体の起伏は、全部を読むことで把握出来る。
(全体を忘れたあとの一回だけそのチャンスがあることは、
リライトの話でちょいちょい書いている)

全体の起伏を、地図に書く方法はないのだろうか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

起伏

起伏があるとかないとかは、何で決まるのだろうか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月22日

ダイジェストを作ってみよう

その話のダイジェストを作ってみたまえ。

プロットが書く前の計画だとしたら、
ダイジェストは書き終えたあとの感触の、俯瞰のようなものだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする