2015年06月30日

【風魔】【追悼】うえだひでひと監督

たった今、うえだひでひと監督が亡くなったことを知りました。
OVA版「風魔の小次郎」の監督です。
なんの面識もないですけど、風魔つながりでちょっと凹んでます。
一方的に、同じ釜の飯を食ったような親近感を持っていました。

OVA版を見たのはVHSレンタルだったと思います。
勿論、ドラマ版をやるに当たって聖剣編までは全部見ました。
林を走るときの表現が好きで、真似したものです。
勿論実写じゃ無理な表現でねえ。
サスケ外伝とか幻魔大戦に似た演出があったかも、と改めて思います。

wikiを見たら、ほんとうに色んな作品に携わっていた大先輩で、
ドテラマンより前まで、全部僕はリアタイで見てたくちです。

才能がひとつ星になるたびに、心が痛みます。

まさかガッチャマン2の羽手裏剣と、項羽の青い羽が同じ演出家だとは。
風魔のときはさぞ楽しんでやられたことでしょう。
おつかれさまでした。
赤羽でも影羽でもコンドルの羽でも、自在に飛ばしてください。
天国で、実写版の感想を聞くのを楽しみにしています。
posted by おおおかとしひこ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんで名作って最初のちょっとで分かるんだろうね

凄く深く考えたことが、
すでにベストの形で整理されてて、
しかもどう一音目を出すか、
計算され尽くしてるからではないかなあ。

書きながら作っていては、こうはならないよね。
練りまくって練りまくって、
リライトをきちんとやって整えた、
雑味のないスープみたいだからだよね。

自分の書くものもそうありたいです。
posted by おおおかとしひこ at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

起承転結の要素はみっつ

起承転結の要素は、4つじゃない。
3つ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美男美女じゃなくても3

自分の例を書いておく。
「自主映画出身の監督は、
何故原田知世、麻生久美子、深津絵里が異常に好きなのか?」
という問いを15年ぐらい前に立てたことがある。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美男美女じゃなくても2

もう少し書き手の内面に立ち入ると、
美男美女を書きたくなるのは、
自分の劣等感の裏返しだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美男美女じゃなくても

それは面白い話だろうか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

面白い話を書くなんて簡単だよ

まず面白いことをしろ。
それから面白い発展をさせろ。
次に意外なことが起こる。
それを落とせ。

以上。これが最も簡単な、起承転結という構造だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロットてなんだ

目的と行動と結果を、一連にしたもの。
主人公を中心に、脇の登場人物についても書く。

それらが矛盾なく、作品上の時系列として一直線に並んだもの。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「次の日」と「直後」は違う

あるシーンで落ち着いて、
次のシーンで事件が起こるとする。

それは次の日だろうか。
その直後(たとえば5分後、15分後、30分後)だろうか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間には色々いる

こういう人間を書き分けられたら、一人前。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

リライトのコツを三題噺でたとえてみる

とある話をリライトすることにしよう。
それは、(A、B、C)の三題で書かれた話だとしよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書く前に失敗するパターンは分かる

さあ書こう。
ちょっと待って、これ失敗するパターンやで、
と長年の経験から分かるものがある。

いくつかを挙げてみよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネット時代になって、物語の力が落ちた

と僕は考えている。
物語の力そのものは落ちてないかも知れないが、
物語を受けたり口コミで広げる力が落ちていると考えている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何も知らない人にポンと出すこと

それで引き込めるかどうかは、
なかなかに難しい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人工知能に描かせた絵は、何故気持ち悪いのか

グーグルが開発した、人工知能が描いた絵を見た。
統合失調症の人の絵に酷似している。
アウトサイダーアートにも似ている。
両者の相似点はなんだろう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日記】Jwaveハングアウト615

まさかの大学の同級生尾原くんがゲストで、
しかも風魔トークとはびっくりやわ!
宇野さんも見ててくれ、面白かったと言ってくれてちょっと嬉しい。
ただの日記でした。面白いことがあるもんですね。
posted by おおおかとしひこ at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

終わらせたくない思い

書く行為も後半になってくると、
世界に慣れ親しんだので、
終わらせるの嫌だなあと思う心理がやってくる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作家のテーマ

という場合、作者が書こうとした本質のことを指すことが多い。
彼は生涯父と子の確執をテーマとした、などのように。

大岡式には、これはモチーフと言うべきなのは、
これまで読んでいる人には了解できると思う。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少しずつ尺を伸ばしていく

30秒で面白いことが出来るようになったら、
次は1分で。
次は3分で。
次は5分、10分、15分、30分、
1時間、90分、2時間。

伸ばしていくのは、わりとポピュラーな練習法だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その長さ分、あなたは人を引き付けられるのか

脚本が書けない、という多くの初心者は、
そもそもその時間分話をして、
人を引き付けられる能力があるのか、
ということから考えるべきである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美味しい所からはじめて、ちょっと前に戻る

インパクトがあったり、
イコンになるような場面をオープニングに持ってきて、
そのちょっと前に時間を戻す書き方。

名前のついたものではないけど、
よく見る構成パターンのひとつだ。
「アイアンマン」とかそうだった。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

ラフと仕上げ

なにごともそうだけど、
ラフの状態からはじめて、仕上げにいたる。

しかし、仕上げを一度もしたことのない人は、
ラフだけをいくらやっても無駄である。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストレートな人間ドラマは難しい

人間ドラマは、実は一番難しいと思う。
人間の悩みは、
たいてい他人にとって、とるに足らない小さなものだからだ。
逆に誰もが深刻に悩むようなことは、劇的な解決はまだ発見されていない。

つまり、問題と解決の設定が難しいのである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悪夢

キューブリック監督作品、「シャイニング」は、
見るべき映画の一本だが、
物書きにとって恐るべき悪夢が描かれているシーンがある。

以下ネタバレにつき。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

すず発言に便乗して、スタッフが何をしてるか解説する

スタッフが何をしているか、知っておくべきこと。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆算のこと3:三題噺

このあたりを自得するには。

江戸時代のやくざだけ残して、
別の話を持ってくる機転を利かせるには。

三題噺で鍛えるのが効果的だろう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆算のこと2

おそらく、脚本家以外の、
全ての素人(ほとんどの、プロデューサー、製作委員会、俳優もふくむ)
が、この逆算を知らないと思う。

逆算から見て最後の最後のかざりつけ、
世界観やキャラのことを、
映画の面白さと勘違いしているのである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

一言で示すこと

これが簡単に出来たら楽なもんだ。
それが難しいから、ストーリーは難しい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脚本家監督どちらもなるには

という検索ワードで来た人がいたので記しておく。

二時間映画の脚本を最低5本、出来れば10本。
あと自主製作映画(5分以上)を3本。出来れば5本。
この基礎を学生のうちにやってから、
業界に入って助監督。
あとはデビューのチャンスを勝手に掴め。

養成所はない(かつてはCM演出部が良かったが今はそうではない)。
自分で掴め。
いざ掴んだときに備えて、基礎をやっておけ。
助監督をしながら更に企画を続けて、身長分原稿を書け。
3年、5年、10年続けて芽が出ないなら、
諦める準備もしろ。賞も出せ。
茨道しかないぞ。

面白い脚本を書く方が、自主製作映画を作るより楽だから、
一人で出来るはずだ。
仕事を覚えながらたっぷり書け。
このブログはそういう人の為に書いている。

俺ですらコツコツ書いてる。ものになるかどうかは運次第だ。
健闘を祈る。
結局は、才能、努力、時の運だ。
posted by おおおかとしひこ at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストーリーは前進しているか?

脚本の教科書によく書かれる、「話が前に進む」ということば。
僕には違和感がある。日本語ではそういう言い方をしない。

話が次にいく、とか、次にすすめる、とか、次の段階、とか、
「次」を意識した方がいいと思う。

前はない。未来は前からやって来るようにも思えない。
(後ろはある気はする)
車に乗ったり馬に乗ったりする民族の感覚だと思う。

我々日本人は、住んでるところにお天道様が「来る」イメージかな。
未来は行くもんじゃなくて、来るもんだ。

英語と日本語でイクが逆になる(I'm coming)のと、同じ現象だね。
posted by おおおかとしひこ at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする