2015年06月07日

【てんぐニュース】第八集「見える友達」、完成(ちょいちょい上がってきます)

全国一億のてんぐファンのみなさま、お待たせいたしました。
第八集「見える友達」です。労作ばかりです。
完結まであと三集が見えました。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主題と主題歌のズレ

マトリックスってさ、
テーマはプラグに繋がれた人々の解放なのに、
主題歌がアンプラグドにならないのはなんで?

アンプラグド=人間の解放だったよね。
その主題歌が電気音楽はないんじゃね?
とくに2、3。
wake upのアンプラグドバージョンで終わらせればよかったんじゃないの?
posted by おおおかとしひこ at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検索のヒント!

気になる言葉を、単純にこのブログ内で検索できますよ。
(頻出ワードの風魔とかロッキーで検索したら、えらいことになる模様)

PC版なら右のカレンダーの上に、スマホ版なら下のほうに
検索窓があるのでご利用ください。新しい記事順で出ます。
なんとなく初心者向けの記事から書き始めたので、
古い記事ほど初心者向けかもしれません。

また、読み込む人用に、頻出キーワードのリストを作ってみました。
以下の言葉が自分なりに説明できないなら、
その言葉を分かってない可能性があります。
コピーして検索へペーストしてご利用ください。



続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

物語の矢

という言い方がある。

つまり、物語は、
必ずどこかへ向かっていて飛んでいて、
しかも的に見事に刺さった時がおしまいということである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

反省会は必ずしよう

この話は、実質どういう話だったのか。
この話は、そもそもどういう話を書こうとしたのか。

この二つを紙に並べて書いてみること。

書き終えたあとの正しい反省会は、
より良いリライトへの可能性につながる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

また極論してみる

コンテンツビジネスって言ってる奴らはさ、
クリエイターがいないほうが都合がいいんじゃないか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

動き続けることは、不安だ

物語とは動きである。
物語とは変化である。
だから、書いてるときは不安になる。

動き続けることは、不安になる。
何故なら人は、落ち着いて一服しなければ、考えられないからだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腸脳相関による思考の増進

雑談。
うまい飯くってウンコすると、思考が増幅する。

これは経験的に分かっていたのだが、
科学的根拠があったという話。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二人称について考える

二人称は、ほとんど使われない。
そう?
あるよ。

低レベルのCMは、全部二人称だ。
カメラ目線だぜ?
言いたいことは、「あなた、買ってください」だ。
もっと簡単にしよう。
「投票へいこう」「挨拶しよう」「避難勧告」は、
全部二人称だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冒頭文を書けるのは、既に書き終えているから

冒頭はとても難しい。

これを難しいと思わないのは、
それを知らない初心者だけだ。

初心者は思ったことをただ書く。
中級者は色々なパターンを考えた上で、ベストを書く。
上級者はまず書いて、リライト時に全面的に書き直す。

クラスが上になるほど、途中挫折率が減る。
これはどういうことだろう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

強調と省略

物語の世界は、リアル世界とどう違うのか。

強調と省略がなされていることだと思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日記】ギフテッド

サヴァン症候群を調べていたら、
ギフテッドという知性的特徴について知ることが出来た。
ざっくり言えば一種の天才(に見える、
生得的に脳の能力の高い人)。

Wikiにとても詳しく書いてある。
これを読む限り、僕はギフテッドに分類されるようだ。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

余計な描写

小説の文章とも関連することだけど。

例えば主人公の部屋をどこまで描写するべきか。
シナリオでの結論。
あとで使うものだけ描写する。
あとは不要。捨てる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何故あなたは自分の中に才能が眠っていると思うのか?

脚本家を目指す人や監督を目指す人は、
一体何を根拠に、出来ると思うのだろうか。

引いた目で考えてみよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文章表現の力

小説を書くようになって、文章による表現について、
少し分かってきたことがある。
シナリオと小説の文章の違いについて。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

あなたの物語は、どんなカタルシスで終わるのか

これに即答出来ないなら、
まだあなたの話はぼんやりしているので、
書きはじめてはいけない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嘘の感情

どうしてマクドナルドのCMはこうも我々の感情を逆撫でするのだろう。
こないだのソースなめるやつも酷かったが、
「more choice」篇と題されたそれは、
不快や怒りを通り越して、同情するレベルだ。

何が間違ってるのか。
嘘の感情だからだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まだ一本も書いたことのない君へ

脚本でも小説でも漫画でも戯曲でもいい。
まだ一本も作劇をしたことのない人へ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

キャッチーとはなにか

短いこと。
それでいて本質が現れていること。
かつ魅力的で、キャラが立っていること。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それは、恋心補正が入っている

雑談中に出てきたことばで面白かったので記録。

素敵に見えるが客観的にはデブだった、みたいな
ダイエットの広告にでもお使いください。
posted by おおおかとしひこ at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モチーフじゃない、テーマなんだ

ドラマ版デスノートの漏れてくる情報が酷い。
以前指摘した、事務所の件についても言及されはじめている。

ミサミサのビジュアルも公開された。
似てるとか似てねえとか、ほんとどうでもいい。

何回でも指摘しよう。
ビジュアルを似せることは、モチーフを一致させることに過ぎない。

正しい実写化とは、テーマを一致させることだ。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一幕、二幕、三幕の役割

一幕の問題または、二幕のお楽しみポイントで興味をひき、
三幕の結論で影響を与えること。

つまり、一幕と二幕はひきこみ、
三幕は主題。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出し惜しみしない

問題を設定したとき、既に解決法はわかっているはずだ。

それがラストに来てもまあまあに過ぎないかなあ、と思うとき、
その解決法を二幕の初手で使ってみるのは、
ありかも知れない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

結論とはなにか

「この話を見終えて自分から切り離すとき、それにつけるラベル」
のことだと思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結論は、既に出ている

論文を書くとき、講演をするとき、
長めの話をするとき、
普通結論から先に言う。

今から○○が結論である、という話をします。

と前置きして話し始める。


物語は違うのだろうか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする