2015年11月30日

何も浮かばない?

「シナリオ 何も浮かばない」という検索ワードで来た人がいて、
目を疑った。
そんなバカな、である。

お話の作り方が、なってないぞ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【追悼】水木大妖怪先生

大往生、というのでしょうか。
遷化、というべきでしょうか。
大先生はニコニコしながら冥界へ帰ってしまわれたようです。
手塚、藤子、石森、やなせ各大先生よりも長生きとは。

「妖怪もの」が今日あるのも、鬼太郎がルーツといえましょう。
勿論、宇治拾遺やら霊異記やら、百鬼夜行が古典なのでしょうが、
映像においては、鬼太郎が中興の祖というより元祖に近い。

水木先生がいなかったら、てんぐ探偵もないと思います。
ゲゲゲの女房がなかったら、
僕が監督した「割れたせんべい」もなかったです。

あまりにも偉大すぎて、
僕には歴史上の事実にしかうつっていませんが、
ひとりの人間が亡くなったことに、哀悼の意を示します。
ここ最近冷え込んだものね。

継げるかどうか分かりませんが、てんぐ探偵が一部継ぐ覚悟です。
posted by おおおかとしひこ at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

事件による三つのジャンルわけ

ストーリーとは事件と解決だ。その過程だ。
だとすると、
事件によってジャンルわけが出来るのではないかと考えた。

次の三つだ。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

無意識と意識の往復

物語を書き終えてしばらく経って、
俯瞰してみると、
自分の無意識がその中に反映されていることに気づくと思う。

全て自分の意識で書いていた、
全て自分がコントロールしていた、
という執筆中の真逆とは違ってだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

異質なものを混ぜていく

鍋をつくるとしよう。
ラーメンのスープでもいい。

まず水をはり、基礎となる材料を投入だ。
鍋なら昆布。豚骨ラーメンなら豚骨か。
まず水と、
最初の異質なものを火を炊いて混ぜ合わせる。

馴染ませる、といった方がいいかも知れない。
100%均質なものになるまで混ぜなくていい。
水に昆布が馴染んだ頃、
水に豚骨が馴染んだ頃。
次のまた異質なものを投入していく。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全ての物語は、得る話か失う話である

また極論してみる。

全ての物語は、ふたつにわかれる。
何かを得る話か、
何かを失う話だ。

前者をハッピーエンドといい、
後者を非ハッピーエンドという。
(バッドエンドは、非ハッピーエンドの中でも最悪のもののひとつで、
全てがバッドエンドではないため、非ハッピーエンドと大くくりにする)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

調べてから書くか、調べながら書くか

調べものは大事だ。
知っていることなら詳しく書けても、
知らないことは詳しく書けない。

そして人は知らないことを知りたい。

人々が知らないことを知るように書くのは、
ふたつしかない。
あなたが詳しいことを書くか、
あなたが知らないことを詳しく調べて、詳しくなるかである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

人生の謎を解く

物語はなんの為にあるのか。
僕は、人生の謎を解く為にあると思っている。

どれだけ「物語の書き方」の謎を解いても、
人生の色々な秘密や謎を解く事をしないのなら、
本末転倒というものだ。
(むしろ、後者が面白ければ、前者なんて破綻してもいいのだ)

この脚本論は、形式について書いている。
内容の部分については、教える事はできない。
なぜなら、
人生をあなたがどう考え、あなたが謎を解く事が、
物語の結論、すなわちオリジナリティーになるからである。

勿論、どこかで見たようなことをやっても意味がないし、
殆どの人が理解出来ない真実を示してもしょうがない。
posted by おおおかとしひこ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハッピーエンドでない物語

僕は初心者には、
ハッピーエンドでない物語を書くことはオススメしていない。
死ぬ俺カッケーみたいな、中二病になりがちだからだ。
(結局メアリースーに取り憑かれるのなら、
ハッピーエンドだろうがそうでなかろうが同じかもだが)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

三日坊主

シナリオを書き始めたのだが、すぐに挫折する、
というポピュラーな現象は、
三日坊主のメカニズムと同じでは、という説。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

めくるめく世界へつれて行く

よくできたフィクションは、
我々の日常とは、全然違う、
楽しくて、ワンダーランドで、ぞくぞくする、
あるいは痛みを伴う、哀しい、
めくるめく世界へつれてってくれる。

あなたの作るおはなしも、そうでなければならない。
どうすればいいのだろうか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駄目な宣伝部は、滅びよ

僕は長年広告業界にいるので、
商品の売れ行きと広告の関係についてよく知っている。
商品がよくて広告もいいのが大ヒットして、
商品か広告がどちらかがいいのはヒットする。
商品も広告もよくないのはヒットしない。

つまり、広告によって、よくない商品の時でもヒットが可能だ。
また、そこそこいい商品なのに、広告が駄目なせいで、
そのパイ以上に伝わらず、役目を終えたら消えていくものもある。

どちらも経験している。

また、先日も「十月十日の進化論」の電車広告があまりに酷いので、
抗議批判した。


自分の例で言えば、
ドラマ「風魔の小次郎」、映画「いけちゃんとぼく」の広告には、
不満である。
商品の情報を正しく整理できていないし、
それを無視した広告独自の判断も、魅力的ではないからだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

【壬生】ウインクしてんじゃねえよ!

脱臭炭CM、見れました。
エステーは月9の枠を持ってて、かつては破壊力があったものだが、
今の月9で流行るのか不明。

ていうかウインクしてんじゃねえよ!
そこで笑ったわ。
おめでとう壬生。お前を語り継ぐぜ。
(役名で呼ぶのが風魔ファンのデフォで、
それはやはり作品を愛してくれてる証拠だと思い、
あえて壬生呼びだ!)

風魔後のCMに呼べずにすまん。がんばる。
posted by おおおかとしひこ at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

共感と分析的思考

「カラパイア」に面白い記事を見つけたので。

なぜ詐欺師にだまされてしまうのか?
脳は他者への共感と分析的思考を同時に処理できない(米研究)
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52108365.html

脚本を書くとき、
僕は、ロジックメインのプロットを練り、
(感情的な反応などもロジカルに考え)
その後、執筆時にはロジカルに考えず、
感情移入が赴くままにその人になりきって、
憑依型で書いている。

つまりこの記事で言う、
分析的思考と他者への共感を、
全く別の段取りに(無意識に)分けてやっていることになる。
へえ。

ご参考までに。
posted by おおおかとしひこ at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バリア

脚本用語のひとつ。
前記事の逆風を書いていて、まだこれを解説してないなと思って、
書くことにする。

バリアとは、
行動に対して、乗り越えられない壁のこと。
つまり、
ある行動をした結果、何かの壁にぶち当たり、
にっちもさっちも行かなくなることだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

積極的行動と逆風

前記事のつづき。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主人公が積極的に行動するのはどこか

厄介な事件が起きる。
主人公は、なるべくそれを避ける。

あるいはずっと続く日常。
主人公は淡々と続けながらも、
いつか別の場所へゆきたいと願っている。

そんな主人公が、積極的な行動をするのはいつか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

映画監督の勉強2

ついでに。こういう教養が必要かな。

物語の勉強。小説、演劇、漫画、小噺、怪談など。当然、古今東西の映画。
芝居の勉強。肉体を使う表現。発声、舞踏、バレエや歌も。武術やスポーツも。
写真の勉強。絵画の勉強。書やデザインの勉強。
立体の勉強。建築、彫刻、雑貨などなど。
音楽の勉強。西洋から東洋からクラシックから現代まで。
技術の勉強。そもそもカメラは何故うつるのか、CGは。理系のこと。
服飾やメイクの勉強。流行と歴史的スタイリング。素材のこと。
生きることの知恵みたいなもの。宗教やTIPS、おばあちゃんの知恵とか世間知。
日本の文化の勉強。自国のことはアイデンティティーの一部だという自覚も。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

詩ということ

前記事のつづき。

詩とは何か。純文学は詩にたとえられる。
じゃあ詩ってなんだろう。
訳の分からないもの?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

その純文学へ、全員を連れていけるか

前記事の続き。

こうとしか表現できないような感情。
それが存在するのは分かる。
繊細で、複雑で、入り組んだ、人間を描くとはそういうことだ。

だがしかし。
その感情へ、全員を連れていけるか?
あるいは、全員を連れていくことに意味があるか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エンタメ小説と純文学の違い2

この項をさらに深く考えてみる。

純文学は詩だという説。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

映画監督の勉強

という検索ワードがあったので、書いてみる。

ホンの勉強、
現場の勉強、
編集の勉強、
政治の勉強、
の四つがいりそうだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストーリーの骨格をどこで決めるか

作者自身が分からなくなることが、よくある。
ストーリーの骨格を、どの要素で考えるべきかをだ。

そういうときは、「公式行事」で捉えるといい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

激しい感情のぶつかり合いは何か?

こう聞いて答えられないのなら、
あなたの作品には、たいしたコンフリクトがないのかも知れない。
(ツタヤで流れてる映画紹介のなかに、
激しい感情のぶつかり合いが…なんてのがあって、
それどの映画でもそうやろ!と突っ込んでしまい、
はたと気づいた。
明確なコンフリクトなきダメ映画は、
感情のぶつかり合いなんてないのかもだ)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

エンタメ小説と純文学の違い

小説入門的サイトを今更徘徊してたりするのだが、
どこかで見たこの分類がとても心に残った。

エンタメは、ストーリーに付随する感情や落ちを書く。
純文学は、ストーリーよりも、いかに詩的に書けるかだ。

というものだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お楽しみポイントから考える方法

二幕前半はとかく難しい。

とくに一幕から順に書いたとき、
大抵息切れしてしまうポイントだと思う。
第一ターニングポイント後の二幕前半は鬼門だ。

そう思うのなら、そこから書いてしまえという方法論。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

秘密の共有

ラブストーリーには、大抵ある要素。

誰にも言っていなかった過去の秘密を、言い合うこと。
人と人が仲良くなるには、こういう魔法のかけ方がある。

分かりやすい例はディズニー「塔の上のラプンツェル」
のミッドポイントあたりに見ることができる。
かなり唐突だからだ。
分かっていても、なんだか感情移入してしまうものである。
外に向けている面と内に秘めたもののギャップ、
というギャップ効果もある。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去の因縁

主人公が○○なのは、
実は過去に△△があったからだった…。

よくあるパターンだ。
この因縁を一幕で描くか、二幕で描くかで、
過去の重みが変わってくる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

プロットは難しい?3

結局、プロットを書くときに物凄く悩むのは、
そのたったひとつの面白ポイントを、
ひとつに決めきれないことではないだろうか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロットは難しい?2

プロットが難しいんじゃない。
面白い部分を思いつくのが難しい。

と前記事で結論づけた。
そうか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする