2016年02月01日

バラエティーとストーリーの違い

これまでの議論をまとめておく。

目的がないのがバラエティー、二次創作、出落ち。
目的があるのがストーリー。

目的が「とりあえず」決められたものがバラエティー。
(たとえばクイズやゲーム、ブラブラ歩いて面白いものを探す)
目的を本気で思い、人生を賭けるリスクを背負うのがストーリー。
(たとえコメディであっても)

バラエティーは、終わったらもとに戻る。
ストーリーは、不可逆な結末に至る。
posted by おおおかとしひこ at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生経験と、架空世界での経験

知り合いの役者さんに聞いた話。
その人は高校演劇部に教えることがあるらしいのだが、
「登場人物を、ツンデレなどの漫画的なテンプレに
当てはめようとする」ことについて、
嘆いていた。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魅力的な登場人物の作り方3

続編に旧キャラが出てきたとき、
その魅力がなくなっていることがある。
どうしてだろう。

それは、行動していないからである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魅力的な登場人物の作り方2

僕のやり方は、ストーリー本位である。

つまり、どうであるかより、
何をしたかで人物の魅力を描く。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする