2016年03月31日

【三周年のご挨拶】

気づいたら、三年もこんなこと書いてきました。

ちまたの脚本入門書よりも随分突っ込んでるつもりですが、
脚本添削スペシャルに寄せられた原稿を見る限り、
もう少し初心者向けにしたほうがいいのかなあ、
と反省したりしています。
明日24:00締め切りで、応募予定者はがんばれ。

添削スペシャルは、一部と二部に分けようかな。
つまり、
第一部:脚本としての体裁のパート(初心者コース)
第二部:そもそも何を書くべきなのか(本来の添削)
に。
まあ全部揃ってから考えます。


今後も言いたい放題ですが、
嘘だけは言ってない方針は、そのままの予定です。

夜桜きれい。週末は花見だな。
皆さんの映画人生に、春を。
posted by おおおかとしひこ at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日記】突然わかった

腐女子は性癖なんだね。

今まで「理解」しようとしてたから「分からなかった」んだ。
腐女子は性癖。
おれのフェチズムとかと同じ。
理解できないし、共感しあえないし、非難するべきでもないし、治りゃしない。

昔の話だと、
某テレビディレクター(変態性癖)の秘蔵ビデオに、
「美しい奥入瀬の渓流に、延々とパンストが流れてくる一時間」
というものがあって、殆どの人が爆笑する中、
僕だけはそれ見てみたいと思ってたことと同じさ。

過剰な腐女子を見たら、
気分を害したり、分析しようとしたりするのではなく、
見なかったふりをすればいいんだね!
やっと基本スタンスがわかったよ。
posted by おおおかとしひこ at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ、そういうことをしようとするのか

目的の理由。

登場人物には目的が必要だが、
実際のところもっと必要なのは、
何故その目的があるのかだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジタルは人を幸せにしない:僕たちは、欲しいものを正確に言えない

僕たちは、欲しいものを正確に言えない。

それが、僕が、
マーケティングとか、セグメント化とか、
クラスタリングとか、ビッグデータを信用しない理由だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

問題の中に、解決はある

「青い鳥」みたいなことだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

編集の本質的なふたつ

編集には、本質的に違う二つのつなぎがある。

A→Bとカットを繋ぐ場合、
AとBが連続しているという意味か、
時間的に飛んでいるかである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

表現とは、捨てることである2

続きの話をします。

多くの広告の仕事では、
色々言いたいし、どう言っていいか分からない1のようなものを、
2に噛み砕き、3へと昇華させることがメインの仕事なのだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実写化とは、何をすればよいのか

書道の練習法の話を知ったので、
前記事と合わせてタイムリーだなと思ったので議論しよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【風魔】なぜドラマ風魔は原作と違うのに風魔なのか?

何年も前に自分がやったことを、僕はうまく言葉に出来ない。
評論家ちゃんとやってくれ。
やってくれないので、自分で分析するしかない。

僕は「形式ではなく魂の一致」だと技術的に言っている。
もう少し突っ込むと、
「実はジャンプ的王道をやったこと」ではないかと考えている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

表現とは、捨てることである

なんてよく言われるよね。
「削ぎ落とす」でも「省略する」でもいい。
それが表現だ。

しかし具体的なもので議論しないと、抽象的すぎる。
具体例を仕入れたので、徹底的にやってみよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする