2016年04月30日

演技論:本気と演技の狭間

「演技 本気でするのか 本気のように見せるのか」
というキーワード検索で来た人がいた。
根本的な問いで面白いので、議論しよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不安を口にしよう

現実世界ではいざ知らず、
物語のなかでは、
不安を口にするとよい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

算数の時間です。

テラフォーマーズの制作費は、15億。
ドラマ風魔の制作費は1.3億。

つまり、テラフォーマーズは、風魔11.5本分。
風魔150話つくれます。

ちなみに、実写進撃の巨人の制作費は、前後編あわせて36億。
進撃は、風魔27.7本分。
風魔360話つくれます。

勿論、収益回収のビジネスモデルが違うので、
単純比較は意味がないかも知れません。


もし聖剣戦争編が同じく13話としましょう。
1.5倍は予算が欲しいとします。
だとしても、テラフォーマーズの1/7.7の予算でつくれます。
テラフォーマーズの上映時間は109分なので、
テラフォーマーズ14分ぶんと等価だと分かります。

結論: 俺 に よ こ せ 。
posted by おおおかとしひこ at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

いいタイトルとは、パンチラである

タイトルから本質が少し見えること。
それにおおっと思うこと。
全貌は見えないので、少しばかり立ち止まって想像したくなること。

なおかつ、全部見終わってから、
最初のパンチラは、なんと絶妙に隠し、
しかも見せていたかを味わえること。


例はたくさんあるけど、一個だけ。
「水の中のナイフ」。
こんなにドキドキするタイトルは滅多にない。
(映画自体は秀作どまり)
posted by おおおかとしひこ at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シーンという単独要素は存在しない

覚えたての言葉は、使いたがるものだ。
シーンという言葉は特に映画っぽくていい。

どういうシーンか?
このシーンはあのシーンを思い起こさせるのである、
あのシーンはこのシーンを下敷きに…なとなど、
つい知った風なことを言いたがる。

僕はあまりシーンという言葉を使ってこなかった。
それは、シーンというものは単独では存在せず、
必ず焦点とペアで存在するからで、
しかも「どこでやるか」なんて適当でよくて、
「何が今問題か 」のほうが遥かに重要だからだ。

セックスみたいなものだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

ネタバレ

CMでよくある。
「なるべく早く商品やロゴを出したい。
早くから出てないと無視される」
という、広告主の不安。

これを払拭する理由を思いついた。
「それはネタバレになるから止めるべきです」だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何故だめな邦題が作られるのか

コピーのセンスに優れた人が、
配給元にいなくなったから、
という見も蓋もないのは置いといて。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

初心者用まとめ

大岡式まとめにこぼれた、特に初心者向けの記事をまとめてみました。

もうほんと初心者の人は、どこからやっていいか分からないでしょう。
大岡式まとめにちょっとついてけなかった人など、読んでみるとよいかも。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冒頭と落ちの構造3

さて、では冒頭と落ちがあれば、話は成立するのか。
実はそうではない。

むしろ、冒頭と落ち以外が充実して、はじめて話は成立する。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

言葉にならない感情

全ての文学は、この為にある。

言葉に出来るなら、言葉にすればいい。
しかし日本語の全てを使っても表現できない、
いわく言いがたい感情こそが、
物語の存在意義なのだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする