2016年05月31日

バカと天才と普通を書き分けよう

作中の人間が全員バカの話は、詰まらない。

作中の人間が全員天才の話は、頭よすぎて詰まらないし、
行動に穴がないから千日手になりやすい。

作中の人間が全員普通なら、
出し抜く面白さや、うっかりの図抜けた面白さなど、描けない。

つまり、
お話には、バカと天才と普通が登場しなければならない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地獄めぐりのテンプレ

映画やその他の物語形式に必ずあるやつ。

「○○が知りたければ、△△の××をたずねろ」
→△△へ
門番「誰だい?」
「○○を知りたくて、××を探しています」
「ついてきな」
→異常な場所で繰り広げられる異常な光景
「この子、○○を知りたいってさ!」
「そうかい、私が××だ」
(略)
「○○○を知りたければ、△△△の×××をたずねな」
→以下ループ

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

王道過ぎることをいかに更新したか(ズートピア批評5)

テーマの選び方によってである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストーリーの良し悪しが判断つかないから、見た目の話しか出来ない?

最近ラーメンズの戯曲集を手に入れて、
一気読みをしている。
あれ?リアルタイムの時ほど面白くないぞ?
何故だ?
ラーメンズって、何が面白かったんだ?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日記】アクセス数倍増に、苦笑いする

最近の一日のアクセス数は、
2000PV、300UUペースなんですが、
きのう月曜はファイアパンチの過去記事がガツッと伸びて、
ついでに火に油を注ぐ記事も追加したので、
4000PV、800UUになってて、苦笑いするしかない。

なるほどねー。話題のことに噛みついてPV増やして、
アフィリエイトで稼げばいいのかー。検索トレンドチェックしなきゃー。
(昨日のペースなら月5万は行ける模様)
コツコツ書いてる意味を見失う、悪魔の囁きの話でした。

だからみんな金儲けに走って、価値のあることを見失うんだ。
リンクしあう社会では、
繋がる強迫症のほうが、ほんとの価値より優先されている。
posted by おおおかとしひこ at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

何故邦画の脚本力は落ちたのか

何度か書いている話題だけど、
まとめておく。
「人気原作の実写化じゃない限り、
制作費を集められなくなったから」だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目的のなさ(ファイアパンチのストーリーが何故詰まらないか)

7話でまたエグいことをしてきた今週のファイアパンチ。
しかし、衝撃の度合いを上げたとしても、
我々は最早ストーリーの行方には興味を失っている。

早く終わってもいいよ、エログロのネタが切れたらね。
つまり、ストーリーへの興味はなく、
そのエログロしか最早期待すべきものはない。

何故ファイアパンチのストーリーは、
2話以降詰まらないのか?
目的がないからや。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神バランス4(ズートピア批評4)

見ているときに思ったのは、
様々なバランスに目端が効いていること。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神バランス3(ズートピア批評3)

テーマは「多様性を確保することは、知性である」
だろうか。

ただ単に「多様性はいい」と盲目的に言うのではなく、
「偏見による悲劇を救うのは、
私たちが知性で多様性を認めるしかないのだ」
といったところに落とし込んだのがうまい。

(以下ネタバレ)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神バランス2(ズートピア批評2)

僕が何より驚いたのは、
エンドロール、監督が最初で、
次に脚本チーム、という順番である。
キャストがそのあとで、
アニメーションチームはそのあとだった。

これが素晴らしい映画を作るのに、
最適な人員の配置順だと思う。
なんだろ、
素晴らしいものを作るには、
この順番がベストだと分かってる奴らが作ってる感じ。

日本映画は?
キャスト→製作委員会→技術部(脚本はその中の一人)
→色々あって、〆は監督。
(よく日本の監督は、美味しい所を食い散らかされたあと、
最後の肛門扱いだと自虐する)

(以下ネタバレ)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

神バランス。(ズートピア批評)

日本映画は、100年差をつけられているのではないか。
日本でこれを越える邦画を見ることは、
俺が生きているうちはないかも知れない。

絶賛とともに絶望した。
あとで批評します。
とりあえず速報。
posted by おおおかとしひこ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

素晴らしい邦題

おもしろいの見つけたので貼っとく。
#原題よりも邦題が優れた映画
http://togetter.com/li/980674?page=3

みんなキャッチコピーになってる、いいタイトルばかり。


「The Martian」には、こういう仕事を期待されてた筈やぞ?
posted by おおおかとしひこ at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恥ずかしいニュース

キョンキョンに言われてんじゃねえよ。
http://www.asahi.com/articles/ASJ5R4482J5RUCFI005.html?ref=yahoo
「日本のエンターテインメントが、全体的に迷子になっている気がするんです。
作る人と見る人との間に大きな溝があるのでは」
(いや、勿論、小泉今日子さんは尊敬してますけど)

それぐらい、いまや制作サイドは落ちぶれたってことだ。
これを実力派Pが嘆いてニュースにならず、
「有名芸能人」が言ってニュースになる、
そのループ構造に腹がたつ。

本音でこう思っている役者は多いと思う。
僕はそこを反撃の狼煙としたいと考えている。
posted by おおおかとしひこ at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

願望を投影したいのか?感情移入なのか?

「こういうのが見たい」という欲望に答えることに、
僕はなんの意味もないと思っている。
サービスでやることはあるけれど。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

偏愛の理由

人は必ず何かを偏愛する。

全ての全てにあまねく愛を注ぐことはしない。
ちょっとしたひいきから、
異常なる偏愛まで。

その理由を探すことは、人間というものの真にせまる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デスゲームものが流行った理由

「ソウ」や「キューブ」みたいな密室ものから、
「ガンツ」「カイジ」(漫画版)みたいな、
オープンスペースのスケールの大きなものまで。

「主人公(たち)が何者かに拘束され、
死をかけたゲームに挑戦させられる。
逃げても負けても死。
この異常なシチュエーションのゲームに勝たねばならない」

というジャンルだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

転んだときに、どうするか2

前記事の続き。

転ぶまでは書けるが、
上手い起き上がり方を思いつかない人は、
そこで挫折してしまうのである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

転んだときに、どうするか

人生につまづいたり、転ぶことは辛いことだ。
リアル自分なら堪らない。
だけど映画は三人称。
だれか他の人の人生だ。

自分なら辛いことも、
他人なら見世物である。
「この人は、つまづいて諦めるの?
それとも、上手く立ち上がるの?」
後者が、物語になるのである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

構成力って何だろう

「複数の要素を、上手に配置できる」
ことではないかと考える。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

何故短編はバッドエンドが多いのか?

そっちのほうが楽だから。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「弱虫ペダル」ドラマ化だそうな。

山さん、僕に連絡がないのですが…。

ということはおいといて、
昔「シャカリキ!」を実写化したい、
と企画を出した者として、
考えうる問題点をさらっておこう。

このハードルをクリアしないと、
おそらく成功しない、
最大の問題点は何か?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

行けたら行く

まさか、
「行けたら行く」という台詞を書いたあと、
ホントに来るシーンを書く馬鹿はいないだろうか。

「へえ、来れたんだ、良かったね」
なんて恥の上塗りのリアクションを書いてやしないか。
だとしたら、
人間というものを何も知らないに等しい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストーリーは、目に見えない所に確かに存在する

この場合、
目に見えるところとは、
台詞とかト書きの、文字面の部分のことである。
言葉のチョイスとか言い方とかの、
表面的な部分は、勿論脚本家の腕の見せどころだが、
実際脚本家が書いているのは、
その奥に存在する、ストーリーという流れである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジタルは人を幸せにしない:目に見えないもの

ビッグデータとディープラーニングを組み合わせた、
コグニティブビジネスをIBMが大々的にやるという。
ワトソンなる人工知能が、
会話が出来るかのように振る舞わせている。
実際この会話は、
ある言葉に対して確率の高い返答を、
ビッグデータから返しているだけである。
アマゾンの関連商品検索アルゴリズムと似たようなもの。
(ただ返すよりはもう少しましなアルゴリズムにしてるだろう)
アルファ碁も、基本的には同じだ。
盤面を入力、ビッグデータから確度の高い手を出力とし、
ニューラルネットで曖昧な入力にも対応しているだけである。
(顔認識や指紋認証と同じアルゴリズム)
ディープラーニングだと、多層構造なので場合わけ学習がしやすいのだ。
(あ、ちなみに僕、京大工学部人工知能論の院卒です)

対話における、
係り結びや文脈やどんでん返しや、
ストーリーラインの結合や皮肉が、
あるわけではない。
つまり、人工知能はまだ意味や本質を理解するわけではない。


なぜなら、意味や本質というものは、
「その表面上に現れていない、
水面下に存在する」からである。

ビッグデータを処理する限り、
表面上のものは拾えるが、水面下に存在するものは拾えない。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

焦点は、具体的にせよ

焦点とは、まさに観客の注意がそこに向けられている、
その内容のことだ。

それは、「この先はどうなるのだろう」という抽象的なのは良くない。
ぼんやりすぎる。
具体的にせよ。
たとえば「犬に噛まれた!血が止まらない!死ぬ!」とかのようにだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

期待に答える

現実ではとても難しい。
何をどれだけ期待されるか把握することは、
勘みたいなものがいる。

失敗した記者会見は、期待を読みきれなかったことによるものだと考えると、
いかに期待を読みきることは難しいか分かるというものだ。

ところが、物語においては簡単だ。
焦点への誘導こそが、
物語のほとんど表面上やる全てのことだからだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

何故ファイアパンチは面白くならないのか(1-6話総評)

(10/17追記: いまだにヌートンさんから来る人が沢山いるので注記。
以下の批評は1話以降リアルタイムで書いていたものです。
トガタ登場以前の、サン、ユダ、ネネト登場あたりのパートの
つまらなさのことを書いています。
トガタ以降と以前でファイアパンチは別の漫画になっており、
それが決着したらまた批評をきちんとするかも知れません)


人肉食繋がりで、ファイアパンチ6話を終えた時点で、
纏めておきますか。
僕は今回で脱落するので。

何故ファイアパンチは、
いつまでたっても面白くならないのか?

(以下ネタバレ)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:44| Comment(39) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大自然は密室になる(塚本版「野火」評)

僕は原作も市川版も見たことないのだが、
我らが塚本晋也が、
太平洋戦争時の極限の人肉食について、
描くという。
戦争の狂気は、「地獄の黙示録」的だろうか。
塚本だからグロは避けまい。
それでなお「生きてこそ」のような崇高な部分へたどり着けるだろうか?

結果は、アクションのショボい「ランボー」ぐらいかな。

(以下ネタバレ)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

小道具を使いこなそう

小道具を物語の鍵に使ったり、
ポイントポイントで使えるようにしよう。

そうすると、説明の手間が省けるというものだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

どこまでが演出か

脚本家と演出家が違えば、
演出家のしたことは全て演出だが、
だからといって脚本に演出的要素がないわけではない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする