2016年07月19日

それはフェアか?

フェアかどうか。
それは人に好かれるかどうかとも関係している。

ベッキーが叩かれたのはフェアじゃなかったからだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワクワクは、不安と表裏一体

ワクワクするとはどういうことだろう。

物語はワクワクするべきだ。
僕は、「これから何が起こるか分からない」という、
不安と表裏一体ではないかと思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映像の企画の生まれ方

映画やドラマ、CMやPVの企画は、
どうやって生まれるのか整理してみる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

「すごい」は必要か

たとえば「この漫画が凄い!」なんてリストが、
漫画業界で流行ってきた。
これがどれだけ売上を変えてきたかについては、
よく知らないのでとりあえず置いておく。
(ステマ説もあるよね。
芥川賞、直木賞、土用のうなぎ。
これらは売れないものを売る、元祖ステマみたいなものではある)

さて、ストーリーに「凄い」は必要だろうか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

デジタルは人を幸せにしない: 動画文化の多動症

YouTubeなどの動画文化が盛んだけど、
みんな何を見てるのだろう。
バラエティー的なものか。
音楽的なものか(実はこれが多いのが音楽業界衰退の原因かも。
最近の人たちはYouTubeで一番音楽を聞いてるのでは?
たとえば人が集まる場で、YouTubeでリンクされてる音楽リストを流したり)。

スボーツ的なものやライブ的なものは、
ライブ性が重要だからあまり見られないかも。
過去のアーカイブなら見られるかも。

ストーリー的なものは、そのなかでの地位は低いような気がしている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

人間らしさとは何か

以前聞いた話で面白かったのは、
「人間らしさの定義は、時代によって変化している」
というものだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

50時間までに、9割が脱落する

絵師の話だそうだけど。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツァイガルニク効果2

この効果は、
人間には弱点があったほうが魅力的になる、
という議論と似ているかも知れないが混同しないこと。

注意したいのは、
ツァイガルニク効果は、
魅力的かどうかは置いといて、
価値がある素晴らしいものであるかは置いといて、
「記憶に残る」ことにしか関係しないということ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジタルは人を幸せにしない:相互監視社会

日本人は村八分の民族である。
江戸時代は村単位で八分が行われていたのだろう。
それは昭和まで続いた。
親戚一同、地域コミュニティ、会社ぐらいの単位が、
村の範囲だった。
人はその範囲、目の見える範囲で生きて死んだ。

ネットの発達によって、村が世界になってしまった。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツァイガルニク効果

ツァイガルニク効果
ツァイガルニク効果(ツァイガルニクこうか、Zeigarnik effect)は、人は達成できなかった事柄や中断している事柄のほうを、達成できた事柄よりもよく覚えているという現象。
(Wikiより)

つまり、きちんと落ちを着けた作品よりも、
未完のエヴァが気になり続けたり、
未回収の伏線が気になり続けたりする現象だ。
(うまくいかなかった恋愛の方が記憶に残ったり)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

【りょうさんへの回答箱】

続々と質問が来ており。
質問者以外も参考になってるかな?
自分が答えるつもりで考えてみるのも、勉強になるよ!

ということで、
「ピンチを脱する機転のアイデア」のトレーニング法。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【えいじさんへの回答箱】

板付きについて。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

【えんさんへの回答箱】

さっそくえんさんから質問箱に。
長くなりそうなので新記事で答えます。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっと考える以上の深い思考

前記事の議論をふまえて。

つまり、ストーリーを書くには、
「ちょっと考えたレベル」以上の深い思考がないと、
ダメだという逆の話。



続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

ネットネイティブ(ファイアパンチ総評:12話まで)

ずっと「ファイアパンチ」が、
「なんだか気になるのだけど、いつまでたっても面白くならない理由」
について考えていて、そのしっくりこなさ加減に説明がついた。

ネットネイティブ世代が週刊漫画をかくようになったからではないか、
というのが仮説だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作品が四層仕上げだとすると、シナリオは二層仕上げである

シナリオは、それで完成品ではない。
そのあとのスタッフワークで完成する。
ところが、その作品が面白いかどうかは、
九割ぐらいシナリオで決まってしまう。
(数字は人による)

作品は大きく四層仕上げだけど、
シナリオはその下二層を担当する。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

【いまさら聞けない質問箱】

「これは初心者すぎる質問では…」
「質問したいけど、そのトピックがないからどこに質問していいか分からない…」
「こんなこと聞いたら半年ROMれとか言われそう…」

そういう人はここへ質問してください!
最近上級内容が多くて、初心者おいてけぼりな気がします!
初心者が何がつまづくのか人によって違うので、
個別になら対応できるかも知れません!

聞くは一時の恥!


「質問者の名前 回答」
で検索すると、個別の質問への回答記事に飛べます。
posted by おおおかとしひこ at 12:37| Comment(57) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何故弱点があったほうが魅力的なのか

秘密の開示と関係があると考える。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

リライトでよく起こる問題

何をどう直すか。
リライトで難しいのはここだ。
今どうで、理想形はこうだ、というのがそもそも難しい。

現状認識があらゆる文脈から見て正しい保証もなく、
理想形が「こう」だとして、
(先日運動神経で議論したように)その通りになる保証もない。


もう少し現場レベルで起こりやすい問題について。
具体と抽象がごっちゃになること。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関心を拡大するのか、別の方向へねじるのか

ストーリーが始まった当初は、
とにかくひとつの焦点を発生させる。

それは、観客から見ると、関心の焦点といってもよい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇で得られる感覚と、現実で得られる感覚は違う

言葉にしにくいんだけど、
とりあえずクオリアという思考停止ワードを使わずに書いてみる。

我々の扱う、フィクションという、
三人称型の、台詞と行動で見せる、
台本のあるストーリーは、
現実ではない。
もう少し言うと、劇で得られる感覚というものは、
我々の現実感覚とは異なっている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

単独行動

物語はコンフリクトだ、なんて言いながら、
一人の時がないわけじゃない。

単独行動のとき、三人称型の物語では何をするか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:31| Comment(5) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運動神経と頭のよさの相関

ある程度だけれど、
運動神経のいいやつは、頭の回転もいいみたいだ。

運動神経が悪いとはどういうことか。
実はこれ、上手く話が書けない、
という純粋に頭のことと思われる問題に、酷似している。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

抽象思考の罠

抽象思考があまり出来ない人の会話を仕事で聞いてあきれたので、
ちょっと書いてみる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己批評との闘い方4

これは自分だけの現象と思わないこと。
批評力が鋭い人ほど、そのナイフを自分に向ける。
俺はいつも自分の刃を自分に突き付けながら、
脚本を書いたりしているわけである。

ところで、セルフコーチングの話。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジタルは人を幸せにしない:道具に使われるな

こんなのを知ったので。
http://taskeyu.me/?p=7858
こういう道具に使われる人になっちゃいけないよ、
という話。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己批評との闘い方3

そもそもの、あなたの批評能力はどうなっているだろうか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

物語の世界が現実と遠いほど面白い理由2

前記事の続き。

あなた自身のことを書くことは、
半分は独自の素晴らしい世界を築くことに役立つが、
半分は間違っている、という話。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

物語の世界が現実と遠いほど面白い理由

人はどうしてファンタジーが好きなのだろう。
あるいは、現実ベースでも、
何故物語の世界では、とんでもないことが起こる、
現実と似た全く別の原理が支配する世界なのだろう。

僕は、外国旅行が楽しい理由と同じではないか、
と考えている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日記】【天狗】のべ500UU突破!

好評連載中「てんぐ探偵」、二週ちょいで、
のべUU500名突破しました。
PVは900ほどですが、UUのほうが指標になるかと思います。
(3サイトで被ってる人もカウントするので、のべ表記)
ほとんどここからの流入組の模様。
愛読御礼感謝でございます。

今週末の第四話は、いよいよシンイチと大天狗の出会いの話。
気に入ったら拡散して、誰かにオススメを!
posted by おおおかとしひこ at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする