2016年08月31日

ドラマとドラマティックは違う

これを分離することは、なかなかに難しい。
素人じゃまず無理かも知れない。
ましてや脚本家初心者たるや。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮台真司のシンゴジラ批評に思うこと

宮台真司の評を貼っておく。

http://realsound.jp/movie/2016/08/post-2595_entry.html

ああ、僕がかの主人公に感じた気味悪さ、幼さは、
シンジが胎内にいる気持ち悪さと同等であったか。
気持ち悪いので深く考えなかったよ。

エディプスコンプレックスの物語は、
父殺しがクライマックスになる。
結末は母を妻にめとること。
ゴジラを倒しても父殺しにはならず、
だからカタルシスは起こらないのだね。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

設定はあとづけ

前記事の続き。

このやり方が分かってくると、
最初に設定を細かく決めることは、
足枷にしかならないことに気づくだろう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

クライマックスから逆算してみる

大体プロットが出来た、と思えるときにやってみると良い。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

意外な展開

展開部を書くことは本当に難しい。
僕もまだこれだ、という法則性を見出だした訳じゃない。

でも、順当な展開と、意外な展開を上手く混ぜればいい、
ぐらいの予測は出来る。
パーツに分解しよう。
意外な展開はどうすればいいか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

目的と個人的事情

どうしてその人は、そのような目的があるのか。
それは、その人に個人的な事情があるからだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

取材とは疑問することだ

○○とはなんだろう。
○と×の違いはなにか。
人に聞いてもいいし、グーグル先生に聞いてもいい。

それは、取材対象を理解することだ。
理解すれば、
頭のなかでリアリティーあるように想像を走り回らせることが出来るだろう。
逆に、リアリティーあるように頭のなかで走らせられるように、
取材する。
子供みたいに質問を繰り返して、頭のなかに住まわせるのである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

最初に学ぶべきは、三幕構成か?

脚本の入門書は、大抵三幕構成を学ぶものになっている。
たしかに書く側としてマスターすることは難しいし、
日本人には馴染みがないし、
シンプルな結論だから、
それさえマスターすれば何でも出来る魔法のような真理に見える。

だけど僕は、経験上、そのマスターなんて、
スタントマンにとって自転車に乗れるかどうか、
ぐらいのことでしかないと思っている。
自転車に乗れなきゃ始まらないか、
その先の沢山のことを出来なきゃいけないか、
でいうと後者だと思っている。

つまり、三幕構成から始める前に、
もっと大事な何かから始めたほうがいいのではないか、
とすら考えている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

【すーざんさんへの回答箱2】「ジョニーマッドドッグ」はVRだ

ということで、見たので解説をしてみます。
結論から言うと、シンゴジラを僕が何故否定するか、
ということに収斂します。
結構だいじな話なので、ジョニーマッドドッグを見てない人もご覧ください。
(多少のネタバレはありますが、そこはあまり重要でないと判断します)

> アフリカの少年兵の無軌道さを描いた「ジョニー・マッド・ドッグ」という映画を観て思ったのですが、この映画は三幕構成がはっきりしていないのにも関わらず、面白かったです。三幕構成かと言われればそうでもない、でも面白い。という“例外”はあるのでしょうか。もしあるとすれば、“例外”にも関わらず面白いのはなぜなのでしょうか。(人間が描けているから、だとは思いますが)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

感情のシンクロ

感情移入について深く掘ってみよう。

感情移入は面白げなシチュエーションを描くだけで起こるか?
否だ。
プラス、その人の感情を描くことが必要だと思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする