2016年09月30日

膨らませること

てんぐ探偵十六話「涙目は、炭酸のせいにした」は、
もともとCM(3分ぐらいのWebムービー)の形をしていた。

その元原稿と比較することで、「構造」の話をしてみたい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「あ」という言葉のニュアンス

Superflyの「Ah」という曲を知った。
なんと全編歌詞「Ah」というとても実験的な曲だ。

さて実験だ。
「Ah」でどれだけの種類のニュアンスを伝えられるか、想像してほしい。
答えは動画検索すれば出てくる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆に台詞だけで説明してみよう

一方的な説明台詞でもいい、会話形式にしてもいい。

たとえば、雪を見たことない人に、
雪を説明するのを、台詞だけで書いてみたまえ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

極限まで台詞を削ってみよう

一種のトレーニング法。
すでにある脚本でよい。

マックス台詞を削るには、どうすればいいかを、
実際にやってみるといい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

下書きをしよう

デジタルになって忘れられつつあるやり方に、
下書きと清書、という段取りがある。
(昔の業界は、ラフと清刷りなんて言葉があったものだ)

僕は必ず下書きをする。
それから清書に取りかかる。
第一稿だろうが何稿だろうがだ。

それは、
下書きはアイデアをとにかく出すこと、
清書はそれをうまく整えること、
と、別の役割があるからである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

邦画は末期か

ジョジョが実写化?
どんな泥船だ?
率いるのは火星ゴキブリの三池。
良くてるろうに、悪くて進撃、寄生獣か。

伊勢谷が承太郎と聞いて、実写版力石を思い出す。
そこだけが救いか。
スタンドは全部野村萬斎がやればいいんじゃね?

映画が芸能人隠し芸大会に負ける。
なんのための映画だろうか?


一番腹が立ったのは、ジョジョのテーマを「人間讃歌」と書いた記事だ。
それはツェペリやろ。城田純に投げられてこい。
posted by おおおかとしひこ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日記】そういえば俺大林宣彦好きだったわ

先日「君の名は。」の話を後輩としていて、岩井俊二の話にもなって、
そういえばその大元は大林宣彦の、尾道三部作だよなあという話をしていた。
僕は「時かけ」に小学校高学年で会っている。
当時のBOMBで原田知世のグラビアも見た。スクール水着だったと思う。
もちろん恋をした。

思春期の多感な頃のジュブナイル。
地方の瑞々しい風景と制服の高校生。たぶん、夏。
それがちょっとした超能力やタイムスリップ的な不思議なことが起こる。
うまく行かない日常が、それでキラキラする。
結末はひとつ大人になること。思春期時代と別れること。
ついでに、ちょっと変わった部活があること。

尾道三部作、岩井俊二の「打ち上げ花火」「ラブレター」「花とアリス」、
そして「君の名は。」(部活じゃなくて巫女だったけど)
僕はそういうものが、そもそも好きだったわ。
「世界の中心で、愛をさけぶ」「いま、会いに行きます」も同じ匂いあるよね。

で、そういうものが詰まったのが、
「涙目は、炭酸のせいにした」(てんぐ探偵16話、今週金曜)
だったと昨日突然気づいた。
棒高跳び、いいよね。

思い出話からステマになってしまったが、
次回はてんぐ探偵でも一二を争う傑作の一本です。おたのしみに。
posted by おおおかとしひこ at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その思いつきは、神か悪魔か

突然来るヒラメキは、
どうやって来るのか、何故来るのか、
人類はまだ解明していない。

しかし我々にとってのヒラメキは、生命線のひとつである。
どうやったらヒラメキが訪れるかは分からないから、
それは研究のしようがない。(経験則はいくつかあるが)

むしろ我々にとって問題なのは、
そのヒラメキがいいヒラメキなのか、悪いヒラメキなのかを、
見極められるかという問題だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

【風魔】なにやら風魔関連のアクセスがのびてるので

「風魔2銀の一族(仮)」のワンシーンの台本が出てくる、
「てんぐ探偵」第15話「美人は得か」に誘導してみるテスト。
http://ncode.syosetu.com/n0683dj/15/
ああ、ああいうシーンを聖剣戦争の前夜に作りたい。

トップページにもリンクがあります。
面白かったらひろめてね。

思い出したように呟いていてくれる皆さん、ありがとうございます。
語り継ぐその中に、風魔はいるのだ。
posted by おおおかとしひこ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同時性の整理

ものすごい当たり前なんだけど、意外と気づいていないこと。

シナリオは、どう頑張っても、
ある行のあとに次の行がある。
まあ文章というものはそもそも、そういうものだ。

何が言いたいかというと、
シナリオ(文章)は、同時に起こることを記述出来ない。

逆に言うと、「必ず順番になるように、整理されている」ということだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする