2016年11月30日

デスゲーム2: 何回死の危険が?

映画をデスゲームだと考えると、
死の危険が何回あるべきか気になってくる。

二時間映画では、おおよそ6回だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

是枝氏の発言に反論してみる

ネットニュースの範囲だから、
引用によって氏の意図が曲げられている可能性もあるけど、
「君の名は。」のヒットに対して、
「『君の名は。』は、当たる要素がてんこ盛り。これ限らず、女子高生とタイムスリップという題材からはそろそろ離れないといけない」
と発言したのだそうだ。

いやいやいや。要素だけでヒットするのが映画かい?
その分析は浅くないかい?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画ってのは、デスゲームだ

また極論をしてみる。

何故映画が面白いのか。
それはデスゲームだからだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

下手くそなキャッチコピー

あ、○○。
あ!○○。
えっ、○○。
さあ、○○。
○○ということ。

○○には商品名などが入ります。
何故下手くそかというと、
何も言ってないからである。
アテンションと商品名の組み合わせに過ぎないからだ。
つまり、IQが低い。

「あ!小林製薬」は、その代表である。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シーン尻を、一発で決めろ

最後の印象が一番強い。
ラストシーンやクライマックスのことを思い出すといい。

これはシーン単位でも同様である。
シーン尻が一発で決まっているシーンは、
それが強く印象に残る。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

ルーザーズトーナメント

ダブルエリミネーションともいう。

よく格ゲーの大会で行われるトーナメント方式だ。
一発勝負のフロックを防止するために行われることがある。

多分あまり知られていないだろうから、
面白い考え方なので紹介してみる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下手くそなカット割り

カット割り(モンタージュ)を覚えたての人がやりがちなこと。

拳を握るアップで決意を表現。
踏み出す一歩で勇気や決断を表現。
震える拳で怒りを表現。
机をトントン叩く手のアップで、退屈やイライラを表現。

手や足は口ほどにものを言うが、
僕はこうしたバーツのアップで感情を表現するのは、
ダサくて下手だと考える。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

翻訳は、原理的にうまく行かない

表現に携わる我々なら、理解できるだろう。

何故なら、強い表現とは短く表現されるものであるべきであり、
それは、各言語によって異なるからである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

筆の勢いのまま、どこまで書けるか

自分の体力測定みたいなこと。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジタルは人を幸せにしない:身の丈を越えたとき

デジタルに限らず、テクノロジー全般に言えることなのかも知れないが。

身の丈を越えた技術は、
制御しきれないので廃れる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする