2017年01月31日

ボトムポイントからの脱出

ボトムポイントに限らず、
ピンチからの脱出には、
困ったシチュエーション(ときに絶体絶命)と、
脱出法がペアで存在する。
その脱出法に、アイデアがあればあるほど、
話は面白くなる。

誰でも思いつく解決をしても平凡だからだ。
(難しすぎる解決は、正しいとしてもよく理解されないだろう。
ピタゴラスの定理は使えても、ベルヌーイの定理は使えないだろう)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

ボトムポイントは、自分の内面と向き合うことになる

ブレイクシュナイダーが「死の予感」とBS2で定義している、
ミッドポイントと第二ターニングポイントの間に来る、
一番沈んだ部分。

第二ターニングポイントが
「光明を見出して最後のチャンスに賭ける決意」
だとすると、その夜明け前の最も暗い部分がこのパートに来ることが多い。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【PC日記】カタナ式改造計画

カタナ式の話ばかりですいません。
更なるアイデアを思いつき、今テスト中です。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

【PC日記】カタナ式、考えながらだと2000字/h

ぐらいの模様。
前記事はためしにカタナ式使って書いてみた。
つまりほぼ一時間かけて書いてみたわけです。

「自販機の霊」の小話は既にプロットがあったけど、
文章自体は新作。
説明を考えながら書いてるわけで、
そのペースだと2000字/hぐらいか。
(写すだけなら3000字/hなので、
1/3時間考えに使っているわけですな)
原稿用紙5枚。実用レベルだと思います。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

話の構造の具体例2

俳優のワークショップ用に書いた、次の原稿を例にとる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

【PC日記】カタナ式、準二級レベル也

10分限定でやってみました。
433字/10分。
何十年も慣れたQWERTY(先日測ったら533/10分)に、
大分迫ってきた感じですかね。

ブラインドじゃなくてキーボードは見てます。
(それじゃ意味ないかも知れないが)
打ったことない単語(例:ギリシャ料理)とかが来ると、
極端に遅くなりますねえ。

左から右に流れる感じが、打ってて気持ちいい感じがしました。
縦書きじゃ関係ないけど、
横書きなら気持ちいいかも。

2600/1時間ペースなので、
一時間で6ページ半は打てる。
(考える時間をのぞく)
悪くないんじゃないかなあ。
しばらく慣れたら、また報告してみます。
posted by おおおかとしひこ at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

居心地わるい

物語の中では、ほとんど居心地が悪い。

何故なら、もしそこが居心地がいいのなら、
そこで落ち着いてしまい、話が終わってしまうからだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

【作品置き場】カタナ式ファミリー

カタナ式のバリエーションです。
インストールなどは前記事参照。

カタナ横式(横書き専用):カタナ横式.txt
十字カタナ(縦横両対応):十字カタナ(縦横両対応).txt
左カタナ(左利き用):左カタナ式.txt
です。

配列とマニュアル:カタナ式ファミリー.pdf
ご活用下さい。
posted by おおおかとしひこ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

話の構造の具体例

とりあえず適当に作ってみた、
次の例で議論してみる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品置き場】物語を書くためのキー配列「カタナ式」

カタナ式改訂しました。前バージョンの上位互換なので、
2とかニューとかつけず、ただのカタナ式として発表しなおします。
(以前のものは日記カテゴリに移します。結局「、」と「y」を入れ替えただけです)

カタナ式全貌.jpg


実用品は、その形が用途を意味しているべきなので、
わざわざ語らずとも意図を汲めるデザインにしました。
続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

反対する人が必ず出てくる

物語では、
何かをしようとしたら障害が現れる。
その障害を乗り越える過程(や結果やそもそもの前提)が、
ストーリーだといえる。

ところで、障害というと非人間であるイメージがあるので、
この専門用語はよろしくない。
障害は殆どの確率で人間だ。
要するに、
物語の中の登場人物は、
「何かをしようとしたら、反対する人が必ず出てくる」
のである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

名選手、必ずしも名監督ならず

後輩と話していて、面白い事に気づく。

ダンサーだからと言って、必ずしも振付ができるわけじゃない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目的さえあればいいわけではない

詰まらない話の条件は、
目的のない主人公や登場人物である。
だから、ストーリーを教える人は、
「目的を持たせろ」と口酸っぱく言う。
(それがエセ評論家にも伝わるくらいポピュラーだ。
どんな話でも「この人物の目的が不明瞭」
なんて言えば、評論家の振りをすることも出来る)

しかし、ただ目的を持てばいいかというと、
そうでもない。
その目的に、観客の関心がなければならない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイデア出しとは、与条件を疑うこと

若手にちょっとアイデアを出してよ、
なんてプロデューサーがあとを立たない。
苦しい制約条件の中で藁をもすがるのだろう。

そういう人に限って、
条件を細かく指定してくる。
○○で△△で、□□を満たすアイデアをよろしく、と。
そういう人は、アイデアが何かを知らない素人だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【メンテ】最近スマホで見ると広告がうざい

みたいですね、このブログ。

ampprojectというのがGoogleで提唱されてて、
ノー広告の速いコンテンツページを作ろうとしてるみたい。
アフィリエイトサイトを駆逐しようとしてると。
(Googleのやり口からすると、
広告のない素晴らしいネット世界になって良かったなあ、
ってなったあとに、全てのampprojectページに広告が一斉に入るんじゃないかねえ)

リンク元も、ampproject経由が増えてきた。
どこでどうやって見るのかやり方までは分からんが、
スマートな見方を皆さんしてください。


僕はノーアフィリエイト宣言でボランティアやってます。
広告を入れてるのはSeesaa、と明言しておく。
広告のお陰で無料が保障されてるのは分かるけど、
広告も愛されてなんぼだと思うんだよな。
その広告キターと沸かない広告なんて、
80年代に育った僕は、意味がないと思っちゃう。
posted by おおおかとしひこ at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何故漫画原作ばかりなのか、最終

字しか書いていない脚本120ページよりも、
「○○主演で、○○万部売れてる原作の実写化」の一言で、
製作資金が集まるから。

つまり、資金提供者は、原作も映画も愛していない人だから。
資金提供者は、脚本から最終上がりを想像して、
どうやれば興行を成功させるか、方法論を持っていないから。

僕は、その資金提供者(たち)が、
脚本家や監督と会ってビジネスの話をしないなんて、
あり得ないと思う。
日本にその習慣はない。

映画を分かり、愛する資金提供者は、いないのか。
「分からないものに投資するより、分かるものに投資する」
ことが、現在の惨状を生んだのだ。
posted by おおおかとしひこ at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紙媒体と映画興行

原作の映画化をめぐるネットの議論のどこかで見たのだが、
「大体漫画の発売初週なんて本を手に取るだけで買わないし、
一方映画は初週興行で成績が決まるなんて変」
みたいな意見があって膝を打った。

紙媒体は、存在が永遠だ。
(僕らが生きている間ぐらいは持つ)
一方映画は、消えてなくなってしまうもの。
興行だって四週で終わるのがデフォルトである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

【PC日記】カタナ式、改訂します

ローンチしたばかりの改訂ですいません。
初期ロットだったということで。

改訂内容は以下です。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディテールを詰めていこう

嘘をつくのは物語の常套だが、
それは上手につかなければならない。

よく出てくる「死なない」ことのディテールを詰めてみよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

手書きで暴れて、清書で整える

人によるかも知れないけれど、
僕は手書きのほうが原始的なことばが出てくる。

自分の脳や身体に直結した物言いになる。
だから短いコピーを書くとき、
台詞を書くときは、絶対に手書きで一発目を書く。
筆が走ってるときは、
ト書きを飛ばして台詞だけ書いて、
あとで絵のことを書き添えるぐらいだ。

それを、パソコンに文字おこしするときに、
冷静になって整えている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

【PC日記】一時間マジ打ちした結果

カタナ式で実戦はじめてみました。
一時間マジ打ちして2000字ペース。
10分あたり333字。
3級あたりですかね。
QWERTYの6割ぐらいのペースなので、
まだまだ沢山言葉の関連と指の動きを無意識にしないと。

ほんとに実戦に使えるのかは、
自分で証明するしかない。
少なくとも、小指が痛くなるのはなくなりました。
肩が凝ったのは、慣れないからか、
慣れても肩凝りが起こるのかは不明。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目玉はあるか

興行という面から映画を考える。

企画興行には、必ず目玉がある。
その目玉をセッティングするのが、
(広い意味での)興行師の仕事だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

【PC日記】大岡式縦書き専用配列「カタナ式」公開

(カタナ式を改訂したので、以下は試作バージョンです)

以前から色々試していた、キーボードの再配列が形になりました。
名付けて「カタナ式」。
日本っぽい言葉で、かつホームポジションからすぐ打てて、
かつ「縦に持つイメージ」の命名としました。

こんな感じ。
カタナ式全貌.jpg

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2ちゃんには天才がいるねえ

2016年スレタイ大賞より。

デーモン小暮「フハハハハハお前な好きな作品を実写映画化してやろうか」


こういう揶揄を受けている時点で、
この流れは終わりに近づいていると、信じたいが。
posted by おおおかとしひこ at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

当社比

とても面白いアイデアを持ち込むと、
「面白いけどうちじゃそんな無茶は出来ない」という。
どうでもいいアイデアに改変させられて不満でも、
「うちでこんな凄いことをやるのは初めてだ」と興奮される。

あんたたちの内輪の話はどうだっていいんだ。

世界は、世界中のエンターテイメントの中で相対的な価値が決まる。
当社比2割増ししたって、トップの1割なら、
なんの意味もないんだよな。

自分史上最高かどうかはしらん。
世界史上最高を基準にするべきだ。

日本のドラマや映画は、未曾有の、
「当社比」でしかものごとを作らなくなってしまっている気がする。
posted by おおおかとしひこ at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

アイデアは制御できない

アイデアをたくさん出すのを日常にしている人、
つまり我々は分かっているけれど、
アイデアを出す経験をしてない人が分かってないこと。

「アイデアは思った方向に向かわない」ということ。

野球のピッチャーにたとえると、
どこに球が飛ぶか分からないのが、アイデアを出すことだ。
しかしアイデアを出さない人は、
針の穴を通せると思っている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

ほんとはどう思っているか、ほんとはどうしたいのか

人間というものは、
見た目に現れる表情や言葉や仕草と、
心の中は違うものである。

表面上に現れた言葉が常に正しいわけではない。
(「ただちに影響はない」は、
「長期的には壊滅的な影響を及ぼす蓋然性が高い」
を意味することもある。
「あなたがすき」は、
人質にした犯人に言えば、「殺してほしくない」の
意味のこともある)



続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知らない所に旅をして、知っていたことを思い出す

旅とか物語の共通点は、
こういうことじゃないかと思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

クロスオーバーは失敗する

古くは「マジンガーZ対デビルマン」なんて企画で、
僕はクロスオーバーという概念を知った。
ところで、クロスオーバーは失敗する。

なぜか。
キャラクターありきで、
ストーリーがないからである。

じゃあストーリーってどうやって作るんだって話だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「自分の期待したものと違う」という文句

まとめサイトで知って驚いたのだけど、
小説家が、そういう苦情が多いとツイートしたのが話題になったそうな。

お前の期待なんか知らんがな。
書いている人間の本音はそうだ。
でも読者はどれが良さそうかなんて、
読み終えるまで分からない。

間にたつべき宣伝部が、両者を結ぶ仕事をしてない証拠だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする