2017年02月08日

鉛筆の話

昨日美大出身の後輩と話してて知ったこと。
鉛筆には三大メーカーがあって、
同じHBでも書き味が違うこと。

ずっと三菱しか使ったことないので、
全く知らなかった。
(逆に何故三菱しか使ってなかったのかも不明)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【PC日記】カタナ式TIPS

色々やってて分かったこと。
続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

この感覚、わかる2

その新しい感覚は、どういう感覚?
それを一言で言えないから、
ストーリーとして表現するのである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この感覚、わかる

創作の目的なんて、
煎じ詰めればそういうことではないか?
自分だけがわかるこの感覚、
誰かわかるやつはいないか、という。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

【PC日記】カタナ式を共用パソコンで使ってみた結果

職場のPCに入れて使ってみた。
…キーボードが違うと、こうも打てないものか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローマ字の知識(雑談)

ついでにこんなページを見つけたので貼っておく。
http://green.adam.ne.jp/roomazi/kunreisiki.html
ローマ字はヘボン式が正式、と先入観で思っていた僕には、
衝撃的な内容だった。

だって今まで「し」はshi、「ち」はchiで打ってきたからだ。
頭の中の発音と表記は一致したいじゃない?
「お前は今までにタイプした文字の数を覚えているのか?」
随分無駄をしてきたのかねえ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジタルは人を幸せにしない:小泉くんの話

「ティ」をthiなんて、と怒っていたら、
中学の同級生小泉くんが、
英語の時間、「the」の読み方を知らなくて、
「トヘッ」ってみんなの前で読んだことを思い出した。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成田離婚の理由100

という課題を考えてみたので。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シーン構成表

プロットが出来たら、もういきなり原稿を書き出すか?
それも悪くない。「書きたい!」という衝動があるうちに書くと、
とても勢いのあるいい原稿が書ける。
しかし短編ならOKのこのやり方も、
長編では通用しにくい。
何故なら、どこかで勢いがなくなってきて、
書けなくなってしまうことが、まれによくあるからだ。

何故途中で書けなくなってしまうのか、
複数の原因の複合であることは、経験的にわかっている。

今回は、シーン構成表を作るススメ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

入力の小ネタ

一応脚本カテゴリにて。
「ティ」をthiで入力出来るんだって。
いつもtexiで打ってたよ。
なんだよhって。インド語かよ。
当然「ディ」はdhi。
ディレクターとか、すっげえ打ちにくかったんだよなあ。
ちなみに「トゥ」はtwuですってよ。
これでバック・トゥ・ザ・フューチャーもバッチリだね。

ローマ字入力の方、TIPSにどうぞ。
誰がこんなくそルール考えたんだまったく。


tyi、dyi、tyu(チュがあるからtxuかな)あたりにバインド出来ないか、
これからやり方調べますわ。
拡張ローマ字入力って、こうやって生まれていくのね。

(追記。やり方わかったので書いときます)
続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【PC日記】キーボードの話あれこれ

手が痛くなったのをきっかけに、
有楽町ビックカメラで色々キーボードを見てみることに。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品置き場】カタナ式ファミリー(翼版)

縦書き/右利き専用の「カタナ式」バリエーション版を、
v2(翼ホームポジション版)でもリリースしておきます。

横書き専用:カタナ横式(翼).txt
縦横両対応:十字カタナ(翼).txt
左利き専用:左カタナ(翼).txt

です。マニュアルはこちら:カタナ式ファミリー(翼).pdf
導入や使い方は、作品置き場の前記事参照のこと。
posted by おおおかとしひこ at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディテールの積み重ね(「ルーム」批評2)

この映画の脚本の巧みな部分は、
「ここで育った子供がいる」という嘘を、
ディテールで詰めきったところである。
具体は彼の台詞で示されるのだが、
その台詞を作ることがメインの仕事ではない。
「ここで育ったら、
物事をどのように認識していて、
どのようなことを永遠に知らないか」
という、「発想」を徹底的に詰めているところにある。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

【PC日記】ろくでなしブルース

という言葉をカタナ式で打ってみると、
主要六子音と五母音すべて使うことが判明。
しかも長音も使うし。
「ん」がないのが惜しいね。
ブラインドタッチの練習にどうぞ。
「ん」もYも入った、更に完璧な練習ワードを探さねば…
posted by おおおかとしひこ at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すべてはラストシーンだ(「ルーム」批評)

後輩の去年のベストと聞いて、未見だったのをようやく見れた。
いやあ、見事な傑作。

ミッドポイント手前、「世界」を初めて見るあたりの、
ものすごい興奮。
そして何より、ラストシーンの素晴らしさ。

(以下ネタバレ)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

設定の面白さだけで終わらない方法

世の中には、沢山の面白い設定が転がっている。
そして設定だけで妄想して、
どんなに面白いのだろうと考えることはとても面白い。
(アニメの設定集とか昔すごい好きだった)

しかし、設定倒れという現象がある。
その設定の面白さに、ストーリーが負けてしまうことを言う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【PC日記】カタナ式のひみつ(アルペジオ打鍵が多いこと)

カタナ式、使ってますか?

QWERTYに比べて、日本語がとても打ちやすい配列です。
マニュアルにも少し解説を書きましたが、
先行する行段系より優秀だと考えます。

そのひみつは、アルペジオ打鍵
(同手の隣同士の指を順に使う。
たとえば右人差し指→中指、薬指→中指など)
の多さにあると考えます。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

【作品置き場】物語を書くための配列「カタナ式」(v2:翼ホームポジション)

物語を書くための新しいキー配列、「カタナ式」(大岡俊彦作)の
v2をリリースします。

カタナ式翼.jpg

ホームポジションを新しく変更しました。
その形から、翼ホームポジションと命名しています。
(剣に翼の紋章のヨーロッパの貴族とか探したけど、
いなかった模様。笑)


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【PC日記】カタナ式v2、間もなくリリース

腱鞘炎?を越えながらたどり着いた境地。
日本語、とくに物語を入力することに特化したキー配列。
だいぶ練られてきましたよ。

今朝、その打鍵の気持ちよさの秘密に気づき、
それを元にマニュアルをまとめようと思っています。

アルペジオ打鍵という、キー入力の専門用語がキーワード。
子音と母音にアルペジオが頻出する、
気持ちいい配列になりました。
リリースは間もなく。
(先代カタナ式を使っていた人も、乗り換えやすい程度の変更です)
posted by おおおかとしひこ at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

概要と全体、そして概要

概要(数行〜400字)を書こう。
そして本文(全体)を書こう。
そうしたら、また概要を書こう。

最初の概要と、あとの概要は、大抵異なる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

ストーリーとは、不可思議に筋道を通すこと

世の中は不可思議なことに満ちている。
意味のわからないことがたくさんある。
そこにひとつの筋道が立ったとき、
それはストーリーになる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【PC日記】左手腱鞘炎か

カタナ式の改造に取りかかりつつ、
実戦(プロット書き)を大量にやってみました。
アルファベットを変えずに、句読点と記号の位置を変え、
ホームポジションをハの字に構える方法を採用。
二時間ほどやってみて、左手が腱鞘炎気味。
薬指と中指がしんどいかなあ。
左手のアルファベットを動かすことにしました。

実戦レベルの配列を目指してるので、
数時間楽できなきゃ意味がない。
逆に手が痛いのは無理のある運指だと分かるので、
楽な運指が見つけやすいぜ。
道具は弱者を基準に考える、という原則もあったなあ。
カタナ式v2を待て。

(追記: 同じ原稿をためしにQWERTYでも打ってみた。
指が浮いてて、左右に激しく動くことが分かる。
あと意外と手首も浮いてたり適当に運動してることがわかった。
同じ場所に固定せず、打つ指を限定しすぎないほうが、
かえって腱鞘炎を防げそうだ。
あとは単純にいいキーボードだと疲れないね)
posted by おおおかとしひこ at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする