2017年03月31日

二次元探索問題

リライトをするときに、
参考になる考え方がある。

大学理系の数学的授業(特に工学の実用設計)では
よく例題にあがるやつだが、世間ではあまり議論されていない。
この考え方を紹介しながら、
リライトがなぜうまくいかないのか、
ということを考えてみよう。

結論でいえば、
部分に目をとられて大きな部分を見失っているから、
ということなのだが。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カタナ式】引き切りと腱鞘炎と上中下段

腱鞘炎考、つづき。

上中下段と押し切り、引き切りの関係。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

【カタナ式】QWERTYのほうが腱鞘炎にキツイ

腱が痛いうちに、どういうのが負担がデカイのか、
ちょっと人体実験。
(癖になるらしいので、上腕が重くなる前にやめてますが)

QWERTYをブラインドタッチの標準運指で打つほうが、
腱鞘炎にはきついぞ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日記・雑談】バイバインのその後

僕は子供の頃リアルタイムでバイバインを見たので、
その恐怖がいまだ忘れられない。
今でも宇宙のどこかで、栗饅頭は10分に一回、2倍に増えている。

子供心に、乗数爆発の恐怖を叩き込まれた瞬間だった。
ハウリング(ポジティブフィードバック)や、
複利や金貸しが乗数爆発であることも、
大人になってから理解した。
つまり借金はバイバインである。
2が1.04とかなだけだ。

ところで、理系的な妄想をする。
バイバインは今どうしているか?
恒星になっている、と考える。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盛り上がりのリズム

音の話、さらに続き。

つまりストーリーは、平面ではなく、
音楽に似ている。
だから、盛り上がったり盛り下がったり、
というリズムが存在する。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

音で言うメリット

前の続き。

音で言うことで、
リライトのおかしな箇所を、炙り出すことがある。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口で言ってみる

大体脚「本」なんていうから、
七面倒くさくなるのだ。

映画は口で発声されるもので、
具体的な身体動作で表される、
一種の演劇である。

どこにも、文字は出ていないのである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日記】風魔が斜め上に実写化したんだから、プラモ狂四郎もいけるんじゃね?

というツィートを見かけた。

や ら せ ろ

斜め上にする天才がここにいるぞ?


あ、あと、「特撮ガガガ」もやりたいです。
あと色々あるけど、
オリジナルが一番やりたい。
posted by おおおかとしひこ at 00:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

なぜ「ところが」が必要なのか

そう思って、そう結論するだけでは、
なぜダメなのか。

それは、極論すれば人間の性質ではないだろうか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽を乗せてみる実験

こないだ短い映像を繋いだ時にやってみた、
面白い実験があるので紹介してみよう。

音楽のない、最初から最後まである素材
(たとえば短編シナリオでよい。
なければここの作品置き場にある)を用意したまえ。

で、その尺に近い音楽を複数用意したまえ。
それらの音楽を、そのBGMとしてかけるのだ。



続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする