2017年06月30日

オリジナリティーと発明

オリジナリティーを考えれば考えるほど、
わからなくなっていく。
自分のオリジナリティーはなんだろうか。
この作品のオリジナリティーは。
何をすればオリジナリティーになるのか。

こういうときは、何を一個発明しましたか?
と質問されたと思うといい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

展開とはなにか

このことについては、何度も書いている。
しかしまだ展開とはなにか、とらえられた気がしない。
面白そうなことが起こりそう、という前ふりは誰でも出来る。
それが落ちにうまくすとんと来るのは、そのうち半分以下が出来る。
間の展開もちゃんと練られているのは、さらに半分以下だろう。

それほど展開というのは難しい。

今回は、「要素を増やすのは展開ではない」
という視点から考えてみる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

【カタナ式】652文字/10分

二時間のコピー打鍵において、この記録をだしました。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジタルは人を幸せにしない: 使い回せないの?

これ最近よく聞く。

デジタルなんだから素材ばらして使い回せないの?って。
音楽、ナレーション、カット。

昔なら、もう一回作るしかないですね、
と更新していた。
だからお金が回り、仕事が発生し、スタッフはごはんを食べられ、
視聴者は新しいものに触れられ、新しいスタッフやキャストが出てきて、
つまりは新陳代謝のスピードが保たれていた。

使い回せないことはない。
新しく作るより安い。
しかし新陳代謝はなく、停止する。
日本は停止している。
使い回せないの?と聞くことで。
posted by おおおかとしひこ at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

TATEditorがさらに軽くなる方法

TATEditorがたまに重くて困っていた。
とくに文字がたくさんあるとき、ウィンドウの後半部分にいるとき、
結構重くなって、スクロールして表示文字を少なくして対処していた。
で、ネットをさまよっていたら、作者さんのコメント発見。

> 表示メニュー>「シンタックスハイライトの設定」で一番上の「Applying editing to the entry」を「Remove this entry」に変更してApplyをクリックを何回か繰り返して再起動すると軽くなると思います。

これやったら、劇的に軽くなった。最高。

エディタの軽重は、思考の伝達に致命的な問題をもたらす。
衛星中継の、0.5秒遅れるだけで会話がイライラするあの感じ。
あんなになっては意味がない。
逆に、私たちはミリ秒単位で、思考して表現しているのだなあ。

今のところワードを首にし、メイン原稿用紙として重宝している。
posted by おおおかとしひこ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

考え慣れすると、出来るようになること2

それが平凡なアイデアか、レアなアイデアかを、
分かるようになる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

考え慣れすると、出来るようになること

別解を出せるようになる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

段ボール二杯ぶん書け

僕はスパルタ主義である。
そもそもアイデアが湧いて出てこないような人は、
プロとして使い物にならない。
コンスタントにそこそこ面白くて、
時々ホームランをかっ飛ばさなきゃならない。

それよりも何よりも、沢山の失敗を経験してるかどうかが、
この記事の趣旨だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カタナ式】机の上の前滑り試案2

さらに工夫して、さらに良くなったシステム。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

ダラダラの反対は、白熱

話がダラダラしたり、トーンダウンすることがある。
多少は緩急つけるためだから良いとして、
トーンダウンのままずるずる行ってしまい、
どうやればいいか分からなくなるときがある。

白熱を、どうやって取り戻すのか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

共感の敵

共感の敵は、共感しないことだ。
だから問題だ。
共感する人としない人を二つに一瞬で分ける。
これが争いの原因だ。



続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

主観と客観と、ことば5

逆に、究極的に一人にしか向けていない表現を考えよう。
手紙である。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カタナ式】前滑りを机の上でやるための試案

高速カタナ式独特の「前滑り」(マニュアル参照)を実現するには、
膝上にキーボードを置くのがいい。
でもそれだけだとそのうち疲れてくる。
たとえば二時間はしんどい。
机の上でこれを実現する方法はないのか。

今のところの暫定案は、
左右の手を非対称の高さにする置き方だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その思いつきは、話を面白くするか?

閃いた!これでピリッとしなかったのが面白くなるぞ!
神が来たと思い、ストーリーを途中で改造するのは、
よくあることである。

しかしこれが改良になることもあれば、
改悪になることもある。
どっちも経験したことがあるだろう。
あれは改良だったのか改悪だったのか、
いまだに分からないこともあるだろう。
その基準はどこにあるのか?
どこで改良改悪を判断すべきだろう?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

奇抜なことをすれば勝ちか

奇抜なことは目立つ。
目立てば勝ちか。
そうではない。

奇抜なことで目立っておいて、
実はそこに王道が隠されていた、
というのが本物である。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

オリジナリティは自己模倣の積み重ねの結果

という仮説を立ててみる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【風魔】麗羅激突事件の真相

なんか鈴木記事が跳ねてるので燃料投下。
もう時効だから言います。

麗羅の柱激突、わたくしもスタッフも気づいておりませんでした。
撮影時、編集時、仕上げ時、オンエア時のときどれも。
竜魔の目線とボールのタイミングだけ見てました。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カタナ式】最近のhhkbチューニング

hhkbのセッティングをちょっと変えてみたのでメモ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

主観と客観と、ことば4

誤解の話。

主観という大阪弁を、
客観という標準語で表現する。
(この一連では、大阪弁はたとえである)
記号や約束事としての標準語を受け取った、
東北弁や沖縄弁や名古屋弁や、英語話者が、
それぞれの主観世界で再構築する。
それが表現である、というのがあらすじ。

このとき、どうしても起こることがある。
誤解が起こることである。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1秒1文字書ければ、脚本は4日で書ける

カタナ式の最新結果、1秒1文字のペース
(普通に考えながら書いていく)で、
とても単純に作業を見積もってみよう。

このペースだと、4日で映画脚本が書けちゃうよ。
そんなバカな。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

【カタナ式】678字/10分

前記事のオーディションの話は創作打鍵である。
思ったものを書いていく。
38分で2579字、678字/10分のレコードを出したので記録しておく。
(ワープロ検定的には、700字/10分の一級がみえてきた)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オーディションと資料探しの共通点

普通の人は、あまりオーディションをしたことはないかも知れない。
受けた人は、ちょっと多いかも知れない。
僕らの日常は、オーディションが毎月あるような生活である。
受けるのではなく、キャスティングする側のだ。

ところで、オーディション慣れ(選ぶ側)してる人と、
してない人がいる。
それは、ライターとしての資料探し、
ネタ探しに似ていると思った。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライターズ・ストレッチまとめ

今日もバリバリ書いたぜ。
5000字かな。原稿用紙でいうと12枚以上。
10000字なら、25枚ぐらいか。

あなたの指は、そのままだと腱鞘炎に近づいている。
沢山キーボードで打つ人のストレッチ、
大岡式まとめ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カタナ式】配列を変えたときに起こること

配列を変えたときに、
初期に(数日から二週間ぐらい)起こること
については、カタナ式v5やその前のマニュアルに詳しく書いたかと思う。

配列に慣れてきて、実用化できてきて、
そのあとに起こること。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

主観と客観とことば3

さらにつづき。
で、そもそも、実は、
ことばというものが、そのような道具に過ぎないのだ。
私たちの本当の気持ちは気持ちでしかなく、
ことばではない。
ことばはあくまで方便である。

もしあなたが「自分の気持ちをうまく表現できない」
で悩んでるのだとしたら、
「方便のための道具を沢山知らない」か、
「全ての道具を知ったとしても、ことばは気持ちと距離がある」
の、どっちかしかでないということだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主観と客観とことば2

つづき。
極論すれば、
大阪弁は主観(一人称)、
標準語は客観(三人称)。

で、標準語のような第二言語で、
大阪弁のようなことを表現したいとき。
もどかしい。表現したいことが、表現できない。


これは表現できるのだろうか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

ギリギリでいること

常に危険と隣り合わせで、
果たしてどうなるか分からない。
それな物語である。
安全圏でいる奴は、魅力がない。
死か生か、ギリギリのところに魅力はある。
それは人間の生き方でもいいし、
シチュエーションでも設定でもいい。
とにかく危険ランプが回りっぱなし、
それが物語だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そこに何人いて、それぞれ何を考えているのか

これは慣れないと難しい。
下手な人は、主人公以外を棒立ちにさせてしまう。
それは、一人(それは大抵自分)を書くので精一杯で、
誰かと誰かの絡みを書くことが話を書くことだ、
ということを忘れてしまうからである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

表現の基本:主観と客観と、ことば

以前、大阪弁の人が共通語のセリフを書くことの困難さについて述べた。

自分のほんとうの言葉は大阪弁(東京出身者以外は、
以下大阪弁を自分の国の言葉で置き換えてください)
にであるにもかかわらず、
表現は「外国語」でしなければいかないことの困難さ。
いっそ、英語で書くなら割り切って別物として
割り切れるのかもしれないけれど。

さて、この割り切りが、
主観と客観の話では、ややこしくなってくる。
主観=大阪弁
客観=標準語
のような対応関係が、実は横たわっていたりする。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

カフェで見た強者シリーズ

果たして他人はどういう入力をしてるのか。
これだけ色々な工夫をしてきたので、
たまにカフェにいる、変態的工夫の人がとても気になる。
小一時間捕まえて入力談義をしたいのだが、
いまいち勇気もないので、盗み見をするくらいだ。

本日の変態さんは…
マックスタンド氏。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする