2017年07月11日

【虚構】CIAが使う、生産性を下げる方法

アメリカ当局は秘密裏に諸外国の生産性を下げ、
アメリカを世界の競争で一位に立たせる裏工作をしている。

GHQが浸透させた「会議の仕方」で、
それは一定の成功を収めた。
しかしそれだけではなかった。
言語を表現しにくくすることで、生産性を下げることが出来る。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カタナ式】俺氏、QWERTYローマ字のブラインドを諦める

ほんまにこんな不自然な運指、みんなやってんの?
あほちゃう?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ心の声を使うのは反則なのか

モノローグとかボイスオーバーとかいうけど、
とにかく心の声を、映画では使わない。
(使ったとしても、オープニングやエンディングで、
わずかに使う程度)

なぜか。

「その人の心を推測して解釈すること」
そのものが、映画だからである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TATEditorのカーソル幅を変える方法

いまや俺のメインエディタTATEditor、
色々オプションがありすぎて、探すのが難しい。
とりあえずカーソル(正確にはキャレット)が細いのはカッコイイんだけど、
長文打ってるとカーソル位置を見失うことがあるので、
太くしたかった。

OSの設定からいじってもダメだということが判明。
(ワードではOSの設定が反映されるのに)
このエディタ内で独自設定をしている模様。
そのやり方。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

トリックスターまたは狂言回し

凄いやつらの濃密な中に、
突然関係ない一般人がなにかをやらかして、
均衡をやぶって話を展開させることがある。

これはトリックスターの一種である。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくあるダメな話

後輩がショートフィルムで出したプロット。
見事にメアリースー(ご都合主義の願望)に犯されている。
自主映画で散々見てきたパターンで、
それじゃダメだと思って俺はプロの世界に来たのだが、
ここもそうなりがちだということは、
来てみないと分からない事。

ということで見てみよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジタルは人を幸せにしない:デジカメのモニタ

ほぼ日の今日の糸井さんの話が面白かったので。
(明日の朝には消えちゃいます)

フィルムカメラをはじめて気づいたことは、
デジカメのような「モニタを見て確認する」がなくて、
どうなるか分からないところに突撃する面白さ、
というのがあること、
と僕は要約する。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

【カタナ式】フランス語キーボードを、フランス政府が糞と判断したそうな(7/10追記)

色々とキー配列について調べていたら、
約一年半前のニュースがヒットしたので、雑談。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カタナ式】そしてQWERTYと比較しよう

カタナ式はローマ字配列だ。
アルファベットと操作系キーの配置が違うだけで、
打ち込むべきアルファベットは同じである。
(「ん」単独キーがあったり、
促音拡張していたりと、微妙に違うけど)

たかが配置を変えただけで、
二時間近くの作業の平均打鍵スピードが、
3割増しになる、
というのが(現在の)カタナ式配列の結論だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カタナ式】巡航速度700字/10分ペース!

とある僕の小説6789文字のコピー打鍵
(既にある文章を打つ)のに、97分かかったので記録。
700字/10分という、ワープロ検定的に一級に到達。

以下詳細記録。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストーリーは、具体的でなければならない

ラブストーリーを書こう、
と思うのはいい。
しかし「ラブストーリー」はまだ抽象であり、
具体ではない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私たちは、きらきらしたものに弱い

おじさんはね、頑張ってる女子に弱い。
すぐ好きになっちゃう。
おばさんはその逆。頑張ってる男子に弱い。
すぐ好きになっちゃう。
だから、アイドルやジャニーズは物凄いビジネスになる。

物語は?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どの場面が好き?

自分の作品で、こういう問いをしてみよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「脚本が悪い」というのは、何が悪いのだろうか2

前記事で具体的にあげた「悪い箇所」は、
表面のことであることに、
気づかれたであろうか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

クリエイティブが金を生むのか、イミテイティブが金を生むのか

以前に、反対語辞典的には、
クリエイティブの反対語はイミテイティブである、
という話を書いた。

どちらが今金を生むのか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「脚本が悪い」というのは、何が悪いのだろうか

さあ考えよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行き過ぎたファンタジー、行き過ぎたバッドエンド

人は自分がきらいだ。

だから、
全く似てないものに逃げるか、
そんなフィクションにはリアリティーを感じないので、
徹底的にリアルなものにしか反応しなくなる。

前者は行き過ぎたファンタジー、
たとえばラノベみたいになる。
後者は行き過ぎたバッドエンドにしかならない。
いわゆる胸糞だ。

出発点は、自分がきらいすぎることかも知れない。
posted by おおおかとしひこ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

費用対効果を考えると、エンターテイメントは終わる

ネットで見た名もなき人の意見。
いい言葉だ。

逆に言うと、
エンターテイメントとは、
費用対効果を考えずにぶっこんだ中にしかない。
大いなる無駄のことを、娯楽というのだ。

どういう無駄をする?
今なにが面白い無駄?
これが企画である。
posted by おおおかとしひこ at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

図と地

カメラで撮るのが下手な人にアドバイス。
「人間は対象物(被写体)を見ているとき、背景は見ていない。
一方カメラは、被写体も背景も同様に写る。
したがってカメラで撮るときは、
被写体だけを見ているのではなく、
背景も同時にチェックして、
被写体と背景を同時にフレーム内で見てOKか見ること」

これの失敗のひとつが、
「その場にいなかったはずのものが背景に写り混んでいる、
心霊写真」だ。
被写体しか見てなかったので、背景など見ていなかったのだ。

つまり、人は、カメラにはできない、
図を地から分離する能力がある。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

屁理屈はなんにでもつく

とあるリメイク企画で聞いた話。
「かつて大ヒットしたこの企画なら、
今の技術でやれば最高のものができます!」
というのが説得の基本にあると思う。
それに対して、
「昔の企画だから古くて売れないのでは?」
と断ることがあるらしい。

新作を持ってったらヒットするかどうか未知数、
過去ヒットのリメイクを持ってったら過去のものと言われる。
どないせえっちゅうねん。

つまり、人は断るのが基本なんだと思うといい。
プレゼンとは、断る人を、首に縦に振らせること。
人に変化を及ぼすことが営業であり、
人の言うことをなにもできないくせにもって帰ってくるのは営業とは言わない。
posted by おおおかとしひこ at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

あなたは誰からも理解されないし、好かれない

創作のひとつの目的は、
誰かにわかってほしいこと、理解されたいこと、
好かれたいこと、尊敬してほしいこと、
などの隠れた欲望だ。

大体リア充は創作などしない。
そうでない人が、膨大な孤独の時間をつかう。
しかし覚えてほしいことは、
その隠れた目的は、満たされないと覚悟するべきだということ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

実際の文字数を体験しておく

二時間の脚本を、一度も書いたことのない人にオススメする練習法。

それは、どこかで仕入れた二時間の脚本を、
手で写したり、文字打ちしてみること。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ一行でわかるログラインを書くのか2

前回の議論を乱暴に要約すると、
「読まない人に読んでない状態で分析させるため」
ということになるわけである。

そんな馬鹿な。でもサマリーってそういうことかもしれない。
私たちとそうでない人の間の唯一の架け橋が、
その一行だということだ。

一方、私たちにとってのログラインをみておこう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

何故一行でわかるログラインを書くのか

わたしの仕事が難しくて理解できない、
バカな上司が判子を押しやすくするため、
と、会社論的に考えてみよう。

ていうか、
実際のハリウッドでのログラインは、
本当にそのために使う。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

弱点の克服には二種類ある

弱い部分が強くなるか、
強い部分で弱点を補完するかである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何を失敗してきたかを理解する

どんな習い事にも通ずるかも知れないけど。

いいとされるメソッドは、
沢山の失敗から編み出されたものだ。
だから、結果だけをマスターしても、
実は意味がない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カタナ式】トップスピード1090字/10分

これまでの測定は、
数時間の作業を想定していた。
いわゆる巡航速度だ。

じゃあ短期集中、
10分限定のトップスピードはどれくらいだろ、
とやってみた。
驚いた。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

部分と全体

部分から作るか、全体から作るか。
これはいつまでたっても我々を悩ます問題で、
しかも正解はない(と思う)。

しかし確実に失敗するやり方は、
沢山経験しておくべきだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アレンジを加えちゃうタイプ

何かをマスターするときに、
教科書やレシピを守ってきちんと最後までつくる人と、
自分なりにアレンジを加えちゃう人がいる。
僕は後者だ。

で、たぶん、そっちのタイプが、創作に向いてるという話。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする