2017年08月02日

表現とは、俺がこれがいいと思うものの提示

ウリ、と聞かれたときに、
キャストとか音楽とかロケ地とか言ってんじゃねえよ。

このドラマが、それが意味するこの価値観がウリだ。
それが響くかどうかで判断しやがれ。

観客だってそれが一番欲しいのに。
posted by おおおかとしひこ at 15:39| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

【カタナ式】カタナ式を移植するために必要な仕様

Macへのカタナ式の移植には何が必要か、調べ始めている。
というのも、僕のメインエディタTATEditorがMacに対応していることを知ってしまったからだ。
これは、マジでiPad購入する5秒前ではないか。
(アップルペン+フォトショもほしいぞ)

ということで、
Google日本語やATOKやかわせみ2の、
キーリマップ機能(ローマ字テーブル変更など)を調べ始めている。

しかし実際に出来るかどうかは、
一々インストールして試してみないと、
細かいところまで調べられないくさい。
ということで、カタナ式を動かすのに必要な仕様を一覧する。
もし○○のキーリマップ機能なら実装できるよ、
という情報があればください。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:28| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

揺れているほうが盛り上がる

この真意はなにか。
この人の価値はなにか。
一体なにをするつもりか。
この作品のテーマは、真の価値は。

それが揺れているほうが面白い。
注意するべきは、
「不定」と「揺れている」は違うということ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:28| Comment(2) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動機とは拘りのことである

何故主人公(や他のキャラクター)は、
そこまでそんなに強い思いがあるのだろう。

勿論、落ちたら死ぬみたいな、後ろに締め切りのあるよう状況で追い込めば、
強いとか弱いとか言ってられないかも知れない。

しかし、そうではない、その人の内部から沸々と沸き上がる、
その情熱の源泉はなんなのだろう。
それは、その人の心の中で解決していない何か、ではないか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:37| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手の話:タイピングは運動性依存症だ

手の話、つづき。

ここ半年でようやくブラインドタッチ(カタナ式に限る)
がちゃんと出来るようになったので、
自分を観察していて気づいたこと。

タイピング(ブラインドタッチ)は運動性記憶である。
これについては論を待たない。
運動ということは、依存症があるということ。
つまり、やめたときに禁断症状が出るということ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:46| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【風魔】死鏡剣で突然思い出したこと

映画スーパーマンで鏡の中に閉じ込められる、ってシーンがあってさ、
それが風魔死鏡剣の元ネタで…なんて話を誰かとしていて、
突然思い出したのでメモ。

風魔死鏡「剣」いうてんのに、剣使ってなくね?
最後に木刀で割ってるけど、メインの死鏡はサイキックやん。
サイキック+ただの木刀割りやん。
(しかも「風魔」って名乗るからには風魔の流儀のくせに、
誰も使うやつおらんやん)

だから僕12話で「死鏡を剣に乗せて闘う」って殺陣を作ったんすよ。
実は竜魔の殺陣初めてやれたの、俺12話だったし…
往年の風魔ファン、気づいてくれたかな。(笑)
posted by おおおかとしひこ at 00:03| Comment(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする