2017年09月30日

【カタナ式】俺氏、ついに指がしゃべる速度に到達!!!

タイプウェルにて、秒5.81打達成。
常用語68.86秒のSGランク。
総合成績SIランク。
常用語SG、カタカナA、漢字SJ、慣用句SJ。

QWERTYローマ字を30年使っても、
ブラインドタッチ出来ず、530字(変換後)/10分だったおれが、
カタナ式を開発して、
ブラインドタッチ出来るようになり、1090字(変換後)/10分を出すようになり、
タイプウェル135秒から、
68.9秒と、ほぼ倍のスピードを手に入れました。

速くて楽だという親指シフト(現ニコラ配列)の、
「指がしゃべる」速度のことを知りたくてここまで来ました。
(分速200カナが基準。ローマ字換算で分速340打。
つまり秒5.7打相当)

僕はキーボードが嫌いでした。
あんなに指が動くはずがない。
薬指も小指も自分の意志が伝わらない。
ペンや鉛筆こそ僕の一部で、僕のことばそのものだった。
キーボードは、どうやっても僕の肉体の一部にならなかった。
QWERTYローマ字のままではね。

だけど、カタナ式なら、キーボードは僕の一部になることが、
ここに証明できたというわけです。
その根本原理は、「人差し指と中指だけで打つ配列」ということ。
(右薬指、左親指も補助で使用)
今年の頭から開発して約10ヶ月。
その試行錯誤は、カタナ式カテゴリに記録しておきました。

さて、最新版カタナ式v8、高速カタナ式v2のマニュアルをまとめなきゃ。
カタナ式の集大成になりそうです。
指がしゃべる速度になったらどうなるか、
以後観察して、書いてみたいと思います。
posted by おおおかとしひこ at 15:38| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何故初心者の物語は演説になってしまうのか

ストーリーは間接主張であり、直接主張ではない。
そもそもストーリーは主張でない。
ストーリーが間接主張になるのは、
「それがここにある意味」が、主張のように見えるからだ。

そんなことを分かっていても、
どうしてか、
初心者の書くストーリーは、メアリースーを避けたとしても、
直接主張になりがちである。

なぜだろうか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:33| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

オープニング100、ラスト100の次にすること

オープニング100選、
ラストシーン100選が揃ったら、
次に何をする?
ミッドポイント100選?
ちがうね。

まずすることは、
「そのオープニングとラストを繋げる線を考える」
ことだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:53| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カタナ式】秒5.67打。

目標の5.7に、わずかに届かず。
続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:06| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

デジタルは人を幸せにしない:パワポを使うやつはバカだ

パワポで資料をまとめてくる人で、
まともな資料にあったことがない。

パワポを使うやつはバカだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:48| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ねじれの話、つづき

これがどうしてねじれになっているか、
うまく説明していなかったかもしれないので、補足。
詰まらない映画をつくったときの、反省会や浄化が進まないからである。

だめなプロデューサー:内容を監督や脚本家のせいにして、
自分は別の担保を探しに行くだけ

監督や脚本家:プロデューサーの言うことをきいて、
内心ダメだと思いながらも従ったせいで、内容が酷かったことを批判され、
なおかつあいつらはダメだったと烙印を押される

つまり、別々のものしか求めてなくて、
「いいものをつくる」螺旋が壊れている。
それがねじれだ。


なぜこれは面白くなかったのか。
どうして問題になってしまったのか。
どうすれば次は面白いものがつくれるのか。
何が一体面白いストーリーなのか。
次は何が面白いのか。

主役の人気のせいにするでもなく、
周囲のせいにするでもない、
まっとうなふつうの仕事のやり方が抜け落ちていると思う。

当然それには才能や技術がいる。
僕は、それをここである程度提供しているつもりだ。
それは業界をよくしたいからだ。
posted by おおおかとしひこ at 18:52| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

業界の構造のねじれを批判する

僕は映画は90%脚本で決まると考えている。
映画が物語である以上、
ビジュアルより出演者より、ストーリーやその結論を楽しむものだ。

しかし、ビジネスが成立するかどうかは、
脚本の出来ではなく、
出演者、原作などの担保で決まる。
それは、映画は借金して作るからである。
借金には担保が必要ということだ。

かつては、脚本がよいから、
金を引き出すために担保を揃えるのが、
プロデューサーの表向きの仕事だったと思う。
あくまでそれは表向きで、
裏方としては脚本を作っていたはずだ。

いま、担保だけ集めて脚本を開発していない、
担保集め係に、プロデューサーの価値が落ちている。

僕は監督だからプロデューサーのほんとうのことは分からない。
しかし外からみる限りは、
この人たちは担保集めしかやってない感じがする。
だって詰まらない映画を客に出して恥ずかしくないからだ。

内容は脚本家や監督に丸振りして、
自分は担保集めだけして、
そういうやり方だから、いつまでたっても邦画はよくならない。

本当にいい映画を作りたいプロデューサーも、
僕はどこかにいると信じている。
だからここで叫んでいるわけだ。

担保集めなんて、単なるカード集めじゃん。
カードの実力は本人の実力じゃない。
posted by おおおかとしひこ at 12:24| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実写化しかないのか?

アイズ実写化。
君の名は実写化。
実写化は企画じゃねえよ。
「実写化プロデューサー」以外、
もう映画プロデューサーはいないのか?

いたら出てこい。
俺がなんとかしてやる。
やりたい企画がたくさんあるんだ。
posted by おおおかとしひこ at 12:05| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラストシーン100選を作ってみよう

オープニング100選とは違う映画をセレクトしても構わない。

最高のラスト100をピックアップするといい。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:07| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

【カタナ式】タイプウェル、総合でプロフェッショナルランク突入

総合ついにSJに乗りました。
常用語SH、カタカナB、漢字SJ、慣用句SJ。
それぞれ、打/秒は、
5.56、4.96、5.29、5.28。

指がしゃべる速度5.7まで、あと少しだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:41| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画のオープニング100選を作ってみよう

オープニングはほんとに楽しいよね。
どんなクソ映画も、
オープニング3分まではマジカルな瞬間だ。

で、100個コレクションしてみよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:53| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

【カタナ式】hhkbのセッティングをまた変えた

何回変えるんだ。
でもしょうがない。少しずつ改良されている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:40| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しい娯楽はいくらでも作れる

原理上は。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:50| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大人になると、映画が詰まらなくなるのかなあ

だってある程度問題解決してきてるからね。
「ああ、それ?
ああしてこうしてああしたらいいんじゃない?」
って大体わかっちゃうからね。
「よくわかんないけど、
あれに似てるんだとしたら、
似たようなことをすればいい」と予測できるし。

人生経験の低い子供たちが、
「ああヤバいどうしよう!?」ってハラハラ出来るのかもね。

大人が楽しめる映画はねえのかよ。
女子供むけにマーケティングしすぎた結果がこれかよ。
NHK見てる方がまし、なんて、邦画界ははずかしくねえのか。
一級品の娯楽だと、僕は映画を思っていたのだが。

脚本って、その根幹だと思うんだよね。
posted by おおおかとしひこ at 12:28| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

ストーリーの出来の分類

最近ひどいストーリーに触れることが多く、
分類してみたくなった。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:35| Comment(3) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猿の群れの本能

更に前記事の続き。

つまり、私たちは、
群れに危険が迫ったときに、
正しい決断ができて、群れを救う人についていく、
猿の群れとしての本能が残っている。

物語とは、その疑似体験である。

つまり、
まずは群れにいるように錯覚させ、
次に群れに危機が迫り、
次に群れを救う人が出てきて惚れて、
最後には群れは救われて安心する。
そうすればよい。
posted by おおおかとしひこ at 12:49| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そういうときにそういうことする?

前記事の続き。
逆を考えてみるといい。

ダメな人を非難することばに、
「そういうときにそういうことする?」というのがあるよね。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:45| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

登場人物に、惚れさせなければならない

物語を見るとき、主人公やその他の人物に惚れることがある。
逆に、惚れられる人物を探すのが、
物語を見るときの醍醐味のようなものだ。

で。
あなたの作った物語の中の誰かが、
誰を惚れさせるのだろうか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:24| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カタナ式】最近のタイプウェル成績

常用語SH、カタカナB、漢字A、慣用句SJ。
総合Aで、もう少しでSのプロフェッショナルランクに。
(総合9万ポイントに対して、今89000)

やはりカタナ式は、カタカナが弱い。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:30| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ものづくりとは、コロンブスの卵をつくること

ものづくりは、
決まったものを毎回同じようにつくることではない。
生活必需品はそうかもしれない。
米や魚やその他のモノは、そうやって作り続けるかも知れない。

しかし私たちの作るものは、
新しくなくては意味がない。
それはちょうど、新しいコロンブスの卵を作ることに近い。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:06| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

永久不滅のレベル、人に出せるレベル、友達で見せ合うレベル

かつての日本映画やドラマやテレビやCMは、
永久不滅のレベルを目指していた。

それがどこか人前に出すギリギリのレベルに落ちてきて、
最近は友達で見せ合うレベルになってきている気がする。

志と予算の、両方のせいだと思う。
また、YouTubeなどで友達で見せ合うレベルの映像にたくさん触れているため、
逆に永久不滅レベルのことを知らずに、
友達レベルで映像を作ってしまうからだと思う。

イマジナリラインという言葉をしってるか。
客席の舞台の仕切りを意味するラインのことだ。

いま、客席も舞台もなくなってしまって、
素晴らしいものをちゃんと金かけて作り、
それにお金を出してみんなが大切にする、
という文化が、消えつつあるような気がする。

残るのは、友達で見せ合うレベルの映像やストーリーか?
なんだよ、中学の時みんなでマンガ描いてた昔に逆戻りかよ。

志は高く持て。
中学レベルのストーリーなんか書いてんじゃねえ。
posted by おおおかとしひこ at 14:53| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

【風魔】弱ペダ2撮影事故だって?

役者の顔にハイキック当ててしまう事故を起こした身としては、
身の千切れるような思いだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:16| Comment(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勘は、偶然ではない

勘をどういうものだと思うか。
よく知らない人ほど、偶然を引くオカルト的な力だと思っている。
10個のくじの中から、偶然当たりを引くのが勘だと。

しかし、
熟練者の判断の「勘」はそうではない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:55| Comment(2) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストーリーの逆は、羅列である

あらゆる要素が、関連しあって、
時間的に変化していくのをストーリーという。

逆から考えるとわかるかもしれない。
ストーリーの逆は、羅列だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:15| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カタナ式】指を広げるストレッチ2選

指が疲れたら、力を入れてグーパー20回くらいやると、
だいぶよくなる。

でもこれは、あくまで曲げ伸ばし方向の腱しか伸びない。
実は、「指を広げたり縮めたりする」腱があって、
それをストレッチすると、
曲げ伸ばし自体が楽になるよ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:55| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

【カタナ式】最近前腕が太くなってきた

カタナ式でブラインドタッチが出来るようになって、
嬉しくてやりすぎ、腱鞘炎を起こした。
一応治したけど、ストレッチしながらタイピング生活を続けている。
特に最近は「指がしゃべる」領域を目指して、
大量に高速タイピングしている。

で、気づいたんだけど、腕も指も、
太くなってきたっぽい。
筋トレか。

逆にキーボード打ちに適した筋トレメニューを、
考え出せるかもしれない。
千代の富士だって肩の脱臼癖治すために、
筋トレで補ったんだもんね。
posted by おおおかとしひこ at 22:35| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

かわいいだけじゃないのよ

歌の文句にありそうだが、
じゃあかわいい以外の○○とは何か。

これを考えることは、
「人間の魅力とはなにか」
を考えることだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:27| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テーマはいつできるか

らくださんの質問が、
コメント欄で答えるには勿体無いほど面白そうなので、
記事にしてみます。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:41| Comment(2) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カタナ式】秒5.56打

常用語、72秒切ってSHにランクアップ。
しかし、カタカナ語にやはり弱い。
日本語運指特化だから悪運指だらけだ。

下段の工夫がいきなり出るとは。
指がしゃべる秒5.7打まで、迫ってきた。
目標タイム70秒フラット。
posted by おおおかとしひこ at 00:21| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

【カタナ式】hhkbのセッティングをまた改良してみた

「下段キーに中段キーをつけてみる」
(中央の中段キーはそのまま。
端の中段キーを下段にもってくる)というアイデア。

逆付けしたスペースキーといい感じに段差が出来て、
下段キーより高くなる。親指シフトキーの高さのようだ。
同時押しがすごくしやすい。

おためしを。
以下、詳細。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:12| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする