2017年10月07日

【wordのTIPS】iTextからのコピーは「形式を選択して貼りつけ」で

僕は今文章はiTextで書いている。
タブレットであるサーフェス3でも、
軽くて堪らない。

で、その下書きをまるっとコピーして、
ワード上で整形する、という手順を踏んでいる。
pdf化したり、図表を入れたりするのは、
ワードの今までのノウハウや昔作ったファイルがあるからだ。

ところで、普通に文章をiTextからコピーすると、
見た目が揃わないことがある。
これを回避する方法。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:30| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おもしろくてかっこいい

風魔一話を改めてみると、
こういうギャップがあることがわかる。
(ていうか、10年たってようやく客観的に見れた)

ギャップは魅力の基本だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:37| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カタナ式】創作文4000字/h

先日の風小次実況一話は、カタナ式で書いた。
前に遡ったら、
v2:2000(自販機のショートフィルム)
v5:3000(夜は短しのこと)
という数字だったので、
高速カタナ式v2(未発表):4000(風小次実況)
というのは、カタナ式で倍に成長したといえる。

内容がスピードに影響してなくもないが、
指のスペックは、
半年程度でここまで上がったわけだ。

やってよかったカタナ式。
もうタイピングはこわくない。
こわいのは腱鞘炎だけ。
posted by おおおかとしひこ at 13:29| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界はやさしいのか、厳しいのか

世界はやさしい。それをベースにしたものを喜劇という。
世界はきびしい。それをベースにしたものを悲劇という。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:12| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

陽キャと陰キャを書き分けられるか

自分と似たサイドは書けても、
逆サイドはなかなか書けないよね。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:28| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【風魔】鶴見の電波塔

今日は仕事で横浜へ。鶴見を通過。
そうそう、10話の電波塔、
東京タワーだと思われてるけど、
設定上は白鳳学院の近くの電波塔。
調布ぐらいの町規模がイメージでした。

実際のロケ地は鶴見の電波塔です。
鶴見川の河川敷から撮影しました。
(調べると、三ツ池タワーの愛称があるらしい。
なんとtvkの電波塔で、我が家にはここからオンエア電波が来ていたのか。
不思議な巡り合わせ)
ロケ地巡りにどうぞ。誠士館(大倉山記念館)も近いしね。
足を伸ばせばコスモワールドもあるよ。

勿論二人が着地したあとは、屋上に作ったオープンセット。
予算がないから鉄骨はスチロール製。
二人が動くと微妙に揺れたりして。
posted by おおおかとしひこ at 11:42| Comment(4) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

#エア再小次、例の柱の影から見させていただきました。

当時ガラケーで、tvkの実況ちゃんねるを、
リロードしまくったのを思い出しました。
10レスまでしか画面に出なかったよね、iモード。
今や勝手に更新してくれて、
未来にいるんだなあという思い。
(そのあとMX組も見てた)

子供の頃、テレビが大好きでした。
次の日みんなでその真似をしあうのが、
何よりも楽しみでした。
今の子供はそういうことしないでしょうね。
テレビじゃなくてYouTubeにいっちゃったんだろうね。

でもなんか、子供の頃の、テレビが大好きだったときの記憶が甦ります。
みんなでぎゃあぎゃあ同じもの見て騒ぐしあわせ。
おれはそんなテレビドラマを作れて果報者だなあと。

実況ちゃんねるのレスは覚えてないけど、
賛否両論の空気からはじまって、
「あれ?これ面白いかも?」って空気に変わっていったのを、
なんだか覚えています。
一個だけ、AAで「伝説確定」ってのがあって、
ネタなのか本気なのか、どっちにしてもとても嬉しかった。

これ毎週やるのか。スマホの充電器必要だぞ。
posted by おおおかとしひこ at 23:40| Comment(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

改めて脚本とは何かを確認しよう【風魔論含む】

ドラマ風魔十周年記念につき、
いつもの脚本論はお休み気味です。

でもひとつだけ言いたい。
物語とはひとつの奇跡だ。
おれたちは、その奇跡を作る商売なんだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:49| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あ、間違えた

風魔のエア実況、つい日付のほうの10/3でやってしまいました。
水曜の曜日のほうに合わせるルールね。
ごめん。フライングで音声解説……!
(どうせ明日の夜は仕事でできなかったし)

タグは#エア再小次だそうですよ。
トレンドに入っちまえ……っ!
posted by おおおかとしひこ at 00:10| Comment(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

【風魔】実写ドラマ版「風魔の小次郎」十周年記念のご挨拶

当初の計画では、半年休んで聖剣戦争編(と反乱編ミックス)
やるつもり満々だったんですが、
世の中はままならぬものですねえ。

十年たってしまいました。
制作プロダクションはその後倒産しました。
鬼籍に入った人二人、
結婚した人数名、
引退した人数名。
制作委員会もあの一年で解散しています。
東宝さんは…弱ペダに夢中かもなあ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:00| Comment(6) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

なぜ後付けは失敗しがちなのか

書いてる途中に、その場での思いつきで、
後付け設定を足したりすることは、
まれによくあることだ。

しかし大抵これは失敗する。
その場しのぎとしては当座をしのげるが、
のちのち、矛盾を来すようになる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:02| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんやかんやあって、○○になった

プロットを考えているとき、
どうにも思いつかない展開がある。

そういうときは、
「なんやかんやあって、○○になった」
と、結果だけ書いておく。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:04| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

キャラクターが先か、ストーリーが先か

今のところ、多分こうだ。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:18| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脚本一本仕上げるのに、多分20万字は書く

120分、4万8000字の原稿を書くのに、
多分その4倍とか5倍は文字を書く。
リライト(推敲)でね。

それぐらい自分の原稿を直した経験ある?
ないのなら、まだ脚本というのものの、
入り口に立ってないよ。

第一稿なんて数ページも最終稿に残ればいいほうだぜ。
posted by おおおかとしひこ at 14:13| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カタナ式】指がしゃべる考3:手書きvsカタナ式

じゃあさ、指がしゃべる速度のタイピングに対して、
言葉を塊で出力する手書きは、
スピードにおいてどうなってるのか?
測定してみた。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:05| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カタナ式】指がしゃべる考2:書くこととは

僕は書くのが仕事だ。
しゃべることが仕事ではない。

しゃべることと書くことは、出力する器官が違うだけ?
いや。全く違うよ。

脚本家の有名なトレーニングに、
「喫茶店のおしゃべりを録音して文字起こしする」
というのがある。
それは二つのことを学ぶ。
1. リアルな言葉は机の上で考えるよりもよっぽど豊か。
2. リアルな言葉は、わりと支離滅裂。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:47| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カタナ式】指がしゃべる考:親指シフトでは、俺の指はしゃべらない

カタナ式で指がしゃべる速度に到達したので、
「指がしゃべる」元祖の親指シフト(現ニコラ配列)を触ってみることにした。

しかしたぶんこの配列では、俺の指はしゃべるところまで行かない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:43| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする