2017年11月30日

【雑談】そりゃネットがバカ発生器になる訳だ

ネット掲示板が昔から荒れるのは、
なぜかよく分かっていなかった。
もし中学生や高校生がネットに多くて、
以下の内容が正しけれは、
つまりそこに何が書いてあるか、そもそも半数が理解できていない可能性がある。

この二つの文の内容は同じか否か→中高生の読解力調査、正解率のあまりの低さに様々な声「これ本当なの?」
https://togetter.com/li/1176430

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:26| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

表現と作品は何が違うのか

前記事のカタナ式記事(打鍵感覚)は、
表現とはなにかに肉薄したと思うので、
配列のところは飛ばしても読むと面白いと思う。
なぜ人は言葉を発するのか、という根本に迫ったつもりだ。

さて、言葉を発する表現という行為がある。
それと、プロとしての作品はまるで違うものである。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:09| Comment(3) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【#エア再小次】其の九「誠士館は投了するか?」の巻

さて9話。
麗羅回だなんて言ってるやつはにわかだぜ。
これは陽炎回だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:26| Comment(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

【カタナ式】打鍵感覚

打鍵感覚は、多分人によって違う。
僕は以下のような手癖を持っていると思う。
何故ある配列が手にあっていて、
ある配列はしっくりこないか、
それは手の感覚に一致するかどうかじゃないかな。

ということで、自分の感覚を言葉にしてみる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:38| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

始まりについて考えることは、ラストについて考えること

思いついた!とオープニングから書き始めたって、
ラストにたどり着ける確率は低い。

実際のところ、
オープニングなんて最後に考える。
どうしてか。
ラストが決まらないと、オープニングなぞ書いても意味がないからだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:29| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カタナ式】拗音について考える

下駄配列の莫大な拗音表を見ていて気づいた。
今まで30年以上はキーボードで打ってきたし、
40年以上は手書きで書いてきた。
それだけ書いてもまだ使ってない拗音あるぜと。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:01| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カタパルト

話を加速させる装置。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:18| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

下駄配列図

配列のことなのでカタナ式カテゴリにて。
下駄配列の配列表をつくったのでアップしておく。
A4横いっぱいなので、プリントしてどっかに貼ってご活用ください。
新下駄始める人が多くて、いまさら(旧)下駄配列やる人いないだろうけど。

下駄配列表.pdf

表の見方:
続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:09| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

属性

キャラクターメイキングあるいは分析に使うときに、
非常に強力な武器ではある。
しかし使い方を誤ると薄っぺらいものになってしまう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:12| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カタナ式】親指エンターなかなかいいすね。

研究のために、下駄配列を相変わらず練習している。
まだまだ単語単位が多いので、
変換後のエンターが遠い。
で、作者氏の親指エンターを試してみたら、
確かに下駄配列との相性がすごくいい、
という話。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:32| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぶっ飛んだら、なかなか着地できない

尖ろう、ぶっ飛ぼう、誰もやってないことでオリジナリティーを。
若いときは誰もがそう思う。
いや、クリエイトの本質とは常にそれだ。
その力がない限り人類の進化はない。
つまりクリエイトとは、進化の原動力と等しい。

ところがだ。
ストーリーというものは、ただぶっ飛ぶだけではダメなのだ。
着地もしなければならない。
ここがストーリーというものが、生半可な才能では太刀打ち出来ないところだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:45| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

動機は設定から作られる(こともある)

僕は設定とストーリーを分けて考えている。
設定は動かないものであって、
ストーリーは動くものであると。

動くもの、ストーリーの原動力は、
登場人物の動機、
そして登場人物同士の動機の、異なり具合だ。

この動機はどこから来るのかというと、
ストーリーの発端からも来るし、
設定からも来るのである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:39| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リライトのときに失われがちなもの

「大事なことだから、ここでもう一度強調しておこう」と、
「言うまでもないことだから、言わないでおこう」。

リライトのとき文脈が変わると、
この二者がまるで逆の効果になってしまうことがある。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:04| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

絵になるということはどういうことか

たとえば今日、
黄葉した銀杏並木を走る、
白いマセラティを見た。
実に絵になる風景だ。

で、絵になるってどういうことか、という話。

僕は、色のことだと思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:54| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

ストーリーにではなく、設定に燃える

たとえば必殺技を真似したりする。
たとえば主人公の悲惨な境遇に自分がなったら、と夢想する。

これらは設定に燃えている現象であり、
ストーリーに燃えている現象ではない。

しかしそれは、感情移入の一部である。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:24| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それはストーリーじゃない、設定だ

ストーリーに無知な人を騙す言葉があったので。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:52| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

【カタナ式】活用形が(ほぼ)全てアルペジオ

調査の結果、なかなか興味深い結果で出たので、述べてみる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:55| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まあまあの危険

ストーリーの線は、
前に目的、後ろに危険があるものだ。
○○したいから行動したり発言するし、
△△が迫っているから(仕方なく)行動したり発言する。

後者の危険にはいろいろなものがある。
とくに、まあまあの危険を取り出して考えよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:20| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

削り方

削ることは難しい。
下手に削るとダメダメになる。

ダメな削り方と良い削り方。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:50| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

【#エア再小次】其の八「よみがえる聖剣伝説」の巻

前半と後半の折り返しです。
聖剣がついに登場。
あ、名オープニングはこれで見納めだよ!
来週からアレンジ版が来ちゃうぜ!
(それはそれでいいけどね)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:30| Comment(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

始めることは簡単に出来るが、終わらせることは難しい

オープニングのことと関連して。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:56| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最初は大体力むんだ

思い入れが強いほど、
一発目に書いたものは力んでいる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:33| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カタナ式】記号を小指で打つのは間違いだ

僕は薬指と小指が嫌いだ。
だから全ての音(50音、濁音、拗音、促音、撥音、句読点、長音)は、
人差し指中指で打つことにした。
(惜しくも右薬指は使うことになった)

でも、記号が残ってしまった。
これらは小指で打つのが、本当に正解か?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:10| Comment(2) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

JASRACに物申す

合ってるかどうかわからないけど、音楽の著作権をネットから引用。
@原盤印税(15%前後)
1,原盤制作者分13〜14%と
2,アーティスト分1〜2%の分配率が一般的

映画の場合を書いとく。
脚本印税:1.75%
監督印税:1.75%
(ただし一次興行:映画館興行収入は含まれず、
二次利用:DVDやテレビ放映の収入から)
ちなみに映画は、アーティスト=役者やカメラマンは0だ。

「作った人」の権利守りたいんなら、
音楽並みに我々のパーセンテージをあげるべきで、
寺銭掠め取ってる場合じゃねえだろ。
posted by おおおかとしひこ at 23:52| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中弛みは必ずある

中弛みをどう捌くか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:31| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

【カタナ式】巡航765字/10分に記録更新、そしてバージョンアップ予告

連日だいぶ打ちまくっております。
昨日の9000字に続き、今日も6000字写し書きして、
また巡航速度の記録更新をした次第。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:21| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

始まり方は、無限にある

どうしてオープニングはよく思いつくのに、
そのあとがうまく出てこないのか。

こう考えるといい。
オープニングはだれでも考えられるから。
そして、無限にあり得るから。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:41| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その「面白い」は点か線か

その脚本はほんとうに面白い?
どんな素人にでもわかる方法を教えてあげよう。

もし面白いと感じたポイントがあれば、
列挙してみるとよい。

それが、点の面白さなのか、線の面白さなのか、
チェックする。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:01| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カタナ式】下駄配列のアルペジオ研究

カタナ式は、よく使う言葉に片手アルペジオが頻出するように作った。
下駄配列にもわりとそういう傾向があるのに気づいた。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:14| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それを絵で示せ

台詞の中だけで言ってることを禁止しよう。

絵で示す。それが映画だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:01| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする