2018年03月31日

【薙刀式】両手の間でことばを転がす配列

飛鳥はぬるぬるつながる。
新下駄は1モーラ1アクション。
親指シフトは日本語のリズムで打つ。
(これは中途半端であることは前に示したが)
月は快速なロールオーバー。
新JISは徹底したシフト率の低さ。

一言で言える配列は、わかりやすく、浸透しやすい。
キャッチフレーズや二つ名の原理である。

薙刀式は、「両手の間でことばを転がす」配列
と、打鍵感を表現してみることにする。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:54| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

邦題を考えよう

映画の本質を考える訓練をしよう。

カタカナ邦題はクソだ。
我々は日本人であり、
物語に日本語の「ただしい」タイトルをつけられない時点で、
それを配給する資格などない。

「シェイプオブウォーター」
「バーフバリ/王の帰還」
の二本を例に考えよう。

書く者よ、シンキングタイム。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:21| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日記】ブログ5周年のごあいさつ

なんだかんだ5年もほとんど毎日書いてるって、
冷静に考えると頭おかしいですね。

最初はこれまでの蓄積を吐き出していました。
最近は、最近分かった新しいことを、
なるべく噛み砕いて書くようにしています。
出来たことも書くし、出来なかった理想を書くこともあります。
だから、全部自分が出来るわけじゃなかったり、
毎回全部出来るわけでもなかったり、
という、ハイレベルであることは確かですね。
整理することで、僕自身もちょっとずつ成長はしてるようで。

いい道具を求めて配列を自分で作るなんて、
ちょっと前では考えもしなかった。
結局、「書くとはどういうこと?」の探求という意味では、
大体同じところにいるんですけどね。

毎年やってる「脚本添削スペシャル」も、やりますよ。
締め切りは4末にでもする予定。


映画やドラマを巡る状況は、年々悪くなっていると思います。
それはひとえに脚本家のせいで、
脚本とは何かを理解しない周囲のせいでもあるとおもっています。
脚本にガワを求めるのは間違いだし、
ガワで中身を判断するのも間違いで。
そういう「要素の切り分け」について、
最近出来上がった短編について「プロの現場から」と称して、
連載でもしようと思っております。
posted by おおおかとしひこ at 14:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熟成する

(構成から始まった記事は、ちょいちょい寄り道しながらも、
ここまで一応続いています)


絵を考えるということは、
実際の原稿に片足をつっこみかかっているわけだ。
だからすでに登場人物はしゃべりだしているかもしれない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:38| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

周りを見ているかいないか2

ということで応用してみる。

まず最初に考えるべきことは、
「その登場人物の性を逆転できるか」だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:13| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

周りを見ているかいないか

男女論の雑談。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:25| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成長とは、精度があがること

そう考えるとわかりやすいかも知れない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:06| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

絵になる場面

構成ができた。
なんとなくストーリーが一本線になっている。
テーマが構成と一致している。
キャラクターも彫りを深め始めた。矛盾を抱えている魅力がでてきた。

これで大体ストーリーはできた、といえるのだろうか。
小説はできるかもしれないが、
ここは映画想定だ。
「絵になる場面」を考えよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:45| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

嘘をどう使うか

自分に嘘をついている。
他人に嘘をついている。
これは矛盾そのものだ。
矛盾だから、これは物語の種になるのだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:22| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】タイプウェル常用語A、総合Bに

またタイムアタックをはじめました。
ミリ秒設定を、待機50遅延0にすると、
同時打鍵のミスがなくて快適。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:29| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

矛盾と魅力

さらに続き。

たとえば「刑事」というキャラクターで考えてみよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:09| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

【菊右衛門さんへの回答箱2】年齢の表記

>年齢について。最初の登場では「フルネーム(年齢)」という形で表記するとのことですが、これをどう解釈すればよいのかがよく分かりません。「最初の登場」というのは、いわゆる第1話での最初の登場だけのことではないという理解でいいのでしょうか?

1話の最初の登場時に限ります。
花沢さんが2話で初登場なら、その初登場時でよいです。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:24| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【菊右衛門さんへの回答箱1】柱について

> 柱について。例えば、
>○(回想から戻って)ノイシュヴァンシュタイン城・ルートヴィヒ2世の寝室(日替・早朝)
> のように長くなってどうしても二行に渡ってしまう場合、どのように書けばいいのでしょうか? 台詞のように二行目は一文字空ける、などの特別なことが必要ですか?

一行に収めましょう。
色々なテクニックでかわします。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:16| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

登場人物の魅力の作り方

どうしたら、オリジナルでリアルな人間像が作れるのか。
「矛盾」を入れることだと僕は考えている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:35| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】hhkbのキーボードセッティング、最終形(?)

色々あって、これじゃね?というのが出来た、ような。

setting1.jpg
続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:30| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】カタカナ語という弱点の克服

大概のカナ配列は、カタカナ語が苦手なイメージがある。
日本語と英語やら外国語の音韻が全然違うからで、
特別な運指を要求されるからだ。

薙刀式も例に漏れず、カタカナ語が弱い。
なんでかなあと観察していると、
マイナー位置をよく使うからだ、ということが見えてくる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:10| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

【薙刀式】シフト+エンターの挙動

SandSで、スペースキーを押したままだとエンターが効かない。
これはDvorakJのバグか?と思っていたが、そうではなかった。

MS-IMEのプロパティで、
なぜかシフト+エンターが全部「-」と定義されていて、
実質無効化されていることに気づいた。なんじゃこりゃ。
ということで、シフト+エンターに「全確定」を割り振り解決。

連続シフトで確定を挟みたい時にどうぞ。
なぜかシフト+BSは入力確定前はBSが割り振られているので、
連続シフト中にBSは有効というちぐはぐさ。
これで解消!

マニュアルに乗せるレベルの知識でした。
posted by おおおかとしひこ at 21:53| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャラクターを詰めて行く

基本的に、構成の話から、割と順に書いていっている。
設定を詰めて、キャラクターを立てていく。
何のために。

リアリティのためと、オリジナリティのためだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:37| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

【薙刀式】巡航速度674文字/10分

少し速くなってきました。
コピー打鍵90分の平均。
一級のレベルまでもう少し。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:53| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【コギー犬さんへの回答箱】主人公の資格

>本を読んでシナリオの勉強していてわからないのですが。 主人公は変化しなければならないというのが鉄則といわれています。 しかし、日本の映画やアニメなどでは主人公は変化しないでただの観測者のようになっていて、後から現れるヒロイン的なポジションの人が変化をしている作品が多く見られます。 これはどういうことなのでしょうか?後から現れたヒロインが主人公なのでしょうか?よくわかりません

たいへんいい質問です。
しかし答えるのは、とても難しい質問になります。

簡単な答えとしては、
「そのような映画やアニメは三流である」
ということが言えるでしょう。
つまり三流がその辺に転がるのは、
日本の現在の脚本のレベルが低いことを示していて、
それが僕がここを書いてる理由の一つです。

以下、長いので、ちゃんと読むには時間がかかるでしょう。
覚悟の上、おつきあいください。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:56| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

【入力の話】配列のマスターにかかる時間の基準

経験上無理矢理主張してみる。
レベル1:大体指が覚える…一週間
レベル2:多少遅いかもだが普段使いできる…一ヶ月
レベル3:高速になる…三ヶ月

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:25| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

設定を作り出す

さらに続き。
ここまで設定はつくらない。
構成、テーマ、全体のストーリーができて、
ようやく設定だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:18| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

【薙刀式】最新のキーボードセッティング

もはや数週間に一回は変えてないか、
キーボードのセッティング。

今回は同時打鍵を20ミリ秒に大幅に抑えたことによる、
前滑り打法をよりやりやすくするためのセッティング。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:22| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

命名のタイミング

さて、バーフバリ1の批評が途中で入ってしまったが、
基本的には、構想に入ってから、
ストーリーが形をなしていく工程を追っているつもりである。

次にすることは、命名である。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:45| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

その周りに誰がいるか

続き。
分量を増やしていこうとするとき、
サブプロットを増やすのが良いと思う。
メインプロットの段取りを増やしていってもいいが、
単に段階が増えてつまらなくなるだけのような気もする。
縦に広げず、横に広げる、
という意味で、サブプロットの増減を考えにいれるといい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:39| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原始的であること(「バーフバリ1」評)

バーフバリ熱が冷めやらず、1を借りて見た。
2を先に見てしまったからか、
完全に答え合わせみたいになってしまい。

それでもバーフバリのヒロイズムは変わらない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 02:48| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

【薙刀式】親指シフトの長所はほとんど他の配列にもあるよ

親指シフト(ニコラ配列)使用者の感想や主張を、
色々調べている。
それにケチをつけてみたくてこの記事を書く。
あんたたちの言ってる親指シフトの「良さ」ってさ、
別の優秀なカナ配列でも実現してるよ?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:07| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文字数を見積もる

構成やカード法で全体が見えてきたら、
文字数を見積もって全体を眺めるとよい。
あなたの書こうとしている話は、
何万字?(何千字、何十万字でも以下は当てはまる)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:08| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

構成とカード法

構成ができたら、それを元に具体的な場面をかんがえる。
どこでのどういう場面なのか、
誰と誰の場面なのか。
それを構想して整理するのに、
カード法はとても有効だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:45| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

【薙刀式】同時打鍵のミリ秒20へ

同時打鍵のずれ許容のミリ秒設定に関しては、さんざん揺れている。
80→50→40→30→40あたりで安定していたが、
最近35、30を試していて、
20にしてみたら意外にも安定し始めた、という話。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:23| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする