2018年04月30日

【脚本添削SP2018】2 印象批評

応募作品全作(受け付け順)です。
読む順番はご自由に。

「故郷(ふるさと)のみやげ」故郷のみやげ.pdf
「僕の命はお前が守る」僕の命はお前が守る.pdf
「敗者へ贈る言葉」敗者へ贈る言葉.pdf
「カウントダウン―ある男の物語―」カウントダウン.pdf.pdf
「ニートの妖怪退治」ニートの妖怪退治.pdf.pdf
「おかえり疫病神」おかえり疫病神.pdf.pdf
「コウノトリか? ケッコンサギか?」コウノトリかケッコンサギか.pdf.pdf
「The Walker 旅路の果て」The Walker旅路の果て.pdf.pdf
「思春鬼」思春鬼.pdf
「救われた心臓」救われた心臓.pdf
「恋々自販機」恋々自販機.pdf

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:57| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

【脚本添削SP2018】1 タイトル

今年もやってまいりました、脚本添削スペシャル。
草の根運動ですが、
日本の脚本のレベルを上げられれば、
と考えてやっております。

今回の応募は7名12本です。
(2本追加しました)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:47| Comment(4) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【腱鞘炎対策】肉球のマッサージは首に効く

ずっと首の後ろの凝りに悩まされていたのだが、
発見してしまった。

肉球部分が疲れていると、首が凝るようだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:09| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

泣かせる天才か(「pk」評)

「ダンガル」「きっと、うまくいく」の評を見てると、
必ず出てくる「pk」なるタイトル。

全く内容が想像できないのだが、見てみた。
傑作だ。
どうしてこれほどの傑作が日本で知られていないのか、
配給とは何をする仕事か、厳しく問いたい。

あるいは、映画批評関係者は怠慢か。

ネタバレなしでしばらく続ける。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:22| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メアリースーと「うちの子たち」

メアリースー症候群の変形版の話。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:13| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【告知】脚本添削スペシャル2018募集中【4/27(金)締切】

今年もやります、脚本添削スペシャル。
以下、要項。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:00| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

【薙刀式最新】初のメジャーバージョンアップv6

GWに、新しい配列挑戦はいかが?

根本的に運指を見直す、という方針で改造しましたが、多くは元に戻りました。
下段、外側、左手が主な改造。半濁音小書き同時押し変更。
薙刀式v6配列図赤.jpg


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:48| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今全体を見てるのか、部分を見てるのか

リライトの時によくやってしまうのだが。

全体を見直そうとする時に、
部分が気になってしまい、
どんどんよれていってしまうこと。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:21| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【脚本添削スペシャル】本日24:00締め切りですよ!

誤字はチェックしたか?
最後の1ページは抜けてないか?

痛恨のミスなきよう、最後の一読は精読で!
pdfなりjpegなりの「最終状態」で確認しよう!

pdf変換の時に文字化けすることも、稀によくあるぞ!
(そこだけフォントを変えたりすると直るかも。対症療法だが)


では健闘を祈る!
GW中には連載するかも。
posted by おおおかとしひこ at 12:10| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Nobody is perfect

名作「お熱いのがお好き」(ビリーワイルダー)
のラストで知られるこのセリフ。
時々人生の重要なところで思い出すようにしている。

完璧なんてない。
こっちがせっかく完璧をつくっても、誰かが崩してしまうこともある。

すべてがうまくいくことはこの世界にはない、
と考えることは、完璧なる神に帰依する思考停止の安楽法かもしれないが。
しかしこういう人生の観察は、物語に使えるというわけなのだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:29| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする