2018年05月31日

【薙刀式】指が喋ることの弱点

僕は薙刀式のおかげで、
すっかり「指が喋る速度(分速200カナ以上)」になり、
部分的には音声や脳内発声よりも全然速く入力する力を手に入れた。
で、
薙刀式では脳内発声は聞こえないので、
指が喋るというよりは、思考の転写のようになっている。

ところで、
「指が喋る」ということ自体に、
欠点があるのではないかと気づいた。

それは、「息の切れ目に読点(、)うちがち」問題だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:36| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【腱鞘炎対策】最近のおすすめストレッチ

いろいろとタイピングによる腱鞘炎に詳しくなってきた。

大体このふたつをやっていると疲れが取れやすい、
というのに集約できてきたので、まとめてみます。

1 肉球部分のストレッチ
2 腕全体から指まで全体の伸ばし

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:06| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆行のエクササイズ

普段歩いている道を、逆に行くと面白い。

たとえば、
通学通勤の時間帯の逆を見てみるのもよい。
夜駅にいくルートで、朝帰るルートで歩いてみるのも、
とても発見がある。

時間軸を逆にみるエクササイズ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:14| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

なにも真実を語る必要はない

物語はフィクションである。
それをすぐに忘れてしまう。

真実を語る必要はない。
わかりにくい真実を語るくらいなら、
わかりやすい架空の例を与えるのが物語という作法である。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:40| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

【hhkb】ユーザーミートアップ#2、いきます

気づいたらポチっていた。おそろしい。
薙刀式専用のhhkb(JP、BT)で参戦します。

1. スペースキーを削り出しの木材でかさ上げ
2. リストレストも同素材、奥チルト環境に

という、10万字書く人はこのメンツにいないだろシステム。
自作キーボード勢がどんなものを持ってくるか楽しみ。
posted by おおおかとしひこ at 20:08| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マーケティングは進歩の邪魔である

文化は更新してなんぼだ。
マーケティングは平均かちょっと馬鹿にあわせる。

つまり、マーケティングをやってる限り、
文化は停滞する。(三段論法)


映画や漫画が進歩しないのは、このせいだ。
posted by おおおかとしひこ at 16:44| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

壁にかけられた銃は、必ず後で使われる

チェーホフの名言。

とても分かりやすい例を見たので書いておく。
シュワルツェネッガー版の「トータルリコール」。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 02:40| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

楽しみ方を提供する

突然だが、
対戦ブームの草分け、スト2で、
「1/255の確率で、通常技が必殺技になる」
というやつがあったことを思い出した。

これ、なんの為にあったのか考えると、
どうやって誘導するのか、
ということを考えるのに役に立つ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:33| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】屈筋より、伸筋のほうが耐久性が高いらしい

前滑り打ちのほうが疲れない気がしていて、
いろいろ検索してたどり着いた。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:43| Comment(2) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

同期コスト

という言葉をネットで聞いた。

同じ釜の飯を食い、それ専業でチームでやるのは、
メンバーの同期コスト0。
複数の会社の複数の部署で、フリーランスも入れて、
ある程度アウトソーシングして、
なんてやると、
個別打ち合わせばかりでいつまでたっても、
スケジュール調整ばかりで、
内容もいったりきたりする。

なるほど、同期コスト。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:50| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジタルは人を幸せにしない: マシンを振り切れ

僕がMacのライブ変換をオフにしたのは、
「平均的な文章になってしまう」からである。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:26| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

更新していく

昨日までの自分を越えよう。
言うのは簡単だけど、実行はなかなかに難しい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:26| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不気味の谷と近親憎悪

不気味の谷現象というものがある。

ロボットやCGなどが、
人間と違うもの(金属の物体とかおもちゃみたいなやつ)
なら可愛くて感情移入可能だが、
人間に近くなればなるほど、
急に不気味になる現象のことだ。

リアルなCGに気持ち悪さを感じた経験は、あると思う。

この心理って、近親憎悪と関係するだろうか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:39| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】アルペジオは外内、内外どっちか

巷では外内(外側の指から内側の指からへ)が良くて、
ぼくはずっと内外だろと思っていた。

最近気づいたのは、ぼくはいつも人差し指を起点に考えていて、
「人差し指からなら内外、
人差し指が絡まないなら外内」
という原則ではないかということ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:42| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】タイプウェル常用語SI更新

太極拳の効果がすぐ出たのか、微更新。

で、思ったのは、
俺こんなに速くいつも文章書いてないわ、ってこと。
打鍵音はここまでガタガタやってないわ。

ということで、
どこまでタイプウェルやることに意味があるのか分からないが、
タイムアタック続けてみます。
全種目更新したら次のv7フィックスかなあ。
漢字Bランク(特に地名)が鬼門だな…
posted by おおおかとしひこ at 00:51| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

【日記】叩きすぎやろの真相がわかった

アメフトも山口メンバーも叩きすぎやろと感じていたが、
今日久しぶりにワイドショー長いこと見てわかった。

単位時間あたりのニュースの件数が減ってる。
つまり取材数が減ってる。
間違いなく予算の影響だ。
だから一件をずーっとやってる。
こんなにしつこくやる前に、次のニュースにいってたやろ。

予算がまさか集中吊るし上げに集中しているとは。
なんだこの村八分。

テレビ登場以前に、日本人は戻ってるの?
まあもう誰も見てないんだろうけど。
posted by おおおかとしひこ at 15:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

邦画が「実写再現装置」にしかならないのは、宣伝に問題がある

売れないのは、宣伝が悪いからだとまじめに思う。

たとえばネットでの記事の扱いは本当に下手だ。
人気原作「○○」がついに実写化!か、
○○(人気芸能人)が○○に挑戦?か、
○○をCGで再現!
しかないと僕は思う。

つまり、オリジナルの何があるかを、
宣伝で語っていない。
語られるのは「実写再現装置」であるその要素だけだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:49| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好み

僕はマスコミュニケーションが前提で脚本論を語っている。
映画は多くの観客に見られるから制作費がかけられる。
CMもドラマも同様だ。

だが、動画(=ネットでのもの)というものが出てきてから、
映像、ストーリー、などが、
マスコミュニケーションを前提としなくなってきている。

私的な、という範囲ではなく、
ある特定の範囲(クラスタというのが一般的になったか)
に通用する動画が増えてきた。
バズる、という現象は、
特定クラスタに刺さるものをつくり、
マスコミュニケーションは考えなくて良いような時代が、
広がってきた。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:48| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それは細かく描けているのか

大体のプロットを立てているときや、
構成を煮詰めていたりするときや、
大まかに考えているときには、
想像もつかないことが現場では起こる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:20| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】太極拳は良い

何故太極拳がゆっくり練習するのか?
あれは漫練という。
他に快練(実戦速度)でやる練習もあるのだが、
それよりも太極拳は漫練を重視する。

それは、スピードを出すためにはゆっくり練習したほうが、
最終的に神経に覚えさせるのが簡単だからだ。

で、これをタイピングもやってみた。
効果抜群。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:15| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

【薙刀式】未だにローマ字入力してるヤツwwwwwwwwww

http://inazumanews2.com/archives/52019368.html#Qswzt9z.twitter_tweet_ninja_l

親指シフターがqwertyローマ字を煽る所までは面白かった。
しかし主が手ぬるいので、
ちゃんと解説してやるよ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:30| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欲というものに、向き合ってみよう。

人には沢山の欲があるという話ではなく、
「欲との付き合い方に色々ある」という話。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:08| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】「脳内ローマ字変換」とは、二打の手間のこと

かな入力にすっかり慣れて、
たまにローマ字に戻ると、
いわく言いがたいネットリとしたブレーキがかかる。

ローマ字ってめんどくせえなって感覚。
それを巷では「脳内ローマ字変換に脳の領域が取られる」
なんていい方をする。
しかしローマ字入力者からは、
「そもそも手の条件反射になってるから、
脳内でローマ字変換はしない」
と反論がある。

僕はこのギャップの正体が知りたかった。
で、両方経験した感覚でやっとわかってきた。

かな入力者は、二打打つのが面倒なのだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:28| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

【えんさんへの回答箱】予算の見積もり

> コンクール応募にチャレンジしたいのですが、映像化が約束されたものは(当たり前かもしれませんが)低予算が前提になっているようです。 この低予算というのが具体的にはどういうことなのかが素人にはわかりにくい。 登場人物が少ない方が良いのはわかります。 では撮影場所の数は具体的には何か所くらいまでOKでしょうか?(つまり同じ柱の数?) また それは室内と外に分けると、どういう数字になりますか? 種類(都内、近郊、田舎や山、温泉とか?)ではどうでしょう? 電車内なんてもっての他でしょうか? 民放の深夜ドラマ枠45分を前提にした場合です。 それを聞いたからといってその数に合わせることはできませんが、常識というものを知っておきたいので、

その局の同時間帯のものを調べるとよいと思います。
たとえば4クールも見ればなんとなく掴めるでしょう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:33| Comment(1) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文を直すのではない、文章を直すのだ

僕がよくやってしまう間違いをまとめておく。

僕は文章を直すとき、
どうしても文単位で直してしまう。
それは近視眼に過ぎるという話。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:23| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そのことに関して、最も広く深く考えよ

「そのこと」というのは、あなたが書こうとしていることについてだ。
あるいは、
書き終えて、
あなたが書き直そうといていることについてだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:10| Comment(2) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

【薙刀式】左薬指の適正%てどれくらいなん?

7%→8%→6%→5%→4%(いまここ)
と推移中。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:25| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

理由なく好きになるのか

どうして好きになったのか?
と、よく分からない物語では、批判が起こることがある。

これは、裏を返すと、
「全ての登場人物の行動や気持ちには、
納得できる理由が、
(明示にせよ暗示にせよ)なければならない」
ということである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:20| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メアリースーとアイドルの曲

突然店であややの「ねぇ?」がかかったので、
そういえばアイドルの曲が、
いつの頃からかメアリースーに侵されているなあ、
ということに思い至った。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:44| Comment(2) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする