2018年06月30日

何を表現したいか、ではなく、何が出来ているか、でしかない

客観的になることはとても難しい。
のめり込んでいればいるほどだ。
のめり込んでいるときに、のめり込むのをやめろと言っても、
人には多分無理で、
のめり込みが落ち着くまで、まずは待つしかないかも知れない。
「第一稿をあげたら一ヶ月離れろ」という僕の経験論は、
人はのめり込みから逃れられない、
という現実論でもある。

で。

そのあと、どうやってそれを見るべきかについて。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:50| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戯曲台本の販売

昨日知り合いのキャストの芝居に行って来たのだが、
終演後、ロビーで演出家が戯曲台本を売っているのを見て、
演劇界はいい習慣を持っているなあ、
と思った。

(ちなみに「リボンの騎士/県立鷲尾高校演劇部奮闘記2018」。
クライマックスの「舞台裏」が最高でした。
明日まで、座・高円寺にて。当日券あり)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:51| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【千ドルさんへの回答箱】ストーリーだと思っているもの

>人によって「ストーリーだと思っているもの」が違いすぎていて、しんどいときがあります。 プロの現場の方たちはどのようにストーリーを学んでいるのでしょう? そして、どのように「一緒に仕事をする人がストーリーだと思っているもの」を共有しているのでしょう?

プロの現場でも、
「同じものが共有されている」わけではありません。
少しずつ大事にしてるものが違ったりします。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:21| Comment(2) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

【薙刀式】指は5本だけど、言語は5基準で作られてないよね

5母音ぐらいの原始的なところまで下りると、
5本指基準のことがあるかも知れないが、
その他は10や5を基準に作られていない。

じゃあ口や喉の構造に依存している?
そうでもない。
脳の構造には依存しているかも知れない。

それをタイピングで打とうなんて、
土台無理があるよね。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:24| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【配列】VNニコラ(VNを親指キーにした親指シフト)

あれ? VNキーを親指キーにすればいいんじゃね?
と思いついて、つくってみました。
僕は親指シフターではないので、使えるかどうかまでは判断できませんが、
触ってみた感じは良好です。

VNニコラ1.jpg

VNニコラ2.jpg


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:50| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

状況が変化しない時はどういう時?

ストーリーとは変化のことである。
刻一刻と状況が変化し、
対応したり先回りして状況を変えていく。
そのために行動をするわけだ。

ところで、
常に状況が目まぐるしく変わっているわけではない。
状況変化が一旦静まるときもある。

それはいつ?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:17| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイデアを試さないと気が済まない

ならば、試せば良い。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:24| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

【キーボード】軽いやつのあと重いのを叩くと【警告】

マジで戻れなくなってしまいます。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:14| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すべてが伝わらなくてもいい

そもそもそれは、表現の基本かもしれない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:57| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

【吉村ゴンゾウさんへの回答箱】スケジューリングとプロット

> うまくいかなかった原稿を再構築する場合、もう一度最初から作り直すつもりで構成を考え、熟成し、全部入りプロット、顛末プロットと手順を踏むべきでしょうか。一番大きいリライト→中くらいのリライト→細かなリライトの順で、土台は維持しつつ整えていく方針でもいいのでしょうか。

正確には、その前原稿がどういうものだったのかや、
吉村さんの腕のほどわからないと判断できないですが、
「納得のいく」方法でやった方が良いでしょう。

シナリオは基本独学なので、
どこかで「自分ならこうする」という経験を積む必要があります。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:04| Comment(2) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたの嘘は、どうやって閉じられるのか

当然だけど、僕らが書いているのはフィクションだ。
つまり嘘だ。
我々は嘘をついている。
それは本当にあったことではない。
それはみんな分かったうえで、フィクションを楽しむ。
どういう面白い嘘をつくのかなと。

で、それは有限である。つまり終わる。
終わり際が肝心だ。

その嘘はどうやって閉じられるのか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:38| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】日本語入力中のエンター

確定に使ってはいけない。それは無駄だ。
変換後確定したかったら、次の文字を打てば自動的に確定だ。

エンターを打つのは、ひらがなのまま、
スペースで変換をかけずに、
無変換で確定したいときだけ。(あと改行か)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:28| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】機能キーをいじること

僕が最初にキーボードに疑問を抱いたのは、
BSエンター遠過ぎね?だった。
カーソルも遠いと思った。
シフトはあんまり使わないけど、小指はねえだろと思ってた。

コントロールやMacのコマンドも、
変な位置だと思っていた。

Macの英数かなの位置は大好きで、
そんな風に色々近くなればいいのに、と思っていた。

「その位置を変える方法がある」ということは、
99.5%くらいの人は知らないのだろう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:58| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日記】男女論極論シリーズ

しょうもないセクハラで騒いでコンプライアンスとか謝罪とか、
世の中が性欲に対して不寛容になっているのは、
「good girlでいなさい」
「女は性欲があるように見せてはいけない」
と抑圧されてきた女たちが、
露骨にちんこまんこ言う男子校に入って、
びっくりしたり、「ずるい」と思っているからではないか。

女も性欲を露わにして良いと僕は思う。
ねむいと腹減ったはハラスメントにならないのにな。

勿論レイプは最悪なので、
みんな空手を習え。
posted by おおおかとしひこ at 10:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

協力者

主人公は一人で行動する必要はない。
人間が一人ですることには限界がある。

主人公は行動しろ、といっても、単独行動にしなくても良い。
仲間、協力者を探し、
ともに行動することも、立派な行動である。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:01| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

【薙刀式】ECのほうがEWより良運指説

指の能力の低い僕が、また珍説を出す。

EC(左手中指上段→下段の同指段越え)のほうが、
EW(左手中指上段→薬指上段のアルペジオ)より、
トータルでいいんじゃね?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:27| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

失敗を描けないと成功を描けない

ライフハックとか、人生の成功する法則とか、
巷には色々なものが溢れている。

誰だって人生を成功させたいから、
失敗が怖いから、
その法則を知りたいし、使いたい。

しかしそこに穴がある。
失敗を恐れすぎて、失敗の本質を掴まないことだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:40| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投影と感情移入は区別して考えること

ぱっと見混同しやすいし、
混同しているプロも沢山いると思うし、
そもそも用語が混乱している可能性もある。

しかし現象自体は極めて普通のことで、
それを正しく指す言葉が確定していない、
と考えられる。

なので、ここでちゃんと切り分けておく。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:06| Comment(3) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】ピアノの鍵盤の押下圧が55gあたりらしい

そもそもキーボードの押下圧が55gあたりなのはなんでなんや、
と色々調べると、
「鍵盤」の元祖ピアノまでたどり着く。

それが大体50〜70gだそうな。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:04| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

リライトは時間をかけすぎてはいけない

自戒を込めて書く。

リライトに時間をかけたほうが、いいような気がする。
じっくりと磨き、ウィスキーのように醸造できないかと。

しかしそう上手いこといかない。
時間をかければかけるほど、
「自分自身の考え」が変わってしまう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:36| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

「好き」は状態に起こる現象か

物語は変化だ。
ということは、「好き」という感情と逆かもしれない。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:32| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】iTextの設定

iTextは昔のエディタなので余計な機能がなく、
実質最高速に近い挙動をしてくれる。
つまり打鍵から印字までが恐ろしく速い。

しかし昔の不親切設計で、設定がわかりにくいと思うので、
僕のした設定をメモしておく。参考までに。
続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:30| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】速さってなんだろう

僕は物書きで、qwertyローマ字の不合理性が嫌で、
配列道に入った。

ところがタイピングの世界と、実際に書いていく世界では、
「速い」の基準が違うような気がしている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:05| Comment(13) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

的確な時間、二週間説

映画で扱う時間は、どれくらいがベストか?

二週間説を推してみよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:10| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】エディタをiTextに戻した

メリーは快適だが、iTextの軽さに勝てない。

これまでの検証から、
エディタが重いとキーを強く叩いてしまい、
最高の軽い打鍵が出来なくなる。
押下圧45gのキーボードなら気にならないかも知れないが、
35gともなると指先の感覚が変わるのがよく分かる。

僕にとっては(あるいはサーフェス3にとっては)、
Windowsの標準テキストエディタ、
「メモ帳」より軽いものが必要で、
それを満たすのはiTextしかなかった。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:47| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

【風魔】アンティック珈琲店活動休止

栄枯盛衰ですなあ。
気づいたらON/OFFもいなくなってるし、
逆に続けてる人の方が少なくなって行くのかしら。

そうそう、OPのラストの風魔の旗持ってるカット、
最初のコンテでは空撮にしてたんだよね。(特撮っぽく)
プロデューサーに速攻カットされたけど、
今ならドローンで撮れたかも。

カラオケでまだ歌いますよ。流星ロケット。
(アディオースのタイミングがムズイ)

V系は年取るとキツイのかも知れないけど、
音楽業界には裏方として残って欲しいなあ。
それぐらいには音楽は好きだろうし。
結局朝倉さんともアンカフェのみなさんとも一度も会ってなくて、
音楽の人とは縁遠いのがスタッフ間の悩みですな。
posted by おおおかとしひこ at 22:54| Comment(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【キーボード】NiZ Plum 75(静電容量35g)サードインプレッション

うおおお。atom 66予約開始やんけ。
もう二週間我慢したら75買わなくても良かったか?

いやいや、7/11までの、
この快適さを買ったと思えば特に問題はない。

最近のセッティングは、スタンドを立てていること。
この角度が66で出ないかも知れないので、
僕の手には75がいい、かも知れない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:39| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「と思った」は使えない

小説と脚本の違い。
脚本は三人称形である。
小説は三人称形の文章に、
別のものを地の文に混ぜても良い。
(原理的には良くないのかもだが、実質OK)

その代表的なものは、
「彼は〇〇と思った。」というものである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:03| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ターニングポイントを強くせよ

とはよく言われることだ。
何をしたら強くなるのか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:50| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

【白河清魚さんへの回答箱】男(20)

> 名前の設定されていない、一瞬だけの登場人物について。「男(30)」「女(20)」などと表記すべきなのか、それとも「男性(30)」「女性(20)」などと表記すべきなのか、私が読んだ脚本の書籍の中には記載がありませんでした。これに関して統一的なルールはあるのでしょうか。

統一的なルールはないです。

シンプルなのが僕は好きなので、男(20)を推します。
全体に丁寧な文章チックなら、男性(20)でも宜しいかと。

あとついでに。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:41| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする