2018年06月30日

何を表現したいか、ではなく、何が出来ているか、でしかない

客観的になることはとても難しい。
のめり込んでいればいるほどだ。
のめり込んでいるときに、のめり込むのをやめろと言っても、
人には多分無理で、
のめり込みが落ち着くまで、まずは待つしかないかも知れない。
「第一稿をあげたら一ヶ月離れろ」という僕の経験論は、
人はのめり込みから逃れられない、
という現実論でもある。

で。

そのあと、どうやってそれを見るべきかについて。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:50| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戯曲台本の販売

昨日知り合いのキャストの芝居に行って来たのだが、
終演後、ロビーで演出家が戯曲台本を売っているのを見て、
演劇界はいい習慣を持っているなあ、
と思った。

(ちなみに「リボンの騎士/県立鷲尾高校演劇部奮闘記2018」。
クライマックスの「舞台裏」が最高でした。
明日まで、座・高円寺にて。当日券あり)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:51| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【千ドルさんへの回答箱】ストーリーだと思っているもの

>人によって「ストーリーだと思っているもの」が違いすぎていて、しんどいときがあります。 プロの現場の方たちはどのようにストーリーを学んでいるのでしょう? そして、どのように「一緒に仕事をする人がストーリーだと思っているもの」を共有しているのでしょう?

プロの現場でも、
「同じものが共有されている」わけではありません。
少しずつ大事にしてるものが違ったりします。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:21| Comment(2) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

【薙刀式】指は5本だけど、言語は5基準で作られてないよね

5母音ぐらいの原始的なところまで下りると、
5本指基準のことがあるかも知れないが、
その他は10や5を基準に作られていない。

じゃあ口や喉の構造に依存している?
そうでもない。
脳の構造には依存しているかも知れない。

それをタイピングで打とうなんて、
土台無理があるよね。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:24| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【配列】VNニコラ(VNを親指キーにした親指シフト)

あれ? VNキーを親指キーにすればいいんじゃね?
と思いついて、つくってみました。
僕は親指シフターではないので、使えるかどうかまでは判断できませんが、
触ってみた感じは良好です。

VNニコラ1.jpg

VNニコラ2.jpg


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:50| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

状況が変化しない時はどういう時?

ストーリーとは変化のことである。
刻一刻と状況が変化し、
対応したり先回りして状況を変えていく。
そのために行動をするわけだ。

ところで、
常に状況が目まぐるしく変わっているわけではない。
状況変化が一旦静まるときもある。

それはいつ?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:17| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイデアを試さないと気が済まない

ならば、試せば良い。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:24| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

【キーボード】軽いやつのあと重いのを叩くと【警告】

マジで戻れなくなってしまいます。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:14| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すべてが伝わらなくてもいい

そもそもそれは、表現の基本かもしれない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:57| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

【吉村ゴンゾウさんへの回答箱】スケジューリングとプロット

> うまくいかなかった原稿を再構築する場合、もう一度最初から作り直すつもりで構成を考え、熟成し、全部入りプロット、顛末プロットと手順を踏むべきでしょうか。一番大きいリライト→中くらいのリライト→細かなリライトの順で、土台は維持しつつ整えていく方針でもいいのでしょうか。

正確には、その前原稿がどういうものだったのかや、
吉村さんの腕のほどわからないと判断できないですが、
「納得のいく」方法でやった方が良いでしょう。

シナリオは基本独学なので、
どこかで「自分ならこうする」という経験を積む必要があります。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:04| Comment(2) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする