2018年06月21日

リライトすると、一時的に悪くなる

という現象がまれによくある。

頑張ってリライトしたものの、
前の方が良かったな、と考え直し、
元に戻すことは、
割とよくあることだ。

しかしそれは間違っているかもしれない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:41| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】人間の思考速度は、10分1500字仮説

今僕は薙刀式を極めていると言っても過言ではないが、
軽い文章なら、10分1500字程度(変換後)のペースで書いている。

ところで、速いと噂の音声入力を調べると、
10分1000文字〜1500文字という数字が出てきた。

あれ?そんな速くなくね?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:10| Comment(6) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】「右手人差し指下段」はMかNか

いや、標準運指だとMなんだけどさ、
NもJから等距離にあるじゃない?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 03:08| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

一ヶ月あけてリライトせよ

なんてことを僕は良く言うけれど、
仕事ではなかなか出来ない。締め切りがあるからね。

今書いてる長編小説は自主的に作ってるものなので、
理想的にこれがちゃんとできた。

一ヶ月空けると何が違うのか?
余裕だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:33| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日記】言葉の天才

「eスポーツがパラリンピックに」
というブラックジョークツイートで笑った。

各方面に悪意が入ってて良い。
この完成度を目指したい。
posted by おおおかとしひこ at 10:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】薙刀式の骨格とコンセプト

安岡先生が改めてまとめた、
JISカナ配列が出来るまでを眺めていて、
関係者全員アホかという感想が止まらない。

パソコンのキーボードは,なぜABC順・五十音順ではないのですか
https://kotobaken.jp/qa/yokuaru/qa-35/

嘘に嘘を重ねて、取り返しがつかなくなっている感じ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 02:02| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】押下圧と遅延は関係している

かえうちを使ってNiZと薙刀式をマックに繋いでみたり、
マックのキーボードにかえうちを刺してみたり、
vortex coreとかえうちをウィンドウズやマックに刺したりしてみている。

色々分かったのは、
僕の拘っているキーの押下圧は、
文字の表示速度と密接に関係している、
ということだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:35| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リライトと人格の統一

キーボード配列の記事ではなく、
脚本論として、qwerty配列の問題を取り上げる。

なかなかきちんとまとまった記事があったので。


ことばの疑問
パソコンのキーボードは,なぜABC順・五十音順ではないのですか
2018.06.15 安岡孝一
よくあることばの質問
https://kotobaken.jp/qa/yokuaru/qa-35/

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:30| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

メリーは良い

原稿用紙、ということで脚本論にて。

縦書きが出来るエディタはそんなに数がない。
今まで主に使っていたのは、
ワード、タテエディタ、iText。

メリーの縦書き対応版が今年の4月にリリースされていたらしく、
早速ゲット(無料!)して試してみた。

これ、おススメです!
今までのメイン、iTextから乗り換えること決定!

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:40| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リライトは、人格を統一するためにある

作品全部を一秒で書ける人はいない。

たいてい三日とか一週間とか、一か月とか半年かかる。
その間あなたの人格は一定している保証がない。

だからリライトするのだ。
人格をひとつのものにするために。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:35| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行動してないやつはいるかい?

主人公がちゃんと行動しているのは当然としよう。
受け身であってはストーリーとしては成立しない。

それは、他の人物にもいえることだ。

行動してなくて、ただその場にいるだけのやつを、
チェックするのだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:35| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

一幕の特権

一幕は、やっぱり特殊なパートだと僕は思う。
書けば書くほど難しい。
さっさとセットアップしなきゃいけないし、
淡白で興味が持てなきゃ意味がない。

で、
一幕だけが持つ、特殊な空気がある。
それは、
「一体これはどのような話か?」という疑問とともに、
観客が見ている、ということである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:46| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

リライトは、上流に登ってくる

経験則。

これを直すには、この前を直すべきだ。
そしてそうするならば、その前に手を入れた方が良い。

となって、
結局、ほとんど最初の場面に戻る現象。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:34| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

【筆記用具】万年筆の筆圧

調べてみたのだが、個人差がありすぎるようで、
具体的な数字があまり出てこない。
男性の平均が100から150グラムらしい。

「軽めに扱え」というのはたくさん出てくる。
筆圧が普通より弱いという人が、40とか50グラムあたり。

これ、数本の指での話だよね。
やっぱ押下圧20gのキーボードは、現実的だと思ったな。

万年筆より軽い押下圧キーボード、
どこかでつくってくれないかなあ。

まず万年筆試してみるか…
posted by おおおかとしひこ at 18:05| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引っ張れれば、前提設定を待てる

今リライトで悩んでいることがあって。

「会いたい人が一人だけいる」
で終わったシーンの次を、
「その人に会いに行く」シーンにするか、
それを引っ張って別のシーンを挟むべきか、
で悩んでいる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:23| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】キーボードと配列の効率への寄与

最終目標としては、入力効率を上げたい。
それには、
キーボード、配列、身体の3つの要素が絡むと思う。

それらの配分はどれくらいなのだろう。
1:1:1?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:11| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

【薙刀式】思考と文章の速度、記録

最近のペースを整理してみた。

タイプウェル1分253カナ

適当な文章 10分1500字(変換後の実質文字数、以下同)
ブログ   10分1000字
小説写す  10分650字 (ここまで薙刀式)
小説書く  10分250字 (手書き)


思考を使うほど生産量は落ちるよね。あたり前だけど。
posted by おおおかとしひこ at 15:39| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一行だけ心に残るセリフ(「ドニー・ダーコ」評)

最近SFのマイブームが来ていて、見逃したそれっぽいのを見ている。

「赤ん坊の成長には、暗闇が必要だとは考えなかったのか?」
というセリフが異常によかった。
これが伏線になっていれば完璧だったなあ。もったいない。

映画自体は、ちょっと鬱になる。
〇〇の落下はすげえと思ったが。

「バタフライ・エフェクト」のほうが完璧なラストだったなあ。
posted by おおおかとしひこ at 15:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マネタイズ、実力、人気

「お金になる」とはどういうことだろう。
売りがあるとかないとか、どういうことだろう。
ちょっと真剣に考えてみる。
結論からいうと、
「面白さと人気は関係ない」と、
極論することができるのではないか?という過激な論考である。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:07| Comment(3) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】高速入力とロールオーバー

ローマ字の達人に、カナ入力の達人は勝ちづらい。
層の厚さという問題もあるかも知れない。

しかしどうしてもカナ入力がローマ字に勝てない部分があって、
それがロールオーバーだと思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:13| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「起こる」のか「起こす」のか

ストーリーとは、
何かが起こることだ。

それは、誰によって起こされたものか?
主人公以外が主語の場合、「起こる」という見え方になる。
主人公が主語の場合、「起こす」になる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:12| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

【薙刀式】タイプウェル更新して、カタナ式を抜く

常用語SF(4.2打/秒)、カタカナA、漢字SJと記録更新。
慣用句はAのまま、総合SIに1ランクアップ。

確実にNiZ 35gのせいだ。

ついに常用語でカタナ式(SG)を抜き、万感の思い。
今更ローマ字には戻れない。
一回楽なやり方に慣れると、絶対もとに戻りたがらないよね、人って。
posted by おおおかとしひこ at 23:18| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【キーボード】NiZ Plum 75(35g静電容量)セカンドインプレッション

2、3日、持ち歩いてみた感想。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:07| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

失敗したらどうするんだ

という脅しに対して、
「また一から作ればいいじゃない」
と言えない人が、
老害を生んでいるのではないか?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:48| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

急に何もかもがばかばかしくなる時がある

ふと我に返る。
それは大抵途中まで作った作品だ。

あれ?これ何がいいんだっけ?
全然何にもなってないよ。
ていうかこんなのをいいと思ってた自分が恥ずかしい。
封印だ。

こうして、その作品は完結まで書かれない。

僕は、それでもなお「終わり」まで書くべきだと考える。

なんなら、想定していたラストシーンを、
その最後に付け加えて、今日完結させてみたまえ。
それであなたの執筆の、苦しい旅はとりあえず終わるから。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:23| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出オチ病

なぜ意気揚々と書きだした話は、
途中でにっちもさっちも書けなくなり、
そのうち凍結してしまうのか。

それは、出オチをストーリーだと勘違いしているからではないか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:39| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】DvorakJの同時押しが安定しないときが?

「真の同時押し」つまり、
「Aを押しながらB、Bを押しながらAの、双方から判定」をつけて、
だいぶ安定した同時押し。

しかしたまに「シフト残り」と呼ばれるバグのようなものに遭遇する。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:30| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

【薙刀式】思考と文章の間

最終目的は、思考が文章になること。
間に手やらキーボードやら配列やらがいる。

現在の自分の環境をまとめてみる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:39| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

つらい場面だけ豊かに書いてしまう

メアリースーの話。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:16| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暗黒面と向き合うこと

ブレイクシュナイダーのBS2に、
ミッドポイントと第二ターニングポイントの間にある、
「死の予感」というやつがある。

ちょっとそれじゃ弱いと思う。
僕は、「暗黒面と向き合う」と考えた方がわかりやすいと思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:56| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする