2018年06月11日

その面白さは、何のためのものか

係りと結びに関して続ける。
先日面白い企画を思いついたのだが、
うまく係りと結びができなくて、
放置してるやつを例にしよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:28| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【キーボード】hhkbはNizに勝てない

僕は物書きだ。キーボードは万年筆だ。
何万出したっていい奴なら買う。
一生使うし、駄目になったら同じのを買う。

先日のhhkbユーザーミートアップで、
僕はいいキーボードなら25万くらいまでなら出してもいいと思って手を挙げた。

それ以上手をあげなかったのは、
それ以上ならバイトを雇って入力させたほうがいいと思ったからで、
自分が書く画材のためなら、別に100万くらいは出してもいいと思っている。

で、1年ほど愛用してきた日本最高のキーボードのひとつ、
hhkbを上回るものを手に入れてしまったので、そのレポートをする。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:38| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【キーボード】リアフォ30gとNiZ35gの比較してきた

気になって、
大型店に行ってリアフォの30gを試打してきました。
体感、NiZ35gのほうが軽い。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:24| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

係りと結び

結局のところ、
ストーリーってのは、
「最初に前振ったことが、最後にうまく回収される」
がどう出来てるか、
を作ることなのではないかと考えている。

つまりは係りと結びである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:08| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

【薙刀式】動画、遅れます

hhkbで薙刀式打鍵動画を、来週末あたりに撮影しようとしていた。
が、中止だ。

Niz。お前のせいだ。
これ、リアフォ30を外に持ち出せる感覚だよ。しかもBT。
これでスルスル打てるようになるまでちょっとかかるかも。
hhkbはどうしよう。多分二度と触らない。
それぐらいいいです。Niz。

初日に評価打鍵など、1万2000字書いちゃった。
全然疲れてねえ! 半分くらいかな、疲労度。

細かいことは色々出てくるだろうけど、
35g静電容量かつコンパクトが、なにより最高!
posted by おおおかとしひこ at 21:21| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

迷路を複雑にしていく

ストーリーは迷路である。
いや、実際には綿密に計画された一本道なのだが、
見ている人には、まるで迷路に迷い込んだ錯覚を起こさせるように出来ている。

一本道に見えてしまうのは、
ストーリーがそもそも下手なのだ。


さて、リライトするとき、
迷路のように作れるだろうか、ということ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:16| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脚本家って呼び名ないよね

雑談。

「おおおか監督」とは呼べるけど、
「おおおか脚本家」「おおおか脚本」と人を呼べない。
「おおおかカメラマン」「おおおかライトマン(微妙)」は呼べる。(撮影、照明では呼べない)
英語ならよいのか?「おおおかライター」。火付け係か。

呼べる人は偉い人。
呼べない人は偉くない人。
たぶんそういう扱い。

呼べる人: プロデューサー、監督、
カメラマン、ライトマン
呼べない人: 美術、小道具、衣装、ヘアメイク、
録音、音楽、効果、CG、編集、車両、特機、制作進行、助監督。

全部役職で呼べるといいのにね。
それぞれの役職のヘッドなんだから、
課長部長のいきおいだぜ。
posted by おおおかとしひこ at 12:37| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【キーボード】Niz Plum75(静電容量 35g)ファーストインプレッション

僕には45gの押下圧は重過ぎた。

35gのキー荷重は世界最軽のジャンルのひとつ。
30gのリアフォより軽い感じがするのは、
リニアっぽく沈むので、最初のカクっとした抵抗が少ないからかも。

いい買い物をした。1万5000円。

体感2/3から1/2に労力が下がる。
さらば腱鞘炎!

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:47| Comment(6) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

過去は点、現在は線

カレンダーの話、続き。

これを作ると気づくことがある。
過去はあくまで点だ。

現在に対して、ぶつぶつ切れて存在する。
一方現在とは、連続した線のことである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:02| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カレンダーをかけ

何月何日何曜日と、決めてもよい。
あるいは、第一日目、第二日目、としてもよい。
間に省略されている日があれば、「…」表記でよい。

それが大体何日間の話なのか、
明確化してみよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:16| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】配列作りっていつ終わるんだろ

10年くらい前なのかも知れないが、
配列作りブームのようなものがあったのだろう。
僕はリアルタイムで知らないから、当時の掲示板などを見て空気を読むしかない。

そこで作られた沢山の配列は、
今でもそのまま使われてるのか?
それとも微改良しながら使われてるのか?
やめて転向したのか?

つまり、理想の配列にたどり着けたんだろうか、みんな?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:36| Comment(3) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジタルは人を幸せにしない: 頭で考えたものにしかならない

「レディプレイヤーワン」が面白くないという話を後輩としていたら、
後輩はおもしろいと言い始めた。
どこがと聞いたら、最初の街(主人公の住んでるスラム街)
の世界観がいたく気に入ったらしい。

僕は反論した。
あれは「頭の中で作られた世界」に過ぎず、
リアルではないという趣旨でだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:28| Comment(2) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

【日記】工学部って工場で働くの?

って、マクドナルドで女子大生が言っておりました。

工場で作るものを、先に研究開発するんだよ、
あるいは、工場の設計そのものをするんだよ、
と言っても、想像の範囲の外なのでしょう。

日本が技術立国から転落しかかっているのは、
真面目に工学部が何やってるか知られていないからだと思います。

ちなみに僕は工学部数理工学科出身。
数学と物理を現実にどう応用するかという学問です。

ロボットの基礎になる制御理論(何故か虚数を含む方程式!)や、
交通渋滞の制御システム(インターネットの設計応用)や、
統計理論(統計の数学的根拠。たとえば視聴率)などをやっておりまして、
専門は人工知能で、その中のメンタルモデル(脳内記号論)です。

卒業生はメーカーで、研究者、エンジニア、博士になります。
飛行機作ってる奴もいるし、種子島でロケット飛ばす奴もいる。
人工知能作ってる奴もいればグーグルに行った奴もいるし、
脚本を書き映画を作る奴もいる。

工場でタンポポを乗せるわけではないんだね。
posted by おおおかとしひこ at 11:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

局面によって、要求される才能が違う

簡単に言うと。

序盤はツカミや初登場インパクトの才能がいる。

中盤は引っ張る展開力やターニング力や、
深みや広さやバラエティの才能がいる。

終盤はまとめたり一つのものに集約したり、
カタルシスの才能がいる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:41| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】ロゴつくってみた

家紋みたいな、日本の国旗みたいな、それでいて右翼じゃなくて、今っぽい、
かわいくてかっこいいかんじのものをつくってみました。(要求がでかい)
オリジナルはイラレですが、とりあえず1080pixのjpeg。(クリックで拡大)
薙刀式使用者がキーボードとかに貼る為のシールとかほしいなあ。

カラー。
LOGOcolor.jpg

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:01| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不安は的中する

登場人物が不安を口にした時、
それは必ず的中する。

それは伏線であり、壁にかけられた銃である。
逆に、不安を口にして的中しないなら、
その不安部はリライトで削除するべきだ。


そして、その不安はそのまま的中しても大して面白くないので、
「別の形」として予言の自己成就を果たすことが多い。
不安は的中したが、
完全に的中ではないところが、
なにかをもたらす。
posted by おおおかとしひこ at 15:03| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】ゲームバーでエディタを録画してみよう

Windows10になってから、
標準で画面録画ができるようになった。
それがゲームバーという名のアプリだ。
これで自分のタイピングを録画してみると、
色々なことがわかる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:43| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜストーリーはプラスとマイナスで考えるのか

必ずストーリーの入門書には書かれていることで、
主人公(や他の登場人物)の前進や後退、
成功や失敗をグラフにしてみよう、
なんてのがある。

僕は「現実には、この要素はプラス/この要素はマイナス、
と多次元で評価されることがあるではないか。
これはわかりやすくする為の方便だな」
と考えていた。

そうでもないんじゃないか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:09| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

劇場型嘘つき

登山家(ネットでは下山家と揶揄されていたようだが)
の栗城氏の死について書こうと思う。

我々フィクションのストーリーを書く者として、
現代をどうとらえるべきかという話になる。

栗城氏を殺したのは観客と興行師だろうと僕は思う。
栗城氏はプロレスラーだ。
台本の通りに演じる演者だ(多少はアドリブをかますだろうが)。
台本を書くシナリオライターが別にいたと思われる。
シナリオのことを延々書いているここで、
語らないわけにはいかない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:48| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】前滑りの呪文「言葉的」

前滑り打ちは、意識しないとつい上から打つ、
普通の打ち方になってしまう。

しかし一回打つことを意識すると、
以降ずっとそれができるようになる。
で、次の日になったらそれを忘れている。
人間の体は不思議なものだ。

で、最初に「ことばてき」という呪文を打ってみよう。
続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:36| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盛大に失敗しよう

「失敗しないための〇〇選び」なんてよくあるよね。
誰でも失敗はいやだ。

しかしそれこそが逆転のチャンスになる。
実生活でもそうだと思うし、
物語においてはましてやだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:16| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

【hhkb】ミートアップいってきた

かえうちのうぇぶしまさんが、
トラックポイントhhkbの作者と同一とは知らなかったよ…
すげえキーボード馬鹿だ。(絶賛しています)
自作勢伸びてんなあ。

30gの質問をしてきました。
ユーザーは同意してるのに、メーカーがいまいちピンと来ていない様子。
Niz買ってorzで試してみようかな。

俺は全然30万くらい出すよ。
サドルの方が馬より大事なんだからさ。
posted by おおおかとしひこ at 22:32| Comment(2) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VR映画の傑作(「13F」評)

そもそも「レディプレイヤーワン」を見たのは、
「もう一つの世界もの」のシナリオを今構想しているからだ。
で、映画館に行く前に借りていた「13F」をようやく見た。

なんという傑作!
レディプレイヤーワンが1点だとしたら、
8.5くらいは出してもよい、素晴らしい映画だった。

「マトリックス」に大いに影響を与えたと言われる本作、
なんとマトリックスよりも全然前の傑作SF。

全てのレディプレイヤーワンの観客よ。
13Fを見て、スピルバーグ老害を再認識せよ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:21| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【槍式】親指2シフト薙刀式「槍式」

長巻式(仮)の正式名を「槍式」としました。
長巻はマイナーすぎたので。

ウリは「親指2シフトで、21キーに打鍵範囲を詰めたかな配列」です。

左手: 中指、人差し指
右手: 人差し指、中指、薬指
の範囲で使います。
つまりカタナ式の「左小指、薬指、右小指不使用」
の特徴をもった、薙刀式ベースの配列です。
槍式v1.jpg

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:18| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】かえうち版v7

・「かえうち」とUSBキーボードがあれば、マックでもつかえる!
・配列は最新のv7です。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:14| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

【薙刀式最新】v7

見た目のデザインも変えてみた。
薙刀式v7配列図.jpg

今回のバージョンアップの意図は明確で、
「左薬指の保護」です。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:21| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】最近のキーボードセッテイング

奥チルトと前滑りの関係はこんな感じ。(そのうち動画つくります)
前滑り.jpg
続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:07| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

矛盾を取り除くと、意味のことを考えたくなる

矛盾は敵だ。
矛盾は破綻だ。
矛盾は欠点だ。

性格や人間関係の矛盾は魅力にもなるが、
ストーリーの矛盾だけは欠陥である。

だから私たちの書くフィクションというストーリーは、
まず矛盾を取り除くことをしなければならない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:34| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】全部の指に注意をばらまけなくね?

タイピングあるあるというか、
「ある指に偏った運指が続いている時、
急に使ってなかった指が出てくると、
戸惑う現象」がある。

人間の制御力って指10本分なくて、
7本くらいしかリアルタイムで追っかけられなくて、
使用するたびに都度集中する部分を切り替えてるんじゃないか説。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:42| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

びっくりするほどスピルバーグ(レディプレイヤーワン批評)

グーニーズとかさ、80年代にこういう映画いっぱい見たよな。
金曜か土曜か日曜の夜に、こんなの飽きるまで見た。
SFXがVRに変わっただけで、
やってるのことが十年一日なのはどうなんだろう。

年寄りは懐かしかったのかな。
僕はごめんだ。
この時代は通り過ぎた。
次に来ることを私たちは考えなければならない。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:58| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする