2018年08月23日

第一ターニングポイントは、一幕のクライマックスだ

そう考えるようになって、少し一幕を書くのが楽になってきた。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:34| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みっともない場面をつくる

主人公がずっとカッコいいと思ってるのは素人だ。

主人公ほど、カッコ悪くてみっともない場面をつくれ。
人間は完璧ではない、
しかし人間は完璧なゴールへたどり着ける、
を描くためだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:11| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】スペースキーはどっちで打つのか

ひらがなを打った後の変換、
そしてさらに候補ウィンドウを開くためのスペース、
さらに候補の次を選ぶスペースキー。

変換キーは使わないとして、
このスペースキーを僕は全部左手で打っていた。

これが左右の疲労差の原因かも知れない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:57| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】打鍵の非対称性

右利きと左利きのファクターはどうしてもあるけど、
それを除いても問題なのがあって、
僕はずっと悩んでいるのだが、
キーが左に傾いていることだ。

前記事で右人差し指下段は、NMどっちかなあ、
なんて考えてみたが、
左人差し指下段なんて、V>>Bに決まってるじゃんね。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 03:11| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

【薙刀式】NとMはどっちが打ちやすいのか

右人差し指下段。
僕はずっとNのほうが打ちやすいと思っていた。
内側にひねる動きですっと打てるから。

しかしそのひねる動きが、腱鞘炎の原因くさいんだよなあ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:53| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本は村社会で運営してきた

その共同体に所属するか、しないかがビジネス。
契約上とか合理とかが関係ない、
身内か身外か、という社会。
身内をかばって身内の幸せをもたらし、
身外は最初は敵かもしれないが、
そのうち講和して身内にするというシステム。
それが日本のビジネスのやり方だったのではないか。
それが崩れ去ろうとしている。
ネットという黒船によって。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:00| Comment(3) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ありそうな嘘

「奈良の子は10歳の誕生日になると、
鹿を絞め殺さなければならない。
その儀式がいまだに残っているところがある」
と咄嗟に嘘をついたら、
北海道出身の人は一瞬信じた。

この隙をついて、
もっともらしいディテールをその場で思いつき、
重ねていく。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:42| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

お金の話

「カメラを止めるな!」が仮にオリジナル脚本だとして、
これを1から作り監督した人のギャラは、
今回のヒットを受けて、
何年食べられるだけの金を受け取るのが正当だろうか?

僕は年収1000万の暮らしを1年か2年続ける程度には、
夢があってもいいと思う。

しかしこの映画の予算は300万だ。
監督脚本のギャラは30万?10万?
ちなみに興行収入は、今の普通の契約ならば1円も製作者には入らない。
興行収入は、それをかける配給会社と映画館で山分けする。
(別途契約があれば違うけど、そんな要求をしてくる監督の映画はかけない)

ハリウッドの監督のギャラは、おおむね制作費の10%と聞いた。
日本の監督のギャラは5%以下と聞く。
じゃあ20万としよう。
一ヶ月暮らしておしまい。二ヶ月は家賃考えると苦しいね。
何年もかけた「仕事」なのに。

「すげえ!名作だ!」って褒めるなら、
この仕組みがおかしいことに気づいてくれ。
「予算を削れ」ってこういうことなんだぜ?
posted by おおおかとしひこ at 13:37| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「みんなこう言ってるよ」の国に生まれたことを恥じる

「カメラを止めるな!」の盗作報道の続報。
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15187987/
真相はどちらでもいい。

一番腹が立ったのは、記事の締め。
>作品自体は評判が良いだけに、後味の悪い決着は誰も望まないだろう。
(取材・文:志和浩司)

お前はどう思うんだ?
「みんながいいと言ってるからいい」のか?
どうして判断保留するんだ?

「笑ったし驚いたが、
『ラジオの時間』『運命じゃない人』のような、
いい映画を見たという満足感がなく、
人生になんの影響も及ぼさない。
添加物だけで栄養のない合成食品のよう」

が僕の感想で、

「これらを神のように持ち上げるなら、
もっとオリジナリティの純度の高い本物をみた方がいい。
そして偽物を持ち上げてる人は信用しないことだ。
良貨が悪貨に駆逐されていくことが醜い」

が僕の意見だ。

マスコミの世論操作がどうのこうのいう前に、
自分自身の感覚の方が先だろうに。
posted by おおおかとしひこ at 12:47| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再び「カメラを止めるな!」に関して書こうとしたら

このようなことが報じられていた。
http://news.livedoor.com/lite/topics_detail/15186450/
記事を読む限り、こりゃアウトだ。

しかしその「原作」たる「GHOST」と、
アンジャッシュのコント、
内田けんじの「運命じゃない人」「アフタースクール」「鍵泥棒のメソッド」
との類似性はどうだろう?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:15| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

そうそう、こういうのが欲しかったんだよ

商売とはなんだろうか。
客が欲しいものを売ることだ。

客が欲しくないものは買わないし、
いらないものを売られてもガッカリするだけだ。
(場合によっては怒り、縁を切り、
あまつさえ復讐するだろう)

今映画界は、
客が欲しいものを売っていないように思う。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:50| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【親指シフト】最適かも Qizan Magicforce 40 Gateron Clear

ナイスB割れ! しかも40%! 軸は35g!

これとかえうちの組合せで、
親指シフト、モバイル、35g(Gatron白軸による)、OSフリーの夢が叶うよ!
40-1.jpg

(クリックすると拡大、詳しいキー配置が見られます。
メインキー以外はFn、Shift+Fnとの組み合わせ。
なおすでに親指キーは逆付けしており。パームレストは1センチ厚の天然板)
続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:59| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクションシーンはどう書くのか

殴る蹴るの細かいところも全部書くのか?
そうではない。
監督がやる。
正確にいうと、アクション監督がやって、
監督は希望を伝えるだけだったりもする。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:19| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【入力の話】¥¥で直接入力になる設定だと?

会社で支給された糞winノーパソはBSが小さく(3/4U)、
その左の¥(全角記号表記します。
フォントによって化けるので。以下半角¥と思ってください)
と誤打することがあった。

あ間違えたとBSを打とうと思い、指のある位置で\を重ねる。
と、突然IMEがオフになり、英数モードになっていた。

なんだこれ、こんなの使えるわけないじゃないか、
と思ってもう何年も触っていない。

10万以上した機材はゴミ箱だ。支給したのは俺じゃないが。


キーボードを良いものを買おうとか、
配列ってなんでこうなってんだ、変えられないのかと調べる、
直接のきっかけになった事件だ。

今日MS-IMEのプロパティを舐めるようにチェックしていたら、
「¥¥のあとは直接入力に切り替える」設定があるんだね。

あほか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:52| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

どうであるかが描写、何をするかがストーリー

時間的変化を伴わないものが描写。
時間的変化を描くのがストーリー。

しかし微妙なのは、
描写をするのにかかる時間。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:03| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

登場時に台詞を言うこと

キャラの印象をつけるのに、
登場時に何かを言うことはとてもよい。

それが第一印象になる。
勿論、印象的な登場の仕方を伴うととてもよい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:43| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】キーボード膝上派2

塩澤メソッド(hhkbを膝上に置くやり方。
もっとも当の塩澤氏は机の上の二台のhhkbで、
左右分割されているそうだが)はいい。

しかし安定しないし、蒸れる。
なにがいいのか考えて、改造した。

膝上大岡メソッド。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:00| Comment(4) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】ピアノとブラインドタッチの違い

ブラインドタッチは、使う指がキーごとに決まっていて、
ある言葉を打つことは、
決まった指を決まった順に決まった場所へ動かすこと。

ピアノは決まっていない。
基本はあるが、やりやすいのでいいらしい。
つまり自由に最適化しなさい、ということらしい。
しかし楽曲は決まっているから、
楽曲を練習することは、
最適な指遣いをフィックスすることだ。



続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 02:44| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

【波野磯兵衛さんへの回答箱】タイトルと演出

>サザエさんの脚本……というかおそらく台本の中に「タイトル」という柱だけ書かれているのを見かけました。ト書きも台詞もありません。
しかし実際のアニメのタイトルシーンでは、いくつかの一枚絵があり、だいたいサザエの声で「父さん〜〜の○○」みたいな感じでタイトルが読み上げられます。このような脚本家の指定しない部分は演出の仕事なのでしょうが、それにしても指定が「タイトル」と書いてあるのみなのは、脚本の世界では実際よくあることなのでしょうか。それとも台本だからもう余計なことは省いてあるだけなのか、よく分からないのです。

脚本についての教科書は、
映画を前提にしてることが多いです。

映画はワンオフ、テレビシリーズはシリーズであることをまず前提に考えてください。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:43| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【配列】親指シフトはなぜ普及しなかったのか

1 ブラインドタッチがみんな(7割)出来ないから
(見ながら打つなら、親指シフトよりqwertyの方が楽。
ブラインドタッチになって初めてqwertyは指に悪く非効率とわかる)

2 親指キーボードが必要だったが、特定企業のものでJIS化出来ず、
デファクトスタンダードの波に飲み込まれたから

3 逆にJIS規格が進歩の停滞を招いたから
新規参入は数売れる保証がなく、常に潰れる

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:21| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたは何が書きたいですか?

時々こう聞く人がいる。
プロデューサーや編集の人だろう。

あなたはまじめに考えて、
「自分の作家性とは何か、
独自性や長所は何か」などを突き詰めて悩む必要はない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:50| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

時間を飛ばして、また時間を飛ばす

多分タブー。

経験上、やると失敗する。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:46| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】薙刀式の運指重視

指運びを重視する、運指を重視する、
というのは当たり前のようでいて難しい。
考え方がひとつではないだろうからだ。

薙刀式の運指は、
「指が途切れないこと」
みたいな感覚を一番重視している。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:59| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【新下駄配列】アルペジオだらけの配列

こんなにアルペジオばかりだとは想像していなかった。

新下駄配列を、
「シフトだらけ」とか「同時打鍵」とか、
「拗音一打」とか「記憶負担が高い清濁別置」
とか表現する人は、あんまり深く触っていなかった人なんじゃないか。

新下駄配列は、アルペジオだらけの配列だと僕は感じている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:52| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誰と絡む?

物語は一人では作れない。
主人公だけ必死で考えて設定を練っても、
それは出落ちで終了だ。

その人と誰が絡む?
その人はどういう設定だ?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:44| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ものづくりとはすべからく逆算である

仕上がりのためにキャラクターを作り、
仕上がりのために世界を作り、
仕上がりのために台詞を書き、
仕上がりのためにプロットを作り、
仕上がりのためにテーマを作る。

最終形の見えていない作業なんてただの試行錯誤だ。
試行錯誤しているから、ゴールが見えないのだ。

逆に最終形が見えているなら、
ここは手を抜いてでも先に進むべきだと判断できる。
何もかも全力を尽くして死んでいくのは、
ゴールと逆算が見えてない人だ。
posted by おおおかとしひこ at 12:37| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

ストーリーとは、納得いくための理屈である

真実や新発見である必要はない。
ほんとうらしく信じられればそれで良い。

一種の詐欺だというのはそういうこと。
詐欺と違うのは、
悪意の有無だけだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:08| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

馬鹿の思考を見た

「そんなのネットで調べればいいんじゃないの?」
「調べたよ」

短絡である。
「ネットで調べる→わかる/わからない」
の点の思考だ。

ふつうそのあと
「どこでどうやって調べた?」
「○○で○○のように」
「それは調べ方が悪い。
世の中には○○と△△と◇◇があり、
それぞれに違いがあるのだから、
目的と手段を使い分けて質をコントロールするべきだ」

と続くべきである。線やネットワークだ。
バカは点で終わりなんだね。

ネットは特に点と点しか結ばない。
バカが増えるわけだ。

バカは「勉強すると東大に入れる」と考える。
どう勉強するか、勉強の目的は何か、
卒業してどうするのか、までが線だ。

線は逆算と考えても良い。
バカはレイヤーが1しかない。三段論法は2使う。
posted by おおおかとしひこ at 14:45| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

振り向くな、すすめ

とにかく執筆を止めないことだ。

「書いた部分を直したいな」って思うときは、
前に進むのが辛い時で、
逃避行動の可能性が高い。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:42| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

【新下駄配列】連濁とマイナー濁音

そもそもマイナーな濁音に関して、
何の見識も僕は持っていなかったことに気づく。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:35| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする