2018年08月15日

【新下駄配列】よいところ

とりあえず面白いなあ、と思ったところを列挙してみる。
・単打でかなりなんとかなるところ
・単打の濁音の威力
・内側へ帰着する運指
・句読点の面白さ

それぞれ書いてみる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:28| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

導火線

すぐに大事件は起きない。
何か違和感があることがあり、
徐々に徐々におかしなことになってゆき、
ある日大爆発する。

その導火線の部分もストーリーだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:27| Comment(2) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

【薙刀式】山形魔改造2

ちょいと改造して現在こんな感じ。
山形2.jpg
続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:06| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恐怖の都市伝説は、無知への恐怖心に対応する

写真が現れた頃、「魂を吸われる」という都市伝説があった。
「真ん中は早死にする」なんてのは、
僕が学生時代まではあった心霊写真の常識。

電話の「もしもし」もその名残。
妖怪は二度同じことを言えないから、
電話の向こうが妖怪でないことを確かめるために、
「もしもし」「もしもし」と互いに確認しあう。
(柳田國男が研究していた)

パケット通信が出た頃文字化けがいろいろあって、
これは「通信網に潜む幽霊の仕業」
という都市伝説があってすごい面白かった。

つぎはゾルタクスゼイアン。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:44| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】さまよえる音

配列調整したことのある人しか分からないかも知れないけれど、
「ずっと居場所が定まらない音」ってのがある。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:03| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎日、もっともらしい嘘をつく

執筆とはそういう行為だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:35| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生にシナリオはない

なんてよく言われる。
「あらかじめ決められた筋書き」の意味で使われる。

その程度にしか認識されてないのは、
下手なシナリオだ。
「このストーリーには、
予め決められた筋書きがある」
と勘付かれた時点で、
シナリオライターの負けだ。

「この先はどうなるんだろう」
「うおおおおお」「ああああああ」
と常に言わせるシナリオを書け。

まるで全員がアドリブであるかのようなシナリオこそ、
最も優れたシナリオで、
アドリブや隙間を許すシナリオなんて、
ただの三流シナリオだ。
posted by おおおかとしひこ at 01:18| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

プロ意識

ジョジョ実写版は、これより面白いことをしてから語れよ。
ジョジョラジオ体操:
https://twitter.com/TIBIREUSU/status/1013410108267610113

素人とプロの境目はなにか?
そのことを猛烈で好きで、人を感嘆させる技術があればいいのではないか?

昨今のクソ実写化は、
猛烈に好きでもなく、技術もない守銭奴がやっているだけではないか?

昨今のクソ実写化は、
クソみたいな本編のうしろに、
この集団を買ってきてエンドロールで出演させるようなことしかやってないよね?
posted by おおおかとしひこ at 20:17| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結果ではなく、原因を与える

彼女が微笑んだ。

この表情一つで、
「主人公に惚れた」ということを表現しようと思うから間違う。

結果で表現するな。
原因を与えるのだ。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:17| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】 Qwerty配列の不合理に気付かないのは、ブラインドタッチでないからかも

何も知らずQwertyローマ字を使っていたころは、
非ブラインドタッチ(サイトメソッド)だった。
そのころはバリバリ打っていたような気がしていた。
それをもっと速くしようと思って、
ムチャな指の使い方に不合理を感じて、ここまで来た。

で、ちょっと思ったのだが、
キーボードを見て打って行くぶんには、
Qwertyローマ字ってわりと良くできているんじゃないかってこと。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:14| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【キーボード】これでendgameじゃないか?

こういう対称ハノ字は自作界隈では見ないねえ。
(先日格子配列触ったら意外とよくなかった)
https://www.reddit.com/r/MechanicalKeyboards/comments/96m6v9/katana60_with_kobe_laser/?utm_source=amp&utm_medium=comment_list

これにgateron白軸35gで、
もうendgameな気がするけどどうなんだろ。
山形キー配置で薙刀式にすれば。

公式https://www.candykeys.com/katana-60/
の木のケースもいいね。
蓋もあれば完璧な筆箱になりそうだ。

やっぱ分割できなきゃとか、
無線がとか、高さに難が、とかあるのか、触って見ないとわからない。

プロモデラー(金を払ったら代わりにプラモ作ってくれる人)は、
自キ勢にはいないんですか?!
スタンダード配列でQMK焼いて出荷状態まで、
コミコミで10万なら考える!
posted by おおおかとしひこ at 14:39| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【配列】打鍵動画の作り方

僕は映像業界の人間なので目をつぶっても出来るけど、
知らない人は分からないかも知れない、
打鍵動画の作り方。

用意するもの
iPhone、小さな三脚ふたつ
ゲームバー(Windows10に標準装備の画面録画ソフト)
編集ソフト(Premierがいいけど素人にはしんどいから、
簡単な動画編集ソフトを探してください。
昔ならiMovieがすごく良かったんだけど…)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:31| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【新下駄配列】作成記、途中で止まってた…

一番知りたい、
清濁別置にしたあとの、
マイナー濁音や半濁音をどう捌いているかの部分。
なかったよ…


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:19| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

【薙刀式】「」まわりのショートカット

「」を、
「カギカッコひらく、とじる、確定して一文字戻る」
というショートカットに定義している。

いつも書いている作法をマクロにしたんだけど、
これは僕のオリジナルでもなんでもなくて、
記号系定義のある配列ならポピュラーな考え方だ。

(僕は縦書きなので「戻る」は「↑」だ。
これが横書きにはうっとおしい。
ctrl+F, Bみたいな一文字進む戻るというショートカットがあれば、
縦書き横書き共通に出来たのだが…)

で、思ったんだよな。
「の書き始めは便利だけど、
」の終わり際が面倒だぞと。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:12| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ストレッチ】前腕部分をどうほぐすか

タイピングの疲れは、最初指や手のひらにたまる。
次は手首から前腕、上腕部にたまる。
これは比較的長期的な疲れの貯蔵だ。

いくら短期的に手や指をほぐしても、
腕の筋が痛んでいたら治らない。

腕全体(肩未満)をほぐす方法。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:23| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

机上の空論

物語は現実に立脚している。
リアリティとか、
「これするならこっちを何故しないのだ?」というツッコミなどは、
現実のこの世界と比べているわけだ。

しかるに、物語を書く人は、
あまり現実の経験がないかも知れない。
つまり、机上の空論になっている、ということかもしれない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:24| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】巡航速度623字/10分

手書きの小説のコピー打鍵において、
12,216字(変換後)、合計196分。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:17| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

入り口を間違える

稀によくあること。
先日書き始めた小説の冒頭、4000字くらいを思い切って捨てた。

冒頭は、本当は何をしなければならないか。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:40| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デザイナーとストーリーテラーは相容れない

目的と手段が逆じゃないか、
と考える。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:36| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【配列】新下駄配列ファーストインプレッション

ついにちょっと覚えてみることに。

・すげえ、すぐ繋がる運指!
・マイナー濁音とか覚えられんのか?

の二つの印象。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:16| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

【親指シフト】指がしゃべる考、再び

親指シフトを始めたのは、
長年の謎、「指がしゃべる」という感覚を理解するためだ。
ちょっとわかってきた。

結論から先に書くと、「しゃべる」と「書く」を分離していない人は、
指がしゃべる感覚はいいかもしれない。

僕は異なる感覚で書いているので、
親指シフトはむいていないかもしれない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:39| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体液をなるべく出せ

極論すると、
涙、汗、血、精液などが出てないのは、
面白くない話かもしれない。

なぜなら、必死さが足りていないからだろう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:38| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

じゃあ正しい営業ってなんだ

ネット「クレーム」
営業「おっしゃることは妥当かもしれませんが、
○○が○○という表現上これは普通です。
他の作品と比較して論じましょう」
ネット「それとこれとは違う」
営業「その違う部分が弊社作品の独自性で、
新しい部分と存じます。同じことが欲しいなら旧作の、
○○や○○をチェックしてみてはいかがでしょう?
さらに類似作品に○○や○○があり、
まさにそのクレームの部分こそが、
それらにはない部分であります。
その分、表現を前に進めております。
次回作はさらに洗練されたものをお届けするように頑張りますので、
まずはそのフロンティアスピリットを賞賛してください」

評論家で歴史的意義を把握して、
作品の価値をきちんと解説し、
セールスできる人。
そもそもそうでないものをリリースすることはなく、
そのブランドを確立していて、
しかも次回作につなげられる人。

ああ、こんな営業はいないね。
だから沈んでいくんだね。

車のディーラーはこれぐらい出来るよね。
車より高いCMで、これが出来る営業に会った事がない。
じゃあ沈んでいくのは当然だな。
posted by おおおかとしひこ at 13:27| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の流れまとめ

職人「面白いものを作るぞ」
ネット「文句」

営業「文句の出ないのを作ってください」
職人「信念を曲げろと?」
営業「時代が変わったんです(ケンカめんどくせえ)」
新職人「はいはーい!なんでもやりまーす!」
営業「よかった!クレームがつかない!」

営業「あれ?営業利益が下がってきたな」
ネット「最近おもしれえのねえな」
職人「…」
営業「会社縮小!本数減らして職人リストラ!」

昔、格ゲーマーの意見だけを取り入れて作った格ゲーがあって、
その格ゲーマーたちは喜んだけど、
「それ以外の人」は見向きもしなかった、て話があります。

サイレントマジョリティーこそが本当の客で、
声の大きな人はわずかです。
営業は、もと客だった自分を忘れているのではないですかね。

時代は変わった?
つまらないものだらけになった時代に?
そんな時代に生きるのたのしい?
営業は、どんな時代を作りたいの?
それとも、作るつもりはないの?

つくるってどういうこと?
文化って何?
そんな議論を、会社でずっと聞いてないね。
posted by おおおかとしひこ at 12:23| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コブラ効果

というものを知ったのでメモ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 00:00| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

【キーボード】もはや半分自作キーボードか

いまやこんな感じにカスタマイズしています。
NiZ1.jpg


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:30| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「李下に冠を正さず」と「疑わしきは罰せず」

「疑わしきは罰せず」の原則は裁く側の言葉で、
疑いを持たれた人から見ると、「推定無罪」という。

しかし僕はこのどちらも適訳と思っていない。
「罪が確定するまでは罪人ではなく、
逮捕は罪人かどうかをチェックするだけにすぎず、
逮捕即罪人扱いする、人権意識の低さ」
に対して、啓蒙出来得る言葉ではないと考える。

古くからアジアには「李下に冠を正さず」の諺があり、
「疑われた瞬間に罪人確定」
という国であるからだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:37| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静かなところから始めて、派手な花火を上げる

わりとポピュラーな始め方。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:34| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【風魔】笑いと涙の波状攻撃

今年も8/9は大事な人の命日で、
かの人の絶賛していた風魔を、夜から朝まで一気見する、
というイベントを一人でやっております。

去年のエア再放送で見てはいるんだけど、
そこで気づかないことに改めて気づく。

笑いと涙の波状攻撃こそ、
ドラマ風魔の魅力だなあと。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 07:11| Comment(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【入力環境を改善しよう5】配列を変えよう

日本語入力の仕方には大きく分けて、
カナ漢字変換(ローマ字入力、カナ入力)と、
漢字直接入力(漢直)の二流派が存在する。

(漢直の場合、かなをどうやって打つかという別の難問もある)

漢直は初心者は手を出さないほうがいいから、
カナ漢字変換の(ふつうのやり方の)配列、
つまりローマ字かカナ配列を求めることになるだろう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 02:06| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする