2018年09月30日

【薙刀式】カナ入力は、ローマ字の60%で打って同等速度

1/1.7を計算してみたら0.588という数字になってびっくりした。

「親指シフトはローマ字の倍楽」と大げさに言っても、
間違いではないなこれは。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:52| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台本は手で書いたほうがいいよ

薙刀式の記事が脚本論を圧迫している説もあるけれど、
僕は手書きしか信用してない。

ものは手で書かれるべきで、
タイピングなんてそれをデジタイズする道具に過ぎない。
だからタイピングなんて0に近いに越したことはなくて、
だから僕はそこの圧縮に執心しているわけだ。
(今のところ、倍ぐらい圧縮できた)


何故手書きで書かれるべきか?
台本は見ながら読まれるものではないからだ。

記憶され、何も見ずに体から出るものだからである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:06| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アドリブには二種類ある

今朝のコメント返しに関して興味深いので記事化しておく。

アドリブには二種類ある。
台本を渡されてから本番までに考えてきたものと、
その場で思いついたものだ。

日本では前者を役作りや演技プラン、
後者をアドリブという傾向がある。

「台本に書かれてない演技」をアドリブと定義するなら、
両者ともアドリブである。
これらはよく混同される。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:27| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

【薙刀式】かえうち版薙刀式v9

USBコンバーター「かえうち」版の薙刀式v9です。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 23:58| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】単打率

今更ながら、単打率という指標があることを知り、計算してみた。
「シフトより単打」という原則はあるものの、
QPなどの単打より、シフトFJのほうがいい、
と僕は考えている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:03| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

量産を妨げる理由

何本も作れる?
僕は短編をたくさん書くことを奨励している。

それにはいくつか理由があるけれど、
今回は「世界観をいちいち作らなくて良いから」
の観点から議論しよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 09:44| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

物語世界は、強力な誘引力を持っているべきだ

それにつられて人は入ってくる。
面白バトル、恋がたっぷり詰まっている、凄いやつの世界、
迫力のあるスポーツ、事実をもとにした奇跡的話、恐ろしい話。
見たこともない不思議な世界の話、
宇宙人とか幽霊とかロボットとか。
SF、侍、悲劇、喜劇、歌とダンス。

なんでもいい。見たことのある強力な誘引力のある世界が欲しい。
そして、微妙に見たことがない部分があって、
それが新規性があるという部分で、
つまりは「新世界に我々は浸れる」という保証も欲しいわけだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:11| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】打鍵速度って、見た目にはあまり分からない

たとえば速い速度の打鍵で、
以下のようなものがあった。薙刀式の最新動画と比べていただきたい。
【ASMR】ゲーミングキーボード〜VTuberがタイピング音をたっぷりと奏でてみた〜【音フェチ/バイノーラル録音】
https://youtu.be/2yPsSbFg4ok

どう違うのか、ぱっと見たいして分からないのではないかなあ。
でも、
「自分で指を動かしていく」と想像すると、
見えてくるものがある。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:06| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】主観的速さと客観的速さ

客観的速さは、長文を何分で何文字書けるかで、
測定することが出来る。
コピーか創作か、内容の濃い薄いはあれど、
数字で出せて「〇文字/〇分」の形式をしている。

しかし実のところ、
「主観的速さ」、すなわち、
「思った言葉が字として定着するまで」
が大事なのかもしれない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:02| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主人公がこの戦いの意味をどう考えているか

ストーリーというのは、
何かしら闘いをすることである。
誰か敵を倒すことかも知れないし、
弱い自分に勝つ事かも知れないが、
とにかく闘わずして勝利することはない。

で、その主人公は、自分が戦う意味について、
どう考えている?

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:49| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする