2018年10月21日

【飛鳥配列】中指最強説の理屈がわかった

僕は人差し指の方が自分の意思を速く伝達できるし、
飛鳥配列がいうところの、中指最強の意味がわかっていなかった。

薙刀式では上段のTYUはそもそも捨てていたから、
人差し指最強だと思って、頻度も最高を当ててある。
最強アルペジオも(セオリーの外→内ではなく)、
人差し指からのJIだと考えている。

ところが、飛鳥配列を延々触っていると、
「同手シフトは、中指が一番やりやすい」
ということに気づいた。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:57| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファンタジーと現実

このさじ加減は難しい。

ファンタジーすぎれば漫画やラノベになってしまい、
実写のストーリーの意味がない。
リアル過ぎれば、しみったれたそのへんのよくある、
半径2メートルの話になってしまう。

僕は、少しファンタジーなシチュエーションに、
リアルを放り込んで洗濯機のようにぐるぐる回すといいと考えている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:28| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャラクターを彫り込む

主人公以外にもキャラクターを深く彫り込むべきだ。
脇役のほんとちょっとした人にもだ。
神はディテールに宿るのは、
そのディテールを使って人は想像をするからである。
(二次創作なんか、ほんとちょっとの燃料から木を生やすものだ)

で、複数のキャラクターを彫り込むときに気をつけるのは、
被りをどうやって避けるかだ。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:06| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】いいと思う運指が変わってくる

打ち手の成長によって、いいと思う運指が変わる時期があると思う。
(基本的には打ち手の指の速度は漸増していくはずだ)

たとえば初心者の頃は、
同鍵連打が速いと思っていた時期があると思うが、
異鍵の二打の方が速いと気づくのは、
初心者脱出の頃かも知れない。
(qwertyローマ字の同鍵連打促音くそおせえ、と僕は思い、
カタナ式では隣の子音とその音、
アルペジオ子音で促音を打てるようにした)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:49| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうしてもしたい

動機を強くするとストーリーは立体的になる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:10| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

【キーボード】親指シフト系列に最適magic force40

僕はgateron白軸(clear switch)モデルを使っている。
35gの押下圧が最高だ(薙刀式動画の光るキーボードはそれ)
これにかえうちを組み合わせて、
親指付近の2キー(オリジナルは左がスペース、右が右シフトキー)を、
親指シフトの2キーに変換している。

親指シフトキーが理想的な位置にあり、
かつ35gの軽さのキーボードはこれしかないんじゃない?
(45gの赤軸ならvortex coreとかある)
日本未発売なのでアマゾンUSAでゲットだ!ただしうるさいから自宅専用な!

ちなみにかえうちのファイルを、
qwerty/ニコラ配列/飛鳥配列21c-290の三つの配列を切り替えられるようにして、
現在使用中。レイヤーは余ってるので、やる気になれば蜂蜜小梅も乗る?
(qwertyのとき、DvorakJをオンにして薙刀式に切り替え。
新下駄はDvorakJ上で切り替え。何個やるつもりや)

メインキーボードのNiZに比べて、
親指シフト系をやるときはこのキーボードが重宝!
(しかし同じ35gでも、NiZのほうが断然柔らかくて最高なのは変わらない)
posted by おおおかとしひこ at 22:34| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【飛鳥配列】21c-290の印象

途中の安定版として有名なバージョンを、
ちょっとやってみている。
左下と右上と中央上部分のマイナー部を除いた、
単打と左右シフトはもう覚えた。
(そもそも最終版は一回やってるし)

やはり飛鳥はぬるぬる繋がる。
それは連続シフトによるところが大きい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:12| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

色々なところへ行く幻想

実際これだけで展開してるように見えるから困ったものだ。

で、その場所である必然性はどれくらいある?
○○○に変えられない理由は?

たいていの場合は別の何かに入れ替えられることが多い。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:21| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

展開はとんでもないほうがいい

順当な展開は退屈だ。

面白い展開ってのは、
たいていネジの一本や二本外れたほうがいい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:07| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

何をいうのか

テーマのことを考えすぎてはいけないと思う。
真剣にこの時代に何を言うべきか考えると、
政治的発言が関係してくることになる。

それは政治的活動でやればいいことで、
創作でやるべきことではなくなってしまう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:30| Comment(8) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】自分専用配列か

新下駄を中断してみたのは、
薙刀式のほうが自分の言葉と運指にあっているからで、
じゃあ薙刀式はオレ専用配列なのだろうか?
……そうかもしれないし、これが合う人が世の中にはいるかもしれない。

他に、薙刀式を記事にするのは、
ここで考えたことが誰かの役に立つことがあるかもな、と思っているから、
というのもある。

究極的には、各自が自分配列を開発してもいいと思っている。
それじゃ時間がかかりすぎるから、薙刀式の使える部分はパクってもいいですよ。
(「薙刀式インスパイア」はどこかに注記してください)
posted by おおおかとしひこ at 15:09| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【新下駄配列】中断する理由

新下駄配列はいい配列だ。
ただ僕には合わなかった。未練はあるので「中断」とした。

僕のような「個性的な」(=平均より偏りのある)
人間は、新下駄は向かない、かもしれない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:45| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

デジタルは人を幸せにしない: 洗練

洗練は、アナログとデジタルで逆の説。

絵を描くことで考える。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 22:49| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】シフト方式まとめ

シフト方式は様々にある。一覧してみた。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:44| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

合理が動かしているのか、感情が動かしているのか

人の動機には様々なものがある。
長期的には理性で、
短期的には感情が支配しがちだが、
必ずしもそうとは限らない。



続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:57| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

【天キー】まちごうて補欠キャンセルしてしもた

自分の申し込みが反映されてるのか確認する手段がなく、
色々押したらキャンセル扱い。泣。

俺の分で繰り上がった人、楽しんできてくれ…
posted by おおおかとしひこ at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前振りと落ち

どうしてもなければならないものは何か。

ものすごく削ると、
前振りと落ちという二つかなあ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:58| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

料理やってると農業に興味が出てくる

というツイッターでみた話がちょっと面白かった。

映画に興味があると脚本に興味が出てくる。
脚本に興味が出てくると、他のストーリー物に興味が出てくる。
ストーリーに興味が出てくると、
人間がどうやってできているのかに興味が出てくる。

こうありたいもんだね。
posted by おおおかとしひこ at 13:50| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【腱鞘炎】左長掌筋が犯人か

僕の「左薬指を使い過ぎ」ということから来る腱鞘炎の、
どこが痛んでいるか特定できた。

恐らく、左長掌筋。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:35| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】遊び

楽しい遊びではなく、
ハンドルがきっちりハマってるのではなくちょっと緩めになっている、
緩衝としての遊びのほうだ。(英語ではどっちもplay)

配列そのものに遊びはない。
あるとすると、キーの緩さや手の置き方や打ち方。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:52| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日記】どうもハラスメントの定義がずれていると感じる

僕は侮辱や差別や嫌がらせは、してもいいと思う。
悪意があっても無知ゆえであってもだ。
問題は、当人が抗議した時に、
ごめんなさい、それがそうなるかはわかりませんでしたと謝るのではなく、
権力でねじ伏せることだ。

ハラスメントは発言狩り、思想狩りではない。
もみ消しである。


発言狩りばかりしているから、石も投げられない。
石を投げて初めてコミュニケーションがはじまる。
急所に当たったら謝ればいい。
急所かどうかは、当ててみないと分からない。
石を投げあい、勘所がわかるまでには、
何度か痛みを覚える必要がある。

そのプロセスを発言狩りしてしまっては、
本当に分かり合える機会を失うことになる。

悪意だろうと無知だろうと、
権力による抗議のもみ消しこそがハラスメントだ。
もみ消しはコミュニケーションではない。
それを断罪するべきである。

ハラスメントを「嫌がらせ」と訳したやつは死ねばいい。
「嫌がる」当人のニュアンスが強すぎる。
原義はharass: 犬をけしかけるである。
セクハラは性的攻撃と訳すべきだ。
posted by おおおかとしひこ at 09:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】配列のお試し法

どの配列が自分に合うか、分からない。
マスターする手間を考えると、なるべく一つに絞りたい。
苦労してマスターして合わなかった時のリスクたるや。

僕のオススメは、
「紙に書いて打ってみる」だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 07:57| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

【薙刀式】 同時押しアルゴリズム

薙刀式の同時押し実装は、
「Aを押しながらB、Bを押しながらAのどちらでも可」
のアルゴリズムを採用している。
これがとてもいいんだよ、って話。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 21:22| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日記】AIを導入するあほな経営の例

AIを1台買うと、業務を学習して効率化してくれる、
って思ってるだろ?

それって新入社員育てるよりコストがかかるよ?
優秀な学生取ってきちんと育てた方が儲かるよ?
ちゃんと面倒見れば裏切らないし。
posted by おおおかとしひこ at 21:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パンチラ

良く僕がパンチラだというものの例を挙げてみる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:32| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つねにクライマックスであるように

面白い作品は、つねにクライマックスであるような感覚がある。
出来るだけそうするべきだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:18| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文化レベルの低い人と話すにはどうすればいいんだろう

また流産かもな。
最近撤退戦ばかりで、こうやって消耗して、
多くの才能が死んでいくのだろう。

攻める仕事がしたい。
今日は日記みたいな呟き。
posted by おおおかとしひこ at 14:15| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】繋がりの意味のない言葉を打って意味ある?

タイプウェルが最近伸びない。
そろそろ僕か薙刀式の頭打ちなのかなとも思っている。
腱鞘炎も完治しないし、あんまりやってないのもある。

で、伸びない理由は、
ランダムの言葉を打ってるからじゃないかと邪推する。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:03| Comment(2) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

多様性多様性いうくせに

私たちは何故同じキャラクターを求めるのか?
作者が未熟だから、という方向性から考える。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:06| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

【薙刀式】最強のアルペジオはJI説

僕と薙刀式はそう考えている。
他の人、配列では違うかも知れないし、同じかも知れない。続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 17:48| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする