2018年11月30日

【RTC2018】画面のレイアウト、改造案

パソ活さんが提案していたので、
こっちもプロの映像屋の意地を見せますね。

会場で見ていたときの不満を、
「RTC2018の画面レイアウトは、こうだと見やすい」に整理しました。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:21| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「わかるー」の反対は「分からないからキモイ」という異物排除

僕は共感ベースが大嫌いだ。
小さな頃から異端者だったのもあるかも知れない。

「他の人と同じようにする」のが苦手で、
そういう日本人を見ると苦痛を覚える。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:37| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

【薙刀式】手が早くなると、配列を変更したくなる

ということは、ぼくは今まで、配列で下駄を履いていたのかもしれない。
(下駄こそが道具という説もある)

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:13| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空間的逆、時間的逆、関係的逆

逆を作るのは、クリエイティブなことの基本だ。
ふつうだと平凡だから、逆張りを考えるのは、
どんな尖ろうとすることの基本でもある。

ストーリーにおける「逆」は、
空間的、時間的、関係的な、
逆があるような気がする。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:34| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

前振りの中から落ちを見つける

最初から落ちをつけられているものなら、
それに向かっていけばいいのだが、
そうそう毎回そんなに上手く行く訳ではない。
だから、落ちは、
書いている途中に見つけなければならないときのほうが多いかもだ。

ヒントは、前振りの中にある。
続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:19| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グローバルなんて言葉の綾だよね

世界は繋がっている。
世界はひとつだ。
違いを乗り越える格差を是正しよう。
だからグローバルになるんだ。

これは美文でしかない。
実態は、地元商店街を破壊して、
いまや去りつつあるイオンと同じ商法である。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 16:29| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【追悼】勝谷誠彦氏

サイバラの独身時代くらいの漫画で、
よく知っているような気になり、
SPA!のコラムを読むようになり、
ここ一年は親指シフターだったのか、
と意外な繋がりにびっくりしていた。
病床でも親指シフトをやってたツイートは見た。


だいたいイカツイ人は、中身が繊細なものだ。

世間を斬る人が減っていくと、
世の中はよろしくない方向に進む。
繊細だからこそ正義を考え、
繊細だからこそボクシングをしている、
健全な言論の代表者のような先輩でした。

闘うときは目標にします。
posted by おおおかとしひこ at 12:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】速いと早い

配列にとっての「はやさ」は、
二種類あるような気がしてきた。

速さと早さで使い分けて議論しよう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:32| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

【薙刀式】短距離と長距離

追加バネが届いたので、NiZのセッティングを変えた。
65グラムを中心とした変荷重だ。

一方、タイプウェルはこれではやらないと思う。
タイプウェルに向くのは、
マジックフォースオール35グラムの爽快な打鍵。

つまり僕はスプリント用のキーボードと、
長距離クルーズ用のキーボードを、
違うセッティングにしようとしている。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:11| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どっちが説得力があるかではない

ディベートを極めると、
説得力があるほうが勝ってしまう。
真実を言っているほうではなくだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:48| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

エモいの件、追記

批判すると悪口と解釈するバカは、
ネガティブかエモいしか感情の粒度がない人なのではないか?

批判は悪口ではない。改善点を探す愛である。
生きる価値はない、死ねと切り捨てないからだ。

そして我々は、批判するならば改善案を提出する義務がある。
改善案を伴わないのはただの文句だ。
posted by おおおかとしひこ at 10:21| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

隠し事

隠し事は物語の蜜だ。
それは道具である。うまく使おう。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 10:08| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【キーボード】NiZを黒軸仕様に…?

まさに悪魔的発想…!
35gという最軽量クラスのNiZを、
バネを3個入れて65gの黒軸相当にするという台無し感…っ!

だが…あるぞっ!
黒軸の反発を生かした半ば打ちと…
NiZの静電容量スイッチで…
静音黒軸かつ静電容量相当の手触りに…っ!
圧倒的最高!至高!

しかも人差し指伸ばし位置は35gのままだと楽っ!
TYU、GH、BNは35g、他は65gの変態変荷重に!

しかし付属バネは45個…
アマゾンをポチるしかない…
まさに…沼…っ!!
posted by おおおかとしひこ at 09:59| Comment(2) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

【薙刀式】離し入力でも、組み合わせがないと確定

DvorakJの仕様でありがたい部分が、
「シフト部分は離すまで文字を印字しないが、
シフト組み合わせが定義されてない文字を打つと、
直ちに確定して印字する
(離さなくてもロールオーバー出来る)」
という部分だ。

「ある」「ない」「する」の三大アルペジオは、
これがあることで早々に印字する。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:13| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エモいって言葉がずっと気になっている

90年代以降、「クール」が流行った。
すなわち人間らしい感情を露わにせず、
表情も抑え気味にすることだ。
それは形を変え、今は「スマート」という価値観になったような気がする。

で。エモいというのは、90年代より前にあった、
人間らしい感情を指すのではないかと考える。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 08:54| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

【薙刀式】黒軸と薙刀式は相性が悪い

黒軸にようやく慣れてきた。
底打ちなんてしない。軽く打っていける。
この軽い打鍵は、NiZなどの押下圧が軽いキーとはまた違う軽さだ。
軽いというのではなく、軽快といってもいいのかもしれない。

しかしこの軽さを学ぶのに、薙刀式は相性が悪い。
なぜなら薙刀式は「離し入力」だからである。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 20:11| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たとえばそれはどういうことか

内面のストーリーは、
三人称である映画では、形にならない。
だからそれを外面的なもので代用(象徴)する。

抽象は形にならないから、具体にする。
わかっていてもなかなかできないことだ。
そういうときは、
「そのことを表現するる、たとえば具体はなんだ?」
と考えるとよい。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 18:08| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

【薙刀式】おススメエディタiTextの設定

iTextはとても古い時代のエディタだが、
古い分よけいな機能がないので、最速に近い挙動をしてくれる。
つまり、指とデジタル文字の距離が近い。
(その数ミリ秒のことが重要)

最近のiTextの設定がだいぶ安定してきたのでさらす。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 19:10| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストーリーと日記の違い

因果関係があるのがストーリー。ないのが日記。

「4月が終わった。5月になった。」は日記。
「4月に終わったがゆえに、5月になった。」がストーリー。

4月が5月の原因に、
5月が4月の結果にならなくてはストーリーではない。
そして勿論、4月ゆえに5月にはならない。
ストーリーにしてみるとしよう。


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 15:01| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

迷路の件、雑談

迷路が好きだった人は、
「この世には構造があり、唯一の正解、最適解がある」
という世界観を持っていると思う。

逆を考えれば、これは絶対ではないことがわかる。
「この世は流れていて、正解も不正解も不透明だ。
よさげな波に乗るだけ」
というのが真逆の考えだ。


これは人類の対極の考え方かもだ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 11:58| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

エッジの立っていないものは、表現ではない

たとえばエッジが立っていないセリフ。

「さむいねー」なんて寒い風景の中で言ってるのは、
ただの説明であり言い訳であり、
ただの進行であり、
それゆえ平凡である。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 12:11| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳みたいな腸みたいな迷路を描いてた人

のその後が面白い。
https://mobile.twitter.com/hasegawa_fusao/status/1064506854900883456
当然僕も描いてた。

僕の場合、分岐させるのが大好きで、
それぞれの分岐の続きを切り替えながら書いてて、
殆どが死んで行き、本線はまだ続き、それもまた分岐して…
その頃あっちの方では…

などという、シナリオと同じ書き方をしていた。
僕のシナリオのルーツはここにあるかもだ。


理系にも進んだし、ゲームのプログラミングもやったし、
絵も描いている。
今はコンテを描いて映像を作り、
脚本を書いたり小説を書いたりしている。

統計的に、
クラスに一人とか数人程度しかいないのか。
うちの兄弟は両方やってたなあ。
posted by おおおかとしひこ at 11:41| Comment(2) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

落とし所

会議や交渉でもそうだけれど、
何か揉め事が起こった時には、
その落とし所を探しながら会議を続ける、
ということがある。

ストーリーも同じで、
落とし所を考えながら書いている
(つまり落とし所が見つからないまま進めている)、
ということはよくある。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:19| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】原理的にタイプウェルに弱いことに気づく

黒軸でタイプウェルをやり始めた。
まだNiZの記録をひとつも上回ってないけど、
手応えは感じつつある(2秒圏内で並ぶ)。

で、思ったんだけど、
薙刀式の「センター連続シフト」と、
タイプウェルの「単語終わりのスペース」が、
相性悪くね?


続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 01:19| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

【薙刀式】清濁同置配列を使っていると…

ダグラムが「企む」から来てることが分かってしまった。
リアタイ以来、30年気づかなかったネタでした。
政治劇らしいダグラムならではですなあ。

西だ東だ南だ北だ〜
posted by おおおかとしひこ at 14:31| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

企画力とはなにか

ただ面白いことを企画するのなんて、
小学生でも出来る。
面白いことを言えばいいからね。

問題は、
それがこういう意味になる、まで出来ていること。
これが出来ていないのは企画とは言わないし、
それが出来ない人は企画力がない。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:35| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

【薙刀式】黒軸の打ち方

黒軸をいろいろ工夫しているうちに、
これまで開発してきたものとは違う打ち方に到達した。
大体の要素が真逆なのでびっくりしている。

これで大体タイプウェル速度などNiZに遜色ないので、
多分合ってる。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:37| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【薙刀式】タイピングの才能と指

RTC2018を直接見てわりと強く思ったことは、
タイピングの速い人には、有意に特徴があるということ。
「指が長いこと」だ。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 14:00| Comment(0) | カタナ式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

取材とは、落ちに引っ掛けられる何かを探すこと

取材を、「知らない世界を知ること」だと思ってるのは、
取材経験の少ない人かもしれないね。

続きを読む
posted by おおおかとしひこ at 13:37| Comment(0) | 脚本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【風魔】古川地上波?

という情報を遅ればせながらゲット。
ゆらゆら棒じゃもうないよね?
舞台でならすのとカメラ前はまた違うからなぁ。
フレームをどう使うか考えないとねえ。

ゲットしなければ、下町ロケット。
posted by おおおかとしひこ at 13:13| Comment(0) | 実写版「風魔の小次郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする